上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
12月9日~12日クルーズ報告

今回は、大物狙いのボン島、タチャイ島、リチェリューロッククルーズ。大物を狙う3泊のショートクルーズ。参加者の皆様は2名の日本から参加のお客様と7名のバンコク在住のお客様。
最終便のお客様の到着を待って、出港。まずは、ボン島まで。
天気は快晴。まずは、ボン島、ウエストリッジ。リッジの湾寄りで入る。透明度はかなりいい!南側では30mは抜けているだろうか。ゆっくりとした流れの中、心地良いドリフトダイブで流していくと、途中、根は、見事にスカシテンジクダイで覆われている。そこに、ツムブリの群れが突撃!大捕食大会。そして、リッジの先、キンセンフエダイが大きな群れを成し、イエローバックフュージラー、クマザサハナムロの大群が流れ出し、100匹以上はあろうかと思われるカスミアジの大群が登場!そして、そのままリッジを回り込み、サンゴ礁の上に行くと、スズメダイ、エバンズアンティアスの群れに癒される。
2本目は、ボン島ノースから入る。ここのキャベツコーラルはシミランを襲った白化現象の影響を受けず、生き生きとしている。その根の上をキンセンフエダイ、アカヒメジなどが群れ、何メートルにわたって、スカシテンジクダイが覆いかぶさり、まるで絨毯のよう。その群れの中に、ツムブリの群れが狂った様に襲い掛かる!しばし、そのダイナミックな捕食活動を観察していると、北の方から、大きな黒い影!!マンタだ!!体幅3mほどのマンタが颯爽と登場!スーッと通り過ぎただけであったが、今シーズン初マンタ!その優雅に泳ぐ姿はしっかりと心に焼きついた。
manta a
そして、船は一路、タチャイ島へ。途中イルカの群れに遭遇!イルカが数十頭水面からジャンプ!ジャンプ!ショーを展開!!
そして、到着。潜るは、もちろんツインピークス。流れはあるがそれほど強くない。透明度も20mオーバー。潜行と同時に、ブラックフィンバラクーダーの100匹ぐらいの群れ。ロープには、ツバメウオ。根にたどりつくと、イエローバックフュージラー、クマザサハナムロ、イエローダッシュフュージラーの大群が押し寄せてくる。そして、巨岩には小魚が大きな形を成し、そこをツムブリやマテアジが襲いかかる。そして、流れの先に行くと、カスミアジの編隊、20匹以上のロウニンアジ!そして、1.5mはある大型のナポレオンフィッシュ!しばし観察していると、小魚の群れに、ナポレオンが突入し、そこを10匹ほどのロウニンアジがトルネードをなして、突撃!大迫力の捕食シーン!
4本目も同じくタチャイ島ツインピークス。夕方5時に入る。捕食活動はさっきのダイビングよりも活発である。小魚の群れに向かって、マテアジ、ツムブリ、カスミアジ、ロウニンアジが襲いかかる。
翌朝早朝。船はリチェリューロックへ。波が高い。船は揺れて、到着。さすがに高波のせいか、船は我々を除き、一艘しか来ていない。ダイビングは独占状態。エントリーすると、透明度はよくない。が、夥しい数の魚の数。半端ではない魚影!魚の群れで視界は遮られ、その先は見えない。イエローバンドフュージラー、クマザサハナムロ、その他数多くの小魚の群れに、1mほどの大型のカマスサワラが何匹も捕食に訪れる。根を回り込むと、今度はブラックフィンバラクーダーの群れ、そして、深場には、大型のピックハンドルバラクーダーの群れ!
キンセンフエダイの大群。そして、可愛らしいニシキフウライウオも発見!
2本目も同じくリチェリューロック。魚の群れを楽しんだ後、さらに根の北側に行くと、ニセクロホシフエダイ、アミメフエダイなどの肉食系フエダイが、根を覆うスカシテンジクダイ、バラクーダーの幼魚の群れに捕食攻撃をしかける。
中層に目をやると、グルクマ、オニアジなどの光物の大群が横切る。
リチェリューロックの高波が収まる気配がなかったため、午後は予定を変更して、タチャイ島ツインピークスへ。
今度は群れが根から離れていたので、中層へ。すると、今度は300匹は越えているかと思われるブラックフィンバラクーダーの大群!イエローバックフュージラーや、クマザサハナムロの群れ、カスミアジ、ロウニンアジも健在だ。
4本目は、ボン島の湾内。透明度もよく、根に群れるスカシテンジクダイに突っ込むツムブリの群れ、そして、可愛らしいツバメウオの若魚が人懐っこく、我々に付きまとう。
最終日。ボン島リッジからノースへドリフトダイビング。透明度もいい。ゆっくりと流していくと、今度はブラックマンタが登場!
manta
前日見たマンタよりも一回り大きい!颯爽とその姿を我々の前に現したのであった。今回のクルーズの締めにふさわしいダイビングであった。

天候:毎日快晴。風強し。
波高:ボン島南側ベタ凪ぎ。北側30cm程度。タチャイ島50cm程度。リチェリューロック1mオーバー(波高し。エントリー、エギジット要注意でした)
流れ:程よい強さの流れ。
透明度:ボン島南側30m。タチャイ島20m。リチェリュー10m。


by higashi
(写真は過去の写真から借用しました)
2011.12.13 Tue l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。