上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
115_R.jpg
早いもので、11月も後半に差し掛かり、遅まきながら今シーズン初の
シミラン~リチェリュー方面へのクルーズにいってきました!

今回もまた、9名の相当個性豊かなゲストの方々と、ヒガシ♂、ショージ♂、キョウ♂
そしてNewスタッフのキリン♀、チアキ♀という面子で乗船してきました。

あ、手前味噌ですが、今シーズンediveでは、3名の女性ガイドをFA補強!!
今年はレディースガイドの層が相当厚くなりましたよ~。
現在はまだ二軍で調整中ですが、きっと近日中には一軍デビューするはずなので、ゲストの皆さま
楽しみにしていてください♪そしてその暁には、どうか、温かい目で見守ってやってくださいませ。。

それにくらべて男性陣は・・・相も変わらずの老体ブラザーズは現役続行中。。。
こんな事でカオラックを敵から守れるのか?!若人よ来たれ!
自衛隊、いや、ediveはそんなキミの熱いハートを待っています!

はぁはぁ。さて、気を取り直して、、午後から続いた乗船前の豪雨も上がり
船上はいつも通りに初日の夜からヒートアップ!
シミランNo4への道中、0時の針を過ぎても、アッパーデッキにて親睦を深めながら夜は更けていきました。

Day1
Anita’s Reef
Shark Fin Reef
Elephant Head Rock
Hide Away

天気 曇り時々晴れ、夕方豪雨
北東の風
透明度10-15m
波0.5m
水温28-30℃

雲が多目の初日の朝、陸上は本当に過ごしやすい気温です。
水中はサーモクラインの影響か、透明度はいまいちの初日ですが水温は低いところで28度。
午前中から波も無く、気持ちのいい天気の中でダイビング。

チームは3チーム少人数制、ワイドチームとマクロチームに分かれて
エントリー場所をずらして各チーム思い思いに遊んで来ました。
この時期は波が高いことが多くて、あまり行けないシャークフィンにも行けちゃいましたし。
PB230028_R.jpg

PB230029_R.jpg

PB230026_R.jpg


三本目のエレファントでは、小潮周りにもかかわらず結構な流れ・・岩陰に隠れてのダイビング。
幼魚から成魚に変わりつつあるハナヒゲウツボもいましたね。
IMG_1423_R.jpg

他では人気のスマイル君ことルボックブレニーや、イヤースポットブレニー
ヒナギンポ、マツバギンポ、シシマイギンポ、ハナダイギンポと
これでもかのカエルウオ&ギンポ攻め!
PB260048_R.jpg

PB265062_R.jpg

IMG_1443_R.jpg

PB234482_R.jpg

PB234473_R.jpg

PB234529_R.jpg

ワイドではパウダーブルーの群れを狙って空振りでしたけど。

Day2
Three Trees
Whale Back Rock
West Ridge
Twin Peakes

天気 曇り時々晴れ
北東の風
透明度10-20m
波0.5m
水温28-30℃

二日目も朝は雲が多いものの、実に爽やかな朝。
船を北上させてスリーツリーズへ。

マクロチームは沖の根の真上から入り、25m前後の水深でナイトロックスを背負って粘ります。
根の周りにはツバメウオの群れやスカシテンジクが、色とりどりのソフトコーラル畑に花を添えます。

しかしそんな中、ソフトコーラル達に埋もれながら、二人は脇目もふらずに下を向き続けます。
ハゼやギンポやベラ、スズメダイと格闘です。
PB265074_R.jpg

PB244614_R.jpg

PB265036_R.jpg

PB244713_R.jpg

PB260006_R.jpg

そんな二人を横目に、ここはいつも本当に美しい根だなぁ~
ウッカリ魚も探さずに一人で物思いに耽ってしいまいましたよ。
やっぱりボクはワイドが好きなんですね。。

ボン島ではダイバーで大渋滞のウエストリッジで当然のようにマンタを外し
サンセットのタチャイ島では、でっかいオニカマスがいきなり目の前で魚を捕食!!
目つきが相当ヤバかったです。
PB240113_R.jpg

エキジット後に水面のマンタジャンプを見たりしたワイドチームでしたが、マクロチームは全くぶれません。
結局、一日中、ギンポやスズメダイ、ベラと戯れた一日になりました。

Day3
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Torinla Pinnacle

天気 晴れ時々曇り
北東の風弱く
透明度5-15m
波なし
水温28-30℃

三日目は朝からリチェリュー攻めです。
久しぶりのリチェリューは、船の数は少なめ、が、水中は結構濁っていました・・・。
ここもサーモクラインが、しぶとく居座っていて、悪いところではほとんど5mくらいしか視界がとれません。

そんな中、相変わらずキンセンフエダイが多数群れ、バラクーダの群れも昨シーズンより数が増えていました。
ゆみおが来た! by いがちゃん (1280x960)_R

特筆ものはそこかしこにコブシメの姿が!多い場所では10匹ほどの雄雌が入り乱れて、、、
今までこんな数のコブシメを見た事は無いのです。
PB254933_R.jpg

逆に、昨シーズンあんなに居た小型ローニン達が消え去り、光物フリークには少し寂しいこの日のリチェリューロック。
来週以降の挽回に期待!
リクエストのあったフリソデエビも見つけきれませんでした。
無念。

夕方はトリンラに移動し、チームによっては水面でミンク鯨と遭遇!
恐らく、水中では結構近くに居たはずなのになぁ。
ダイビングでの鯨との遭遇は、本当に難しいですね。

Day4
Twin Peaks
West Ridge

天気 晴れ時々曇り
透明度15-25m
波なし
水温29-30℃

通常、弊社の4泊5日トリップは、この日はダイビング無しで、朝下船のみになるのですが。。。
あるゲストからの強い要望(脅迫?)により、今回のみのシーズンインのおまけ付き」として
2ダイブを無料プレゼント!!

早朝からまだ見ぬ大物たちを求めて、タチャイとボンを強襲です。
(ワイドチームのみツインピークス。マクロチームはタチャイリーフでまったりマクロダイブ)
 
前回は夕方ということもあり、かなり暗くて不完全燃焼だったツインピークスでしたが、この日はなかなか熱かった!
あのオニカマスは同じ場所に居座る中を、ブラックフィンバラクーダが大挙根の上に押し寄せ
久しぶりの圧巻群れ群れダイビングになりました。
IMG_1391 (1280x960)_R


そしてその後の最終ダイブは、大物オンリーというワイドチームの面々は、当然リッジの先端めがけてエントリー。
すると、潜行直後に足元から4mのジャイアントマンタがこちらに目掛けて向かってきました★ 
その後もediveで貸切マンタは行ったり来たり。これには、一同大興奮!
マンタ2 (1280x960)_R
マンタ3 (1280x960)_R

僕らを脅迫?したゲストのC女史は、水中ガッツポーズで締めくくり、最終回の大逆転でなんとかこのクルーズを
終えることが出来ました。

その頃、マクロチームは当然の如く、湾内のどこかで奮闘中。
でも、あの人達、ホントいい写真が撮れてましたから。

ただ、このチームをアシストしてた、マンタを見たそうにしてたキリンちゃん♀のみが
地団駄踏んでたんではないですかね?キリンちゃん♀、どうか連敗が続きませんように、、、

今回のクルーズで記念すべき100本を迎えたヒロさん。
おめでとうございます\(^o^)/
156_R.jpg

167_R.jpg


写真提供 Aさん、Mさん、Iさん

2014.11.30 Sun l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。