上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2009年2月11日~15日 チョクスリー号

だんだんと暑さ(熱さ?)をましてきたカオラック、シーズン真っ盛りだけにお天気の良い日がつづいています。海況も最近イイカンジですよ~!

日本は連休ってことでたくさんのゲストにお越しいただいていますが、今回ご一緒するのは東京のダイブショップさんのツアー2組を含む14名さま。スタッフは、ediveゲストの間で会ってみたい人№1にランクされるヒガシナカガワシンイチ氏、そしてEBI、TOMOの3名。

さて、乗船時からみなさん元気です。初日って、日本出発前にあんまり寝てなかったり、移動疲れがあったりするもんなんですが、、、テンション高いですねー。
といいつつ私たちも?今回のクルーズは、年末年始以来、久々のチョクスリー号。仲良くなったクルー達と再会できるのも楽しみの1つでした。にぎやかなクルーズになりそうです。

2月12日
dive1:シミラン諸島#5,6 "Anita's Reef"
dive2:シミラン諸島#7 "East of Eden"
dive3:シミラン諸島 "Elephant Head Rock"
dive4:シミラン諸島#8 "Beacon Reef"

まずはシミラン諸島からスタート。
今回特に癒し度満点!
かわいい小物もいろいろと。モデルさんがいっぱい、そしてそれを引き立てる背景もいっぱいです。

ハナダイギンポbyしゅうじ
クダゴンベbyさおり
アカメハゼbyきよみ
ヤマブキスズメbyきよみ
黒イザリbyきよみ




ダイビングの合間にはビーチ上陸~。

バランスロックbyちはる
バランスロックを登ります。

バランス道のりbyBID
意外にハード!?わんぱく小学生の男の子が喜びそうな道のりです。

バランス枝byBID
バランスロックって、実はこの枝で支えられてるんです。

バランス景色byちはる
がんばって登ったご褒美!

バランスTOPbyエビ



2月13日
dive1:シミラン諸島#9 "Three Trees"
dive2:ボン島 "Nouth"
dive3:タチャイ島 "Twin Peaks"
dive4:タチャイ島 "Tachai Reef"

たっぷり潜ったシミランを後にして、さあ、次からは大物狙いが始まり~!

が、マンタ狙いで張り切ってボン島に行ったものの、今回はお出かけ中。どこにいるのかなぁ。。。
でも代わりに、マダラエイ、ナポレオン、根を多い尽くすスカシテンジクダイ、などが!

タチャイ島は今回もすごいです!
すでに水面がざわざわ。早くエントリーしたいっ!
タチャイ水面byBID
これ波じゃないです。魚の動きでこんなに波立ってるんです!

いざ!
ローニン3byさおり
ローニン1byさおり
ローニン2byさおり


ロウニンアジがガンガンきちゃいます。先シーズンから行方不明だったロウニンアジやギンガメアジが復活してきつつあるようで、これからにますます期待!
4本目のリーフでも珍しく浅場にレオパードシャークが泳いできました。(ゲスト・K嬢のフェロモンにやられたらしいです。)


2月14日
dive1:スリン諸島 "Torinla Reef"
dive2:"Richlieu Rock"
dive3:"Richlieu Rock"
dive4:"Richlieu Rock"


トゥリンラリーフは今日もキレイ!

メタリックwithエビbyきよみ
いつもどおり砂地でメタリックをじっくり撮ってもらい、、、

ジョーbyきよみ
ジョーフィッシュくんは子育て真っ最中。がんばれ~。

リーフではあっちでもアデヤッコ、こっちでもアデヤッコ。アデヤッコ大好き少女・Nちゃん、良かったね~!

ツバメとアカククリbyきよみ
最後はアカククリ&ツバメウオと一緒に安全停止~。


そして、メインイベントのリチェリューロックへとやってきた!

キンセンフエダイbyさおり
まずは根の内側を埋め尽くすキンセンフエダイ。すごい量です。なにせこの前、この中にお客さん1人埋もれちゃってロストしかかりましたから。

その後、人が多いことを幸いに、ジンベエが出たら絶対誰かが見つけるだろうと、マクロに走る私たち。
大渋滞、もとい大人気だったタイガーテールシーホース。
アンダマンウバウオ。
トマトアネモネフィッシュ。
そして、異様に多いゴーストパイプフィッシュ。
などなど。
ウミトサカを背景に居たりして、なかなかフォトジェニック。

モンハナbyきよみ
ゴースト赤byきよみ
ゴースト白byしゅうじ
トマトbyしゅうじ


でも最後の1本はワイドで攻めようと、いよいよ中層へ飛び出してみました。

イエローバンドフュージュラーがわさわさしている向こうに、グルクマがアゴをはずしてパクパク泳いでいきます。
正面に回りこんでみると面白~い!
マブタシマアジやマテアジもいて、更に目をひく大きなカマスサワラ。
自他共に認める超マクロ派Sさん&Kさんを1本まるまる中層に引き止めて、面白かった!と言わせるリチェリュー、さすがです!

RRbyさおり
カマスサワラbyきよみ


ほんとアンダマン海って、魚を眺める海じゃなくって、魚に囲まれる海だと思うんですけど、それを改めて思った1本でした。

2月15日
dive1:"Boonsung Wreck"

早くも最終日。
下船後、飛行機搭乗のゲストが多いため、潜れるのはお2人。
その分、昨夜の宴はすごかった(らしい。すいません、途中退場しました。)。

今日潜る「ブンスーン・レック」は滅多にクルーズで潜らないのですが、S夫妻たってのリクエストで実現。
沈潜ポイントで、はっきりいって透明度は悪いです。南の海にきました~!って雰囲気はどこにもないのですが、とにかく魚の量はハンパじゃないのです。リチェリューのキンセンフエダイの量がどこまでもつづいてるかんじ。
集まってる魚はキンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、タイワンカマス、などなど。
砂地は、メタリックシュリンプゴビーに、フタホシタカノハハゼ、オニハゼなんかでハゼ三昧。

メタリックbyきよみ
フタホシbyしゅうじ
ハネコンbyきよみ
こんな子もいます。ハネコンモレイくん。



集合byエビ

みんなでわいわい、あっという間の4泊5日、みなさんありがとうございました~~~!!!


photo by :Mr.Shuji/Ms.kiyomi/Ms.Saorin/Ms.Gal Shino



 
2009.02.15 Sun l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。