上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
強調文IMG_3038_R.jpg

シミラン&スリンは国立公園が11月1日オープンなのですが、先日のタイの祝日に合わせて一足早くヒンデン・ヒンムアンクルーズに行って来ました。

ということで、参加者の方々はタイ在住者が9割、日本からが1割の計13名で盛り上がってきました!乗船スタッフの方が相変わらずの東・キョウの二人と、今回は助っ人として笑顔の絶えない巨体のナイスガイのノリくんとの3名で行って来ましたよ。

例年この時期は天候不安定なことが多いんですが、今回はバッチリ。時折スコールが降るものの、波もなく快適な海洋状況♪特にヒンデン・ヒンムアンは風が吹くとそれを遮る場所がないので、揺れ揺れに、、今回はべた凪で本当に皆さんラッキーでしたね~!クルーズは何をさて置いてもやはり好天が一番!

昨夜は就寝2:30ということもあってゆっくりめのスタートで、まずはコ・ハーでチェックダイブ。2本目以降から今回のメインのダイブサイト、ヒンデン&ヒンムアンに向かいました。
海の中はこんな感じで、、、

IMG_2963_R.jpg
IMG_2970_R.jpg
IMG_2958_R.jpg
IMG_2973_R.jpg
IMG_2998_R.jpgIMG_2971_R.jpg
IMG_2991_R.jpg
IMG_3014_R.jpg
IMG_2982_R.jpg
IMG_2968_R.jpg
IMG_2996_R.jpg
IMG_3011_R.jpg



特にスカシテンジクダイが爆発!その他タカサゴ、キビナゴ、バラクーダ、の幼魚がぐっちゃりと所々に塊を作ってハンティングの餌食になるのを少しでも避けようと必死に逃げ回っていました。ダイバーにはたまらない捕食シーンのオンパレードなんですけどね。
他には目立つのはツムブリ、マテアジ、ホシカイワリなどのアジ系やハタ類などのハンター達、ツバメウオの群れ、ピックハンドルバラクーダの群れ、レオパードシャークもチームによっては見れました。マクロでは、、、アカオビハナダイ、ニシキフウライウオ、ヤマブキスズメダイ、アンダマンダムゼル、クダゴンベなど。。

ナイトは再びコ・ハーに戻りマクロダイブ。エビカニを中心に気づいたら1時間以上経ってました。ゲストの皆さんも「ナイトは30分くらいでさっさと上がってビールにしようよ」とか言ってたのに黙認。案外夢中になっちゃってたのか?それとも嫌々ながらも付き合ってくれたのか?僕的には実に楽しい一本になりましたけどね。

次の日も再度ヒンデン・ヒンムアンを攻めました。初日より透明度も上がってコンディション↑。ただその代わりに流れがあり、結構ハードなダイビングになりましたね、、そのぶん魚たちの動きも激しく、ワイド重視のダイビングで楽しみました。

そして今回トリップ後のアンケートでは、ブッチギリの一番人気になったのがこの日の3本目に潜ったコ・ハー・ヤーイの洞窟ポイントです。通常、白人ダイバーさん達には人気の高い洞窟も日本人ダイバーにはいまいち・・・でしたが、今回はタイのパタヤをメインに潜っている人たちが多く、普通の日本人の好みとは若干違うのでしょうか?捕食よりも洞窟という僕にとってはなんとも解せない結果に?ですが、ゲストが満足してくれたと言うことで良しとしよう。。次回はここだけでクルーズを作って欲しいとか無茶なことまで書いてありましたけど、多分それは無いでしょう、、、

IMG_3021_R.jpg
IMG_3022_R.jpg
IMG_3023_R.jpg
IMG_3024_R.jpg
IMG_3026_R.jpg
IMG_3031_R.jpg
IMG_3032_R.jpg


とこんな感じになりましたが、概ね天候に恵まれて、最終日の夜は殆ど全員がピピ島に上陸してバーで盛り上がるグループ、タイマッサージに直行する組、思い思いに過ごしたあと船に戻り夜遅くまで宴は繰り広げられました。
IMG_3035_R.jpg


今回のおめでとうダイバーさん
Mr.IZUMI 200ダイブ
IMG_2986_R.jpg

Ms.YUKIKA 100ダイブ
Ms.RISA 100ダイブ

そして今回のフォトコンキングはMs.JYUNKO
IMG_3039_R.jpg

おめでとうございます!

タイ在住の皆さんは、12月の王様誕生日、4月のソンクラン、まだまだ休みがありますから是非お待ちしとります!日本からのあべちゃんとさばちゃんも今シーズン中にまた来るようにね~、、じゃ、次はシミランで~
2012.11.03 Sat l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。