上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2月8日夜22時。空港より全員到着。お客様総勢22名。ガイドは、ediveスタッフ、Higashi, Aki, Ebiと、タイ人ガイド、Buyさんの4人。まずは一路リチェリューロックへ。
早朝6時のブリーフィング。まだ皆さん、眠いですね…。朝1本目。リチェリューロック7時のエントリー。透明度もよく、気持ちが良い。タイガーテールシーホース、トマトアネモネフィッシュ、フリソデエビ、ゴーストパイプフィッシュなど珍種を観察。中層には多くのイエローダッシュフュージラー、そして、それらを狙う大型カマスサワラ!
2本目はワイド狙い。根にはキンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイの大群!中層にはイエローダッシュフュージラー、クマザサハナムロなどの群れのシャワー、そして、それらを狙うロウニンアジや、カマスサワラ。そして、時々走り抜けるスマカツオ、オニアジ、マブタシマアジの群れ。水面近くにはブラックフィンバラクーダーの群れ!
_DSC2231.jpg
リチェリューロックでのダイビング終了後は、本日はダイビング終了。昼間からデッキで飲む生ビールの味は格別!
昼寝をしたり、映画を見たり、本を読んだり、日光浴をしたり…、各々思い思いのまま時間をすごした後、夕方、タイ国境の町ラノーンに到着。出国手続きの後は、ついにミャンマーに到着。入国手続きの後は、一晩かけて、最初のポイント、ウエスタンロッキーへ。
2日目1本目。ウエスタンロッキー。透明度はまずまずいい。20mは抜けている。最初は大きなケーブへ。洞窟に入ると外から入ってくる光が幻想的な雰囲気をかもし出す。
_DSC2269.jpg
洞窟の中には、トマリヒイロテンジクダイ、ハタンポなど。カノコイセエビも沢山いる。洞窟を抜けると、壁面一杯に拡がるソフトコーラル。そして、そのソフトコーラルに群れるイエローダッシュフュージラー。華やかなポイントである。
_DSC2235.jpg
2本目は場所を少し移動して、シーファンフォレストへ。流れは少しある。根にはその名の通り、大型のウミウチワがびっしり。
_DSC2299.jpg
流れの先には、小魚が群れ、ツムブリ、マテアジなどの群れが捕食!
3本目もシーファンフォレスト。今度は反対側から攻めると、2mほどのトラフザメに遭遇!!根の上には大型のコブシメのペア。交接の後、産卵へ。
4本目は、夕方のウエスタンロッキー。今度は一番北の根を攻める。潮上には、バラクーダーの大群。そして、キンセンフエダイの群れ。しばらくその群れの中にいると、今度はツムブリの100匹以上の群れが訪れる!そして、その先には1m近いイソマグロだ!!それもその数は30匹以上いる。ツムブリとイソマグロの大きな群れの捕食合戦!根には美しいマッコスカーズラスがその鰭を広げる。
_DSC0039.jpg
その後船は一気に北上。翌朝1本目はタワーロックの南、リトルトレス。エントリーすると、クマザサハナムロ、イエローバックフュージラー、ジャイアントフュージラーの群れ。オオモンカエルアンコウも発見。
2本目。いよいよ今回のメインイベント、タワーロック。エントリー前からモブラが水面を跳ねる!モブラの群れに出会えるか!?いざエントリー!透明度はかなり悪い。5mぐらいだろうか…。が、エントリー後すぐにモブラを発見!1匹、2匹、3匹…。そして、10匹ほどの群れ!そして、次から次から出てくる。群れは30匹以上はいただろうか。
_DSC2387.jpg
さて、水面休息の間、島から離れて、どこへ行くかと思えば、漁船に接近。ディンギーボートで漁船に乗り込み、魚、イセエビ、カニなどとタイウイスキーなどと物々交換。安いタイウイスキーでこれだけのシーフードが手に入るなんて、なんてお得なんだ。
2.8
3本目。同じく透明度が悪い。場所を変えて、岸の方へ。すると根の上をモブラが何十匹もホバーリング!見ると根の上のオトメベラがモブラをクリーニング。ここは一時的なクリーニングステーションになっていたようだ。根からモブラが去った後も、その根の上で待っていると、モブラの群れが前から後ろから、右から左から、何度も何度もやってくる。
_DSC2406.jpg
時々はぐれモブラも大接近!
_DSC2407.jpg
4本目。夕方のタワーロック。透明度はいっそう悪くなる。が、モブラの群れは健在!今度は動きが早い!ちょっと追いつかないが、何度も何度も群れが通り過ぎる。
この日の夜は船上でBBQパーティー。豚、牛、鳥の他、新鮮なカニ、イカ、魚のBBQと生ビール、ワインで乾杯!
2.8
2.8
ダイビング4日目は有名なポイント、ブラックロック。透明度はかなりいい!30mぐらいは抜けているだろうか。深場の砂地には、スジクロユリハゼ、そしてマッコスカーズラス畑。根に入ると、美しいソフトコーラルと、ウミウチワ、そして、そこには、何千匹もの魚が群れ、ツムブリ、イソマグロなどが捕食に突っ込んでくる!
_DSC2442.jpg
安全停止の時には、コブシメの交接に遭遇。
2本目は、流れが速い。流れの先には何千匹もの魚が群れ、ツムブリ、イソマグロが捕食をしているが、今度は島の裏側へ。が、そこにもジャイアントフュージラーの群れ。そして、至る所に拡がるイソギンチャクと、マッコスカーズラス。
3本目。少し濁ってきたが、魚影は濃くなってきた。ヒラマサの群れや、スマカツオの群れが中層を走る。ツムブリやマテアジの捕食活動も活発になってきた。ゴシキエビ、タテジマキンチャクダイの幼魚、美しいウミウシ類なども発見。
4本目は、ブラックロックでのナイトダイビング。ソフトコーラルが光に照らされ、美しい。トサカには、ソフトコーラルクラブが至る所に。
_DSC0067.jpg
様々な種類の甲殻類。そして、壁一面に花咲く美しいイボヤギが圧巻!
最終日。当初予定していたシャークケーブを取りやめ、最後の大物チャンスを求め、1本目シーファンフォレスト。透明度は前回よりかなり落ちた。10mはない。が、大物の気配…。流れの先の方へ行くと、来た!マンタだ!4m超の大型マンタが大接近!
_DSC0025.jpg
われわれの目の前に来て、そのまま反対側へ颯爽と泳ぎ去っていく。流れの上手で魚の群れ、捕食の観察後は、南側のソフトコーラル群生地で浮上。
そして、最後のダイビング。ウエスタンロッキー。シノノメサカタザメを求めて東の根へ。透明度は落ちている。流れの先にはツムブリの群れ。流れが強かったので、潮下へ。コブシメ、ムスジコショウダイの幼魚などを発見。
そして、本日のダイビング終了。ミャンマー海域に浮かぶ島々を見ながら、生ビールでお疲れ様の乾杯!昼食の後、昼寝、映画などで時間を過ごし、夕方ミャンマー国境の町へ上陸。活気ある国境の町。そして、ミャンマーのお寺を観光。タイとは違う化粧を施した仏様に手を合わせ、仏塔の前で記念撮影。
2.8
そして、最後の夜。いつもは9時ぐらいに就寝していたメンバーとお酒を飲みながら、今回の海や次の海の計画などで深夜まで盛り上がりました。
今回このミャンマークルーズで無事500本を迎えたハルさん、マミーおめでとうございます!そして、誕生日を迎えたビッキー、おめでとう!!
2.8

写真協力:もりぐっちゃん
文:Higashi
2012.02.15 Wed l ミャンマー2012 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。