上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1月22日~26日クルーズ報告(アンスマリン号)

mure 4 ito


今回のクルーズ参加メンバーは柘植さん率いる総勢12名の愉快で素敵なダイバーの皆様。スタッフはHIGASHI、SHINYA、SAORI。狙うはただ一つ!ジのつく大物か…。

まずは、一晩、海の上をひとっ走りして、辿り着いたのは美しいサンゴ礁の島、スリン、トリンラ島。朝焼けの光が眩しく入り込み、浅場のエダサンゴが映えわたる。サンゴ上では、スズメダイ、フュージラー、アカカククリの群れが大行進。

surin ito


2本目からは、お待ちかねのリチェリューロック。狙いはもちろん巨大ザメ。透明度は悪くない。根を覆い尽くす程の小魚の大群。中層ではイエローバンドフュージラーがカーテンを作り出し、グルクマが大きな口を開けて泳ぎ回る。そして、小魚の群れに盛んに攻撃をしかけるのは、60cm程の大きさのコガネシマアジの編隊!koganeshimaaji tsuge
大型カマスサワラ!小魚の群れはその形を大きく変えて捕食者の攻撃をかわそうと試みる。kozakana mure tsuge
次々に広げられる捕食合戦!タイガーテールシーホース、フリソデエビなどのレア物も健在。furisode tsuge
大きなコブシメも3匹発見。kobushime ito
水面近くには、大型バラクーダーの群れに大接近。barakuda tsuge
残念ながら、巨大ザメは現れなかったが、ダイナミックなリチェリューロックを大満喫。

リチェリューロックを後にして訪れたのは、タチャイ島、ツインピークス。潮は若干流れている。が、エントリーと同時に覆い尽くしてきたのはグルクンの大群!これでもかというぐらいに押し寄せてくる。目の前は魚の壁!壁!何万匹ものグルクンに囲まれ、魚で前が見えない。mure 1 ito
これ程の魚の群れに囲まれたのは、何年ぶりだろう…。またグルクンの群れに突っ込んでくる大型カスミアジの編隊、ニジョウサバの大群が、さらに迫力を増す。水底には、大きなジェンキンスレイも発見。jenkins ito
ロープにつかまって安全停止をしていると、1m近いサバヒーの大群が目の前を交差!

タチャイ島の後は、ボン島へ。エントリーしてしばらくすると、トラフザメを発見。静かにお昼寝中。torahu ito
ゆっくりとドリフトしていくと、スカシテンジクダイの群れの中を、アミメフエダイ、クロコショウダイ、カスミアジ、ツムブリなど様々な捕食者たちが突撃を繰り返す。そして、しばらくすると中層から大きな口を開けて、正面から現れたのは、4m近いマンタ!!manta 1 tsuge
ゆっくりと我々の周りを旋回し、優雅に立ち去っていく。manta 2 tsuge


午後はシミランへ入り、スリーツリーズの美しいサンゴ礁の上をゆっくりとドリフトダイブ。three trees ito
途中バラクーダーの群れや、大型イソマグロにも遭遇。夕方は、アニタズリーフ裏の像巡りをしながら、癒しのダイブ。bonita ito


最終日、アニタズリーフ。所々に点在する美しい根を回遊していくと、砂地にトラフザメ、ヤッコエイなどを発見。2本目は、イーストオブエデンでゆっくりとソフトコーラルの根を観察。anita ito


夜は毎晩大宴会。今回クルーズで飲んだワイン23本!(下船後の打ち上げでプラス7本!)美味しいおつまみとお酒有難うございました。そして、今回のクルーズ参加有難うございました。皆様お疲れ様でした。surin yuuhi tsuge


天候:快晴!
風:北風。2日目より少し強し。
波高:±1m。2日目よりリチェリュー、タチャイで波高し。
気温:33℃前後 
水温:±28℃ 
透明度:15~25m。シミランは少し濁る。
記念ダイブ:金子さん、200本!おめでとうございます!200hon ito


script by higashi
photo by mr. tsuge & mr. ito
2008.01.28 Mon l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
G様を出さずとも超満足させるアンダマン海!懐が広~い広~~~い(^o^)。

スタッフ&クルーにありがとう!そしてお疲れさまでした。
2008.01.30 Wed l noel. URL l 編集
アンダマン海の魅力!!
G様のみならず、様々な生き物がチャンプルーするこの海!!この舞台で仕事出来てる自分達に誇りを持ち、この先も様々なゲストのニーズに応えたいと思います。
ありがとうございました(^^)v
2008.02.02 Sat l SHINYA. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.02.12 Tue l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ecruise.blog20.fc2.com/tb.php/19-ca0e94bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。