上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
IMG_4946_R.jpg


皆様、ご機嫌如何でしょうか?早いもので師走です。この時の経つスピードには戸惑いを覚える今日この頃です。
さて、先週11月23日~27日でシミラン・スリンクルーズに行ってきました。
既に疲れが見え始めた老三銃士。そのうちのまだ若い方の二名shoji&kyoが乗船し、8名のゲストで超ゆったりスペースで過ごしてきました。

事前の天気予報を見て薄々知ってはいたものの、なんとか外れてくれないものだろうか、と淡い期待を持って臨んだこのクルーズですが、予報どおりにやっぱり荒れました。。途中、海軍の救援部隊の軍艦がシミランまで派遣され、島から帰れなくなった人たちをピックアップしに来るほどの強風&大波。デイトリップは数日間キャンセルで、他社クルーズ船も多くがトリップ取りやめになる中、オレンジブルー号は僕の制止も聞かずキャプテンの独断で明け方4:30に出港してしまいました・・・まぁ、これが結果的に良かったんですが、、

1482877_564350363644167_2074473859_n.jpg

案の定、シミランへの道のりは遠く辛いものでした。グルングルンと揺れる船にちょっと油断すると気持ち悪くなってしまう状況に、ベッドでおとなしく寝ているしかありません。予定を大幅に遅れてシミランに到着すると、ほぼ皆さんがグロッキー寸前。1ダイブ目が10:00という遅延で、この日は急遽予定を変更して3ダイブに。

アニタズリーフ no5
ハイダウェイ No5
プリンセスベイ No4

当然、水中は暗く寒く、砂も少し舞っていて透明度20mくらいか。マクロが中心になったダイビングになりましたが、今のシミランはスカシテンジクダイが多いですね!皆さん、これで太陽の光があればなぁといったところでしょうか?多少の船酔いはあったものの、何はともあれ安全に誰一人怪我も無く無事に一日を終えられたことに感謝です!一同ホッとしたのかその日の夜の宴会は変な盛り上がりを見せました。。。酒とアテは充実。

_DSC2046_R.jpg
困ったときのハナダイギンポ。いつ見ても可愛いですね。

_DSC2045_R.jpg
最近嵌っているルボックブレニー。いろんな背景の色を楽しみましょう。

_DSC2044_R.jpg
アカメハゼ。温暖化以降(老眼化以降?)、探すのがなかなか大変な一品です。

960054_553197361435623_1086482077_n.jpg

1392674_553197281435631_679213402_n.jpg

601063_553197404768952_141802584_n.jpg

1422537_553197231435636_967978344_n.jpg


昨夜の宴会中も豪雨に襲われ、明日はどうなることやらと眠りに就いた一同は、相当ビビリながら朝目覚めるとなんと朝日が目に眩しいではありませんか!
「おはようございます!」の一声もトーンアップでテンションが上がります。
やっぱりクルーズは一に天候、二に天候。三四が無くても五に天候!六に料理のガイドは七で、八にゲストの面子etc、、というくらいなので(嘘)、太陽ってのは本当に重要なんですね。この時期、太陽の全くでない北ヨーロピアンが大挙東南アジアに押し寄せる気持ちも分かります。

1452226_564381176974419_191438259_n.jpg


アニタズリーフ
エレファントヘッドロック
ボン島ノース
タチャイ島ツインピークス

昨日暗かったアニタズリーフに再チャレンジし、その足で今回は不可能と思われたエレファントへGo。
その後、調子に乗ってボン→タチャイまで行っちゃいました♪
水中は明るく、昨日とは別世界。気持ちはワイド、ワイド、ワイドでしょう!約一名、頑なにマクロレンズを外さない輩が一名いましたけどね。

1466139_553197444768948_680827067_n.jpg

1472039_553197161435643_2136048199_n.jpg



しかし、ボン島は透明度はまずまずでしたが、魚影が薄い、、、今後の復調に期待です。
タチャイも透明度は悪い割にはアジ系パラパラでバラクーダに至っては姿を見せず・・・
やっぱり荒天の影響が水中まで及んでいるんでしょうか?

_DSC2035_R.jpg
マッコスカーズラス。その輩が撮った一枚。もうひとつの獲物のアケボノハゼは外出中、、

_DSC2039_R.jpg
オーロラゴビー。尻尾が特徴的ですね。

P3032420 (420x315)
ローニンアジ。今日は数が少ないぞ!

3日目も朝からピーカン!うねりは多少残っているものの、一路スリン島へ。半年振りのトリンラで砂地マクロダイブの後はついに来ましたリチェリューロック!悪天候の後なので他の船も少なくほぼ貸切に近い!太陽サンサン!透明度もグッド!!魚も多い!!!今回のリチェリューはさすが横綱という所を見せてくれました。最高!!

_DSC2042_R.jpg

_DSC2040_R.jpg
キンセンフエダイ。

_DSC2041_R.jpg
バラクーダの若魚たち。


_DSC2038_R.jpg
貴重なワヌケヤッコの幼魚。リチェリューで見つけましたよ。

tomato
トマトクマノミ。最近じゃめっきり数も減ってきましたが、、

IMG_2107 (500x375)
ローニンの若魚は今シーズンも健在。さまざまな捕食シーンを演出してくれますね♪

DSCF1492_20080117215108.jpg
DSCF1471_20080117214935.jpg
Wanted!そして今回は奴等が行方不明・・・今週こそは見つけ出してやる~(行けたらの話)

とまあ、最初はどうなることかと思った今回のクルーズでしたが、日を追うごとにコンディション急上昇↑
初日にキャプテンの判断でフライング気味に飛び出していなかったら、催行中止に追い込まれていたかもしれない
ところでしたが、終わりよければ全て良し!と相成りました。

で、今週の天気予報を早速確認してみたら、、、、(泣)その顛末はまた来週ご報告させていただきます。

写真提供
秀ちゃん、宮沢さん、イーダイブ
2013.12.02 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。