上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2009年1月29日-2月2日クルーズ オレンジブルー号

今回の参加者は、満席近い19名。スタッフは、KYO、EMI、SHINYA、SAORI、HIGASHI。

まずはシミランからスタート。1本目は、イーストオブエデン。流れもなく、浅場からスタート。チェックダイブの後は中層へ。グルクンや、イエローダッシュフュージラーが川のように流れ込み、そして、大型イソマグロ!大きなイソマグロが編隊でその群れに猛突進をかけてくる。ソフトコーラルには、スカシテンジクダイがびっしり群れ、インディアンフレームバスレットなどのハナダイたちが乱舞。マクロチームは、深場で、カエルアンコウや、アンダマンピカチュウなどを観察。IMG_0010.jpgIMG_0012.jpg

浅場には、何百という大きなサバヒーの群れの壁!

2本目は久しぶりのシャークフィンリーフ。透明度もよく、巨岩がくっきりと。グルクンや、イエローバックフュージラーの大群も中層に。浅場にはロウニンアジ、リーフを流すとナポレオンも登場!

3本目は、アニタズリーフへ。流れはゆっくりと北から南へ。ソフトコーラルの根には、ビッシリとスカシテンジクダイが群れ、その群れを狙って、カスミアジ、マルクチヒメジの大群が突入!砂地にはオーロラパートナーゴビーや、ホシテンスの幼魚など。

4本目は、エレファントヘッドロック。入ってすぐの浅場に早速大きなロウニンアジが登場!そして、何千何万というグルクンの大群!、そこに、大型カスミアジ、ロウニンアジが、編隊を成して、群れに突っ込む!マクロチームはガレ場でカエルアンコウやフリソデエビも発見。

2日目、1本目はクリスマスポイントから。透明度がよく、水底から聳え立つあちこちの根がくっきりと見える。深場では、ハナヒゲウツボの成魚などを観察。中層では、イエローバックフュージラーの壁!

バランスロックへの上陸の後、2本目は、スリーツリーズ。オーロラパートナーゴビーなど砂地で生物観察のあとは、延々と続く、美しいリーフをゆっくりドリフトダイブ。途中3匹ものカメにも遭遇!

3本目は、ボン島ウエストリッジ。やはりここはマンタ狙いか。マンタが出ていると言う情報をもとに、北部でエントリー。そうすると早速マンタが登場!IMG_0038.jpg
幅4m以上の大型マンタがリーフの上に現れ、ホバーリング。これだけ近くでじっくり見れたのは、今シーズン初めてだろうか。今度は中層から別のマンタが登場!右に左にマンタが往来する。しばらくすると、今度は、2枚同時に登場!その後すぐに別の2枚!計4枚のマンタの乱舞!リーフの上をホバーリング。ダイビング時間中素晴らしいマンタショーが繰り広げられたのであった。IMG_0028.jpg


4本目は、タチャイ島ツインピークス。透明度は少し濁るが、潜行と同時に、大きなカスミアジ。そして、今度は大型ロウニンアジが出現!中層に出ると、イエローバックフュージラーの大群が壁となっている。そして、1m以上はあろうかと思える大型のロウニンアジが何匹も集団になって、出現!そして、今度は、南東からマンタが出現!

翌日、1本目は美しいサンゴ礁の島、スリン、トリンラ島。砂地でブラックシュリンプゴビー、メタリックシュリンプゴビーを観察、1m以上もあるジェンキンズレイのクリーニングにも遭遇。中層にはブラックフィンバラクーダーの群れ。その後はリーフへ。朝焼けの光が眩しく入り込み、浅場のエダサンゴが映えわたる。サンゴ上では、スズメダイ、フュージラー、アカカククリの群れが大行進。

2本目からは、リチェリューロック。潜行と同時に、ブラックフィンバラクーダーの群れ。根にはキンセンフエダイの大群の巨大絨毯!。中層ではイエローバンドフュージラーがカーテンを作り出し、グルクマが大きな口を開けて泳ぎ回る。マクロでは、タイガーテールシーホース、ニシキフウライウオなどなど。IMG_0043.jpg
IMG_0055.jpg
残念ながら、巨大ザメは現れなかったが、相変わらずダイナミックなリチェリューロックでした。

最終日1本目はタチャイ島、ツインピークス。潮は若干流れている。が、透明度は抜群にいい!と思っていると、深場から大きなサーモクライン!くっきりと判別できる濁水が、襲い掛かってくる!そして、その濁水に追われ、イエローバックフュージラー、グルクン、イエローダッシュフュージラーの大群も押し寄せてくる。そこに現れるは、大型ロウニンアジの群れ!大きなナポレオンも登場!しばらくすると前回と同じ場所からマンタが登場!幅5mはあろうかと思えるほど大きい!しばしマンタと遊んだ後は、中層で安全停止。そこに現れたのは、何百と言うブラックフィンバラクーダーの大群!

最後は、ボン島へ。エントリーしてしばらくすると、4m近いマンタ!!ゆっくりと我々の周りを旋回し、優雅に立ち去っていく。そして、またマンタ、マンタ!ゆっくりとドリフトしていくとまたまたマンタ&マンタ!最後のダイビングもマンタ三昧でした。

天候:快晴!
波高:ほぼべたなぎ!
気温:33℃前後 
水温:±28℃ 
透明度:15~25m。
記念ダイブ:先生、ゆきねえさん、100本、きょうこさん、300本、川本さん700本!おめでとうございます!
IMG_0099.jpg



2009.02.06 Fri l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。