上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

豪華クルーズ船、パヌニー号、今シーズン初登場のクルーズです!
お客様は総勢16名!最終便でのお客様の到着後に、一気に北上!一路リチェリューロックへと向かいます。
リチェリューロック1本目。波高1m近く。波の中、ディンギーボートに乗り換えて、エントリー。激流!が、流れの先には、バラクーダーの群れ、そして、数え切れないほどのイエローバンドフュージラーなどの小魚の群れ!群れ!そして、そこに突撃する1m強の大型カマスサワラ!群れはカマスの突撃を避けようと砕け散る!
更に、ロウニンアジが群れで捕食攻撃!エギジット直前には、コブシメの交尾と遭遇。コブシメは50cmオーバーの大型。オスが別のオスに大きな足を広げて威嚇。
2本目は、流れを避けて、北側に。深場には、タイガーテールシーホース、そして、10cmほどのゴーストパイプフィッシュ。さっき見たコブシメは今度は産卵中。
3本目は、キンセンフエダイの大きな群れ、そして、ブラックフィンバラクーダー、ピックハンドルバラクーダーなどなどを観察。
4本目は、タチャイ島へ移動。激流の中、大型ホシカイワリの群れ、大型イソマグロの20匹以上の群れなどを観察。
この日はクリスマスパーティーをする予定だったが、生憎の波による船の揺れの為、延期。
2日目は、タチャイ島からスタート。エントリーと共にまたも激流。が、その流れの先には、イエローバックフュージラー、クマザサハナムロが大群を成し、カスミアジの編隊、ロウニンアジが捕食の追い討ちをかける。
2本目は、まだ流れの速さが収まらないので、タチャイ島リーフで潜る。イエローバックフュージラー、クマザサハナムロの群れ。そして、そこにも大型ホシカイワリ、ロウニンアジ、カスミアジが捕食に訪れる。流れは速いがドリフトダイビングを楽しむ。
3本目。ボン島、ウエストリッジ。流れは止まっている。リッジの先には、スカシテンジクダイが大きく群れ、そこにツムブリが襲い掛かる。
4本目。今度はボン島ノースで潜る。ゆっくりとドリフトダイビングをする。残念ながら、マンタは出ず。
その後、船はシミラン諸島へ移動。移動中、船は残念ながら揺れた為、やはりダウンした人々が…。残念ながら、クリスマスパーティーはまた延期…。
3日目、1本目、シミラン諸島№9、クリスマスポイント。流れは速い。イエローバックフュージラーの群れ、そして、カスミアジの群れ。
2本目、同じく、シミラン諸島№9、スリーツリーズ。砂地ではジョーフィッシュが飛び出し、オーロラパートナーゴビーがホバーリング。美しいソフトコーラルの根をホッピングして、最後は、リーフへ。エバンズアンティアスなどの群れが美しい。
3本目、シミラン諸島、エレファントヘッドロック。流れの先には、ムレハタタテダイ、イエローバックフュージラー、クマザサハナムロが大群を成し、そこをイソマグロ、ロウニンアジ、カスミアジが突入する。
4本目、シミラン諸島№8、ドナルドダッグベイでナイトダイビング。ソフトコーラルクラブなど、エビカニが多い。
最終日。シミラン諸島№7、ウエストオブエデンからスタート。ハナヒゲウツボ、アケボノハゼ、カエルアンコウなどなど。但し、激流の為、あまりゆっくり観察できなかったのが残念…。
2本目は、アニタズリーフ。流れもゆるやかになったので、ゆっくりとソフトコーラルの根を観察。途中イエローバックフュージラーが川のように流れる。クダゴンベ、オーロラゴビーなどもゆっくり観察。
3本目。シャークフィンリーフ。巨岩に沿ってダイビング。大物が出そうな雰囲気ではあったが。。。
4本目。最後は、アニタズリーフ裏、モニュメントバレーでのダイビング。流れもなく、ゆっくりと癒しのダイビング。今回初の母船からのエントリー&エギジット。
夜は、やっとクリスマスパーティーを開けました。



2011.12.29 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。