上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
5月2日~5日ヒンデーン・ヒンムアン・コハー・ピーピー島クルーズ報告
1 (18)

2013年シーズン最終クルーズ!最後の締めはヒンデーン・ヒンムアン・コハー・ピーピー島方面のクルーズ!お客様は全部で15名!うち4名の方がその前のシミラン・スリンクルーズから引き続き連続で乗船していただいています。スタッフは、Higashi, Shoji, Babanの3名。

夜9時過ぎには全員集合。お酒もたっぷり積み込んで出発です。海もべた凪!なので、そのまま一直線でヒンデーンへ。
初日1本目。ヒンデーン。出るか!ジンベエ・マンタ・トラフザメ!大物を期待しつつ、エントリー。透明度は20m!ダイナミックなドロップオフや、オーバーハングのある地形、そして、根を覆い尽くす美しいソフトコーラル群。中層には、イエローバンドフュージラー、イエローバックフュージラーなどなどタカサゴ群の群れ&群れ!時折大型のホシカイワリが捕食にうかがう。4,5匹の1mものアカマダラハタ、キンセンフエダイの群れなどなど…。根には、ネズミフグ、ヒトヅラハリセンボン、ケショウフグ、ミナミハコフグなど沢山のフグなどなど。
1 (4) (300x225)
1 (9) (300x200)
2本目は、ヒンムアン。ヒンムアンとはタイ語で紫の岩という意味。潜行するとその名の通り、そこは一面紫の見事なトサカ畑。ワヌケヤッコ、そして、美しい婚姻色を出したアカオビハナダイのオスの塊。中層にはイエローバンドフュージラー、イエローバックフュージラー、グルクンなどが群れており、イソマグロなども時々訪れます。残念ながら大物は出ず…。と思いきや、Cチーム...安全停止をして、いざ上がろうとした瞬間...スギを数匹引き連れた大型のマンタ!!颯爽と現れました!ラッキーな大物出現です!
1 (7) (300x169)
3本目もヒンムアン。先程のマンタを期待しつつエントリーするも残念ながら、現れず…。が、見事なソフトコーラルの咲き誇る根をゆっくりと堪能。
4本目は、1本目に潜ったヒンデーン。オーバーハングを通ったりしながら、ソフトコーラルや、地形、そして、っ中層ではタカサゴ群など、根では大きな口を広げるドクウツボなどを観察。
1 (5) (300x225)

1 (22)
2日目は、コハーからのスタート。コハーとはタイ語で五つの島という意味。
1 (24)
まずは、その№1、一番北のコハーヌアでエントリー。まずは、深場の大型のトサカ畑を観察。ダイナミックな岩の地形を楽しんだ後は、上から下へ抜ける洞窟へ。光が上から差し込む洞窟を探検気分で抜け、その後はソフトコーラルが見事にびっしりとついたオーバーハングを通り抜け、ます。最後はリュウキュウキッカサンゴが群生する根に、どこまでも続くホソフエダイの群れを満喫して浮上。

そして、コハーの№3の真っ白なビーチへ上陸。
1 (26)
1 (8)
1 (2)

2本目は、コハーで一番大きな島コハーヤイ。エントリーして、まずは、大型洞窟へ。洞窟内から見た外の景色は神秘的。更に、洞窟内から浮上して、エアードームへ。下から差し込む光が幻想的な風景を楽みます。その後は、ソフトコーラルやアオリイカの群れ、ゴシキエビなどなどを観察。
1 (11) (300x169)
1 (2) (300x225)
3本目は、ピピ島へ。
まずは、ビダノックから。魚影は非常に濃い!どこまでも続くキンセンフエダイの群れ!そして、中層には、イエローバンドフュージラーや、イエローバックフュージラーの群れ&群れ!大型のホシカイワリが群れを成して捕食!オニアジの群れなども。ソフトコーラルの群生している根には、ハシナガチョウチョウウオなどなど。
1 (12) (300x225)
4本目は、ピーピー島ビダナイ。透明度は悪かったものの、魚影は濃い!キンセンフエダイ、ホソフエダイの群れ!ソフトコーラルがびっしりついたウォールに、小魚の群れとそれらを狙う回遊魚たち。マブタシマアジ、ツムブリなどの編隊も登場!イソギンチャク畑もあり、スカンクアネモネフィッシュ、カクレクマノミなどなど。砂地には、鰭を広げたマッコスカーズラス、セムシカサゴなどなど。ワイド&マクロと満喫!
1 (6) (300x225)
1 (1) (300x225)

ゆっくりとピピレイ島に沈む夕日を観察しながら、ピピドン、トンサイ湾内へ。
1 (28)

夕食後にピピドン島へ上陸。賑やかな夜の島の町を散策。シーフードレストラン、イタリアンレストラン、バー、お土産さんを眺めながら、逆サイドのビーチでファイヤーダンスを見ながら、ビールで乾杯!
1 (14)
1 (16)

その後はチャロン港へ。

今回クルーズ中に300本を迎えられたマイケル、おめでとうございます!そして、フォトコン優勝のフジタさん、おめでとうございます!
1 (20)

そして、今クルーズを持って、お蔭様で、無事2012-2013シーズン、ediveアンダマン海クルーズが終了しました。皆様今シーズンも本当に有難うございました!7月、8月、9月はコモドクルーズで、10月はデラワン・マラトゥア・サンガラキクルーズでお待ちしています。そして、来シーズンは11月よりスタートです!また皆様にお会いできること心より楽しみにしています!

report by higashi
photo by 今回参加者の皆様

2013.05.06 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。