上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
shugo.jpg
4月に入り、こちらカオラックもかなり暑くなってきました。4月13日~15日はタイの新年、ソンクラーン休日。その休日に合わせて、今回11名のタイ在住の方がいらしていただき、2名の日本からの方と計13名のクルーズとなりました。
今回のクルーズは、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを潜る3泊4日のショートクルーズ。スタッフは、Higashi, Shoji, Eijiの3名。今回ビール飲み放題申込者がなんと9名!ビヤ樽2樽で足りるか…。
まずは、ボン島からのスタート。ボン島といえば、狙うはマンタ!いつものごとく、プランクトンいっぱいで濁っているかと思いきや、海は青い!25mは抜ける透明度!うーん、これはマンタはいずに、魚影は薄いかも…と思っていたら、まずはカスミアジ、ロウニンアジの編隊が登場!
bonkasumimure.jpg
そして、キンセンフエダイの群れ、イエローバックフュージラー、クマザワサハナムロの群れ!群れ!
bonkinsenmure.jpg
中層に出て、マンタを探すが…。残念ながら、今回は姿を見せず…。2本目は、北側からのエントリー。サンゴ礁に群がる、群れや、カラフルなチョウチョウウオを楽しみながら、マンタを待つが…。結局今回はアウト…。
3本目は場所を移して、タチャイ島へ。ツインピークス。流れは速い。最初に迎えてくれたのは、ツバメウオの群れ。
tsubamemure.jpg
そして、頑張って潮上に出ると、イエローバックフュージラー、メニーラインドフュージラーが壁を成し、
大型のロウニンアジ、カスミアジが捕食に訪れる。
rouninkasumitachai.jpg
そして、姿を現したのは、何百匹というバラクーダーの大群!!これは凄い!!
barakudataigun1.jpg
barakudataigun2.jpg
4本目も同じく、潮の流れが速かったが、群れが根の上に塊をなし、
gurukunmure.jpg
ロウニンアジを間近に見る。
tachairounin.jpg
バラクーダーの大群も再登場!
2日目。1本目は、スリン諸島、トリンラピナクル。透明度は25mと抜けている。各個体1mを超す、カンムリブダイの群れが登場!
kanumurimure.jpg
そして、外れの方では、ツバメウオの100匹近い群れ!
2本目~4本目はリチェリューロック。透明度はまずまず、ただ流れが速い。タイガーテールシーホースは健在。
tigertailricheliu.jpg
コブシメにも遭遇。潮上にはバラクーダー、そして、何千というイエローバンドフュージラーやクマザサハナムロの群れ。
gurukunkabe.jpg
そして、それらを狙う1mもの大型のカマスサワラ!根にはキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ニセクロホシフエダイがぐっちゃりと群れる。
kinsenmure.jpg
hosofuedaimure.jpg
ジンベエは出そうであったが…。
最終日は最後に大物(マンタ)狙いで、ボン島へ。魚影はなかなか濃かったが、マンタは現れず…。最後に1mものナポレオンが2匹登場!
bonnapoleon.jpg

皆様3泊4日のクルーズお疲れ様でした!マンタ、ジンベエは外しましたが、半端でない魚影の群れ、バラクーダーの大群、カンムリブダイの群れなど楽しんでいただけたでしょうか?
タイ在住者の皆さん、来シーズンは10月のタイの連休、ヒンデーン・ヒンムアンクルーズでお待ちしています。
そして、今回無事300本を迎えられた、大竹さん、高阪さん、フォトコン優勝の亜由美ちゃんおめでとうございます!
kosaka300.jpg

by Higashi
photo by Mr.Kosaka
2012.04.19 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。