上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲


気がつけば12月の中旬を過ぎて、クルーズから1週間以上も経っていましたが、皆様ご機嫌如何でしょうか?
タイの祝日を絡めたこの日程のクルーズは、毎年タイ国内に在住されている日本人ゲストが多くいらしてくれるのですが、今年の参加者の方もタイより10名、日本より4名、という例年通りの編成になりました。スタッフはshoji,higashi,kyo。今回も老体三銃士・・・大変ご迷惑おかけしています。。

12月5日
No5 ハイダウェイ
No5 アニタズリーフ
No7とNo8の間 エレファントヘッドロック
No8 ドナルドダックベイ(ナイト)

出港日の夜は風も強く、深夜の出港時には結構な揺れがあり、二週続けて天候に不安を感じながらの出港になりました。ダイビング初日は雲が多く、油断していると雨が降り出しそうな雲行きです。波も島沿いを離れるとちょっと大きめ、、、気温と水温が同じくらいで、ダイビング中はそれほどでもないのですが、ダイビング後に浮上すると風も強くて滅茶苦茶寒いです・・・1月中旬くらいまでは、結構こんな感じの日が多くなるので、皆さん風邪など引かないように忘れずに長袖を持参くださいね。

ダイビングの方は日差しが少ないので、どうしてもマクロ寄り。引き続きスカシテンジクダイは健在。いつまで持つかな?

オーロラシュリンプ_R
オーロラゴビー

ヤマブキ1_R
ヤマブキスズメダイ

ピグミーゴビー2_R
ピグミーゴビー

ヒナギンポ3_R
ヒナギンポ

フラッシャー_R
マッコスカーズラス

アケボノ1_R
アケボノハゼ

ハナダイギンポ_R
ハナダイギンポ

クジャクスズメダイ_R
クジャクスズメダイ

ウミタケハゼ1_R
ウミタケハゼ

イヤースポットブレニー1_R
イヤースポットブレニー

イシヨウジ2_R
イシヨウジ

スカテン_R

オリビア_R
ナイトで見たオリビアシュリンプ



透明度15~20m
波高 中くらい
水温 28~29度
気温 26~29度

12月6日
スリーツリーズ
ボン ウェストリッジ
タチャイ ツインピークス
タチャイ ツインピークス

二日目。朝、寝坊して昇治にたたき起こされ、寝ぼけ眼で二階に上がると、、朝の日差しが眩しい~じゃないですか♪ 前回のクルーズに引き続きテンションのあがってくる展開です。
しかし、そこで前回は上げ過ぎて空回りしてしまい、逆に大物をはずしちゃったような気がするので、今回はクールにモチベーションを上げていきましょう。
さて、海の方は、前回より透明度は悪くなったような気がしますね。サーモクラインの影響だと思うけど、きっとクリスマスぐらいの繁忙期にあわせて復活するのでは?
うねりの方はまだ少し残っていて、船に弱い数人はリバースしていた方も、、、No9の深場ではアンダマン海では見た事のない生物に遭遇!逃げ足が速くて速くて取り逃がしてしまいましたが、次回までには確認しておきます。レアもの珍種好きな方はお楽しみですよ★(アマダイのようなハゼのような物体)

ボン島に移動中、無線よりジンベイ情報。それを聞いて船はにわかに活気付きます。アッパーデッキでいつも通りにダラダラとのんびり日向ぼっこをしながらタバコをふかしていた人たちも、一気にやる気モードスイッチがオン!ドタバタしながら下に降りて来て、いつもはノロノロい準備なのに、あっという間にセッティング完了、、、やれば出来るのか。今か今かとはやる気持ちでエントリー!はい、激流です。。。岬に50分間捕まってたチーム、エントリー直後に崩壊したチーム、どこのチームもマンタにさえ遭遇できませんでした。流れの割りに魚も少なかったしなあ。

IMG_4949_20131217121918f95.jpg
いつも仲の良いF夫妻。泳ぎすぎたのか?

ブラックフィンバラクーダ1_R
バラクーダ群れ

ブラックフィンバラクーダ_R
バラクーダ群れ

ジンベイ2_R
ジンベイ

ジンベイ5_R

ジンベイ3_R





個人的にはいま一番Hotだと思っているタチャイに移動して、手堅くバラクーダとロウニンの群れを見て、サンセットでのんびりしてからスリンで停泊かあ。なんて思い描いてエントリーした4本目に事件勃発。先行チームとピヨピヨチームが続けてエントリーしたと同時に海の中は騒音と人だかり。そこにはジンベイくんが人の群れに囲まれながらも悠々とゆったり泳いでました。慌てて僕一人水面に戻ってみると、後攻のチームのんびりは、ボン島で一回騙された件もあったので、まだ船上でダラダラ過ごしているじゃないですか。。。「おーい、ジンベイいるけど~」一声かけて慌ててもう一度潜行、その後は30分間のジンベイストーカー。ずっと付け回して来ましたよ。が、、その間、入れ替わり立ち代りでいろんなダイバーと遭遇しました。中には連続ジンベイ外し記録更新中のT川氏も息をぜ~ぜ~切らしながら、カメラ片手に一生懸命走ってました(笑

しかし、チームのんびりの面子には・・・そうなんです、その夜の宴会の前半は実に微妙な雰囲気でした。
そんな中、F旦那のストーカービデオ上映会を決行!30分弱の撮り立てホヤホヤ撮りおろしノーカットの大作に全員目が釘付け。徐々に嬉しさと悔しさがヒートアップ!明日へのやる気もアップ!
それぞれのチームが分かれて宴会は夜遅くまで続くのでありました・・・

12月7日

タチャイ ツインピークス
リチャリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック


ドラマは待ってました。次の日予定を変更してタチャイ・ツインピークスに。のんびりチームは有無を言わせずに一番にエントリー(笑)
泣いても笑ってもここで最後の泣きの1本に自分も久々に気合入れて潜りましたよ!
潜行してすぐに潮のあたる深場の影からローニンやカスミやらの中を、誰にも見つかっていないジンベイちゃんがこっちに向かってくるじゃありませんか!当然、皆を呼んでガッツポーズ。
本当に嬉しかったなぁ。前日のような見方も楽で良いには良いけど、今日のような出会いは痺れますね♪
じっくり急所を見た人によると、前日は雄の個体、この日のは雌の個体なそうな。大きさは前日の方が太って見えましたが、ジンベイはジンベイ。
しかもバラクーダの大群の中に嵌まちゃったり、大型のローニンに囲まれたり、フュージュラーの群れの中に突っ込んだり、と最高の被写体。
ガイドの時は絶対にカメラを持っていかないというポリシーを、この時だけは心底後悔しましたね。
いやぁ、何度も言うけど今のタチャイ、キレキレです。この調子を長期間保存してほしいですがどうなる事やら。

さて移動してリチェリューロック3本立て。流れは弱く、透明度はボチボチ。魚影もボチボチ。好きな深場のソフトコーラルが生い茂るカラフルな場所に長居して群れと絡めて撮影&ウォッチング。
現在、水温上昇の影響で20m以深の比較的深い場所にいつもメインイベントが待っています。ぜひナイトロックスをお持ちでない方は講習を受けて利用して潜ってみて下さい。
今までと違った感動があなたをお待ちしています。マクロではワヌケヤッコのチビが可愛かったです。

ジンベイ_R
ありがとう、ジンベイ。

ソフトコーラル3_R

ソフトコーラル_R

コブシメ_R

インディアントビー_R
インディアンパシフィックトビー

アヤメエビス1_R
アヤメエビス

チモールラス_R
チモールラッセ

ホワイトダッシュラス1_R
ホワイトダッシュラス

IMG_4952_20131217121922342.jpg
今回はライスとそばの二本立て


ナイトロックス講習修了
N田さん

アドバンス講習修了
大輔


素晴らしい数々の写真提供 タッキー@フィリピン移住
F井旦那の素晴らしい動画は、なぜかいまのところアップできません(T_T)
2013.12.17 Tue l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。