上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
20140325192048d47.jpg
晴天の中、オレンジブルー号に揺られ、神奈川からやって来た12名の平成生まれの大学生、引率のインストラクターさん、新規、リピーターさんを含めた5名のお客様、スタッフSHOJI,EBI,BABANで初日から大物狙いでリチェリュー方面へ向かいました!
今回はググッと平均年齢若めです(笑)



☆★1日目★☆
DIVE1:TORINLA PINNACLE(スリン諸島)
DIVE2:RICHELIUE ROCK
DIVE3: 〃
DIVE4: 〃



まずはスリン諸島のトリンラピナクルでチェックダイブ。
回遊魚が見たいという学生のリクエストに応えて、潮の上に向かってグングン泳いでいきます。
カタクチイワシや キビナゴ等、小魚が体色を反射させてキラキラ泳ぐ中、カスミアジやヒラマサ、ホシカイワリがギラギラと朝食を狙ってアタックする光景に興奮します!
2014033012242797c.jpg

しかし学生に目を向けてみると、えぇーー!速攻飽きてる(°_°)
むしろ興味ないのかってくらい無視して熱帯魚の写真を撮っていたので、中層はそそくさと退散し、ピナクルへ戻ります。やっぱりクマノミとか可愛い魚が好きなんだね。トマトクマノミに張り付いてみんな撮影会をしてました。笑
20140325191303519.jpg


20140330125612b8a.jpg



北へ向かい、ジョーフィッシ畑へ到着。
メタリックシュリンプゴビーやアンダマンジョーをそれぞれ観察したらスカシテンジクダイがうわっと群れてる根へ。
砂と岩の際にはスカシテンジクダイの群れに隠れるかのように小さく細いハナビケウツボノ幼魚が隠れていました。



チェックダイブで体を慣らした後は、さっそくリチェリューに向かっちゃいます!
初日からでてくれるなー。ドキドキ💓

ポイントに到着する直前、ジンベエ情報入手!胸の期待を抑えられないまま、『みんな早くエントリー準備ーー!!』の声が。少々遅れを取っていた学生チームも一生懸命準備します。
みんなで一気にエントリーして、中層をキョロキョロ。周りを見渡せばとにかくダイバーだらけで迷子にならないかがまず不安だ(汗)
ドキドキしながら待っていると



『カンカンカンカンカン』物凄い勢いでタンクを叩く音が鳴り響きます。周りを見渡すと、やって来ました、ジンベエ!!
一目散に駆け出すSッキー。カッコいいジンベエ写真ゲットー!
201403301241192df.jpg

20140330124259cbe.jpg

20140330124244963.jpg

201403301242232c8.jpg

20140330124212479.jpg
やっぱかっこいいわぁ!!

あれ、ところでエビチームがいない。心配しているとどこからともなくバタバタと駆け足で追いついてきました。(ホッ)
そして自分のチームに目をやると、写真を撮るのに一生懸命になるわけでもなく、みんな行儀良く、水底近くで固まっている。。
後で聞いてみると、みんなジンベエよりもなによりも、ダイバーの多さに圧倒され、迷子にならないか不安で居たのだそう。逸れないようにかたまっていたらしく、なんて可愛い子たちなんだと笑っちゃいました。

お昼休憩はサンデッキでモデルになってみたり。
2014033012562651b.jpg

201403301256098e8.jpg


そんなこんなで遊んだ後は3,4本目もリチェリューでジンベエ狙いましたが、2本目以降お目にかかることはありませんでした。T^T

しかし、小物はがっつり見て来ましたよ。

フラッシュを浴び過ぎてすぐそっぽを向いちゃうタイガーテールシース君。
2014033013410732f.jpg


チョロチョロ動いてなかなか写真に納めるのが難しいクリーナーパイプフィッシュ。
2014033013402549b.jpg


トマトの子供の人気が衰えることはありません。
20140330134047fa1.jpg


ヤギに紛れてるけど、完全にバレてるよ。
20140330134109d67.jpg

コブシメカップル発見。
20140330134533ff7.jpg


雌をめぐった争いに負けた1匹コブシメがその場を退散し、逃げて行く後ろ姿はちょっぴり切なげでした。
20140330134532e60.jpg


初日からジンベエ見ることができて夜も大盛り上がりでした。明日はまた遊びに来てくれるかなぁ。


☆★2日目★☆
DIVE1;Richeliue Rock
DIVE2; 〃
DIVE3;Twin Peaks(タチャイ島)
DIVE4;West Ridge(ボン島)


2日目、オトナチームはSッキーのリクエストでアカオビハナダイを見にいきました。
北から東へ向かっている途中、外国人のガイドさんからジンベエ向こうにいたぞ!のハンドシグナル。
期待を胸に、急ぎ気味で泳いでいきます。
その結果、ジンベエが見れた人と見れなかった人がいたこと、船上で色々叩かれたことetcは、ここではあまり触れないでおきます。。笑
20140330154631e74.jpg
一応ね、控え目にね。笑


黒抜きバージョン。
20140330140210f06.jpg
いつか私もこの子にクリーニングして欲しいなぁ。

ワイドもピックハンドルバラクーダやブラックフィンバラクーダの群れ、ツバメウオ、それにロウニンアジ子どもの大群もいて、キンセンフエダイと戯れたり、何度潜っても飽きないリチェリューの海を堪能してきました。


20140330140137fa2.jpg


20140330140146efc.jpg


201403301415045b6.jpg


2014033014015427c.jpg


午後からはタチャイ島へ移動です。
またも光り物の群れに出会えるかなぁ。ましては大物に出会えたりして。
流れてないといいなぁ。そんなことを考えながら3本目エントリー。


流れもそんなになく、潮上の方の群れを求めて泳いでいきます。
するといました、まずはブラックフィンバラクーダの二手に分かれた大きな群れ。
ファインダーに納まらず、困ってしまうほど。
201403301437101f3.jpg

沖に向かっていくとロウニンの群れ、そしてその下にはキツネフエフキの群れが。
さらに私たちを飽きさせることなく、コガネシマアジの群れも合流です。

婚姻色を出して真っ黒になったギンガメアジのペアがあちらこちらでうろうろ。
ホシカイワリは小魚にアタックしたりと、アジ三昧のダイビングを満喫していると、急に「カンカンカン」の音。
振り向くと、マンタがこちらに向かって優雅に泳いできました。
20140330143738c0c.jpg
ロウニンアジを引き連れて、迫力満点です。


2014033014373676e.jpg
20140330143733540.jpg

安全停止中にまで、グルグルと回ってきて、浮上するのがもったいなかったなぁ。


さて本日のラストダイブはボン島で締めくくり。
もう一度マンタ見るぞー!と意気込んでジャンプイン!!
リッヂを目指します。

マンタ待ちをしている間に小物探し。
20140330155731d1b.jpg
かわゆい♥︎


20140331192552831.jpg
私の好きなベンケイ♥︎


20140330155830588.jpg
たまには僕にも注目してね。

201403301558096dd.jpg
どふぁーーー!!

とか遊んでいると最後の最後で鳴り響く鈴の音!!

やってきました。
またまたマンターーーー!!

201403301558552ec.jpg
20140330161621fb6.jpg
20140330161636d05.jpg
20140330161634e6f.jpg





今日も大物尽くしの最高のダイビングで、美味しいビールが飲めそうです☆

昨日のログを書いている所で参戦してきた学生のお絵かきタイムが今日も引き続き行われています。
2014033016515966e.jpg
昨日のログ。



本日のログ。
明日はカメが見たいとのリクエスト。
見たい魚のリクエストが次々にクリアされ、要求が堪えなくなってます。。。


夜はダーちゃんのお手伝いをして、ダーちゃんもこの笑顔。




☆★3日目★☆
DIVE1:West Ridge(ボン島)
DIVE2:Three Trees(#9)
DIVE3:Elephant Head Rock(#7,8)
DIVE4:Monument Valley(#6)


いよいよ最終日。またマンタを見たい、というリクエストにお応えして、朝一はボン島で潜ります。

朝からアジ、ツムブリ、イケカツオの捕食シーンを間近で観察。迫力満点です!
2014033120515484c.jpg



暫く経ってもなにかが起こる気配がなかったので、湾内に移動。のんびりしていると、自分が出る幕を見計らっていたかのように背後からマンタ登場。



タイミング読んでるよなぁ。ヤツは。
暫くすると、2枚目のマンタ登場。両方が同じ視界に入って、繰り成す優雅な舞にときが止まったかのように目を奪われます。
華麗なショーを披露してくれたマンタに気付けばみんなで拍手してました。
安全停止に向かう途中マンタが追いかけるようにして通り過ぎると、その側で、あれ、子マンタ?
よく見るとマダラトビエイがヒョコヒョコ〜と泳いでおり、レアな光景にテンション上がりました。


残りの3本はシミランでのんびりダイビングです。

カメを見せる!という試練がガイドチームを追い込みます。
満を時してのスリーツリーズ!
ブリーフィングを終えると水面を指差して、『カメだー』と叫ぶ声。急いで準備してエントリー。
3手に分かれて探します。


Kータの快挙!指差す先には
20140331192637e08.jpg
無事に目標達成できました。



暫く泳いでいると水面に向かってブラックフィンバラクーダの群れ。白い砂と光が差し込んだ水面の狭間にバラクーダ、幻想的でした。
20140331210317cc1.jpg



おどけた顔のハナダイギンポ、かわゆい♡



警戒心の強いジョーフィッシュがあちらにもこちらにも。



目の下の赤い涙が一際目立っています。



お昼ご飯はバーモンドカレー!!
もりもり食べてあっという間になくなりました。
20140401123448e04.jpg



お腹いっぱい食べた後はバランシングロックを目指します。
IMG_2679_201404011707055d7.jpg



去年も登頂したのでパスというSッキーを除いて、みんなで#8に上陸。

ハイ、チーズ。
201404011237256f6.jpg


学生チーム、ザブザブZポーーズ。
20140401123741438.jpg


学生チームは水際で楽しそうに遊んでいたので、一足先に大人チームで頂上を目指します。
足が縺れるとか、息が切れるとか、小言を吐きながらも頂上に到着。
201404011247025e8.jpg


遅れて学生チームも到着。
S__393220.jpg


みんなに就職先が決まってよかったね!といじられていたHやっしー。
S__393221.jpg
これからはバランスロックを支える添え木として生きていきます。笑


遊び過ぎて疲れ果てましたが残り2本も楽しみますよ〜!


次のポイントに向かう途中、ボートのスピードがおち、次は『ドルフィーーン!』と叫ぶ声。
ボートの近くで飛び跳ねるイルカを発見し、みんなテンションMAX!
一緒に泳ぐ〜!とワガママを言うエビ氏にしょうがないなぁと承知してくれた船長がイルカの近くに船を寄せます。

学生チームに混じって気合い満々だったのは大人チームから代表してSさん。
次々飛び込む学生の中に、1番気合いの入っていたSさんが遅れをとる!
S__393222.jpg

やはり若者には敵いません。フィン履くのに手こずったという言い訳でしたが、結局脚力も追いつかず、一人水中でのイルカを見逃してしまったのでした。(トホホ)

さぁ、気を取り直して3本目は地形を楽しみます。
水路を通ったり、トンネルくぐったり、覗き窓から顔を出して見たりして一頻り遊んだ後はお魚探し。
S__393223.jpg


ガレ場でスターリードラゴネットやフリソデエビを発見!
S__393224.jpg


なんとも憎めない表情のミナミギンポ



ワヌケヤッコやシテンヤッコ、インドシテンヤッコ、ヤッコ尽くし。

中層から湧き出るフュージュラー



それを狙うアジ軍団
S__393225.jpg


エキサイティングなダイビングでした。


さぁて、いよいよラストダイブ。
男性陣が喜んでくれるポイントを選びました。

モニュメントバレー。
その訳は後ほど。

津波後、影響を受けて被害にあい、ポイントが減ってしまい、新たにポイントを開発しようという試みと、津波の事件のことをいつまでも忘れずにいようという思いから作られたこのポイントは、慰霊碑の代わりとなるものがいくつか沈められています。

そのうちの一つに男性陣が顔をにやけて2ショットを撮りたがる女体。
なぜ故に女体が沈められているかは不明です。。
20140330172925e72.jpg


Sタロウ、150本記念おめでとう!
S__393226.jpg


みんなで、思い出作り。
S__393228.jpg


S__393227.jpg



お魚もちゃんと見てきました。

顔の模様がとってもキレイ。
S__393229.jpg


地味だけど、度胸のあるムラサメハゼは至近距離まで近づけるので、撮影しやすい被写体です。
S__393230.jpg



目のうるうる感がなにかを訴えてくるようなこの表情





今回は大物、小物に充実したダイビング、遊び切った4泊5日のクルーズでした。
201404011438372e1.jpg


また次のクルーズで偶然か必然か、出会いにビックリすることがあるかもしれませんね。
その再会に期待して、来年もお待ちしております☆


写真提供;セッキー、ナイチュー、みゆちゃん
2014.03.25 Tue l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。