上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちはー!
4月12日~17日までソンクランクルーズ行ってきました!ロングクルーズ!!
今回のクルーズは、ゲスト10名 スタッフ6名kyo emi tomo saori koji ryuです。あと、kazueさんとcomomoちゃんもね!

ソンクラーン (ソンクラン) とはタイにおける旧正月のことであり、タイにおける旧暦の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。
また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーン(ソンクラーン期間)と呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがある。
もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。水掛け祭りという言い方もする事がある。

以上、ウィキペディア参照

簡単に言うと、いい大人が水を掛け合ってはしゃぐっていうことですね...
はい!それではダイビングの方へいきたいと思います。

今回のクルーズは天候にも恵まれ、ほとんど快晴!!そして波も無し!!流れも気にならない程度!!
まさに海日和!

ダイビングはシミランスタート!!


1日目
DIVE1 アニタズリーフ
DIVE2 ボルダーシティ 
DIVE3 ウエストオブエデン 
DIVE4 エレファントヘットロック


1本目アニタズリーフ
ゆるい流れでチェックダイブ!砂地でまったりのんびりダイビング!
オーロラシュリンプゴビーやアンダマンジョーフィッシュなどが砂地で待ち構えてる。
画像 014
オーロラシュリンプゴビー
画像 033
アンダマンジョーフィッシュ

2本目ボルダーシティ
このポイントはシャークフィンリーフの直ぐ側で、岩や地形がメインのポイント!
普段は海のコンディションが整った時しか潜れない所。
特徴はでかいウミウチハがたくさんある。
画像 004

画像 006


3本目ウエストオブエデン
エントリーしたら少し流れてる。。。しかも透明度が悪い。。。
でも、カスミアジやロウニンアジがチョロチョロ。


4本目エレファントヘットロック
2本目、3本目に続いて岩場ポイント3連発!
最近、このポイントはウミガメが棲みついていて3匹くらいはいます。
4本目になると魚たちの捕食が多く見れます。


2日目
DIVE1 スリーツリー
DIVE2 ボン島 ウエストリッジ
DIVE3 ボン島 ピナクル
DIVE4 タチャイ ツインピークス

2日目は移動日!シミランで1本潜った後ボン島~タチャイ島へ移動!

1本目スリーツリー
前回の海が荒れ狂ったクルーズの影響か?リーフ内にあった大きな流木が砂地の方まで移動してた!!
魚は砂地にオーロラやブラックシュリンプ、アンダマンジョーがすごかった!そこらじゅうでボコボコ出てました。中層はイソマグロやフュージュラー系がささーっと通っていました。
そして、ダイビングの終盤にはリーフと砂地の境にいました!!!レオパードシャーク!!
画像 013
画像 032



2本目ボン島 ウエストリッジ
いざ!マンタを見に行こう!!と、意気込んで行ったものの。。。
あれ???いないぞ??前日は出でいたのに!!何処へ行ったのか。。。
画像 035
アケボノハゼ
Kyоさんに〔お前らちょっとピナクル調査してこいよ〕と言われ3本目の前に調査しに行ってきました。
情報によるとウエストリッジにいない時は、ピナクルにいるという不完全な情報を元に。。。

3本目ボン島 ピナクル
このポイントはボン島から沖に200mくらいいった所にあるトップが水深16mくらいの離れ根。
ここも海況が整わないとあまり潜らないポイント。
エントリーして直ぐに、マダラトビエイが出現!!あっという間に行ってしまいましたが、久しぶりに見ました!
他にもカスミアジやロウニンアジがいたり、まとまりの無いムレハタタテダイやツバメウオとアカククリの群れを見ることができました。
んー、マンタは何処へ。。。
画像 036
ツバメウオ

4本目タチャイ ツインピークス
少し流れていましたが、ロウニンアジやギンガメアジのカップル、ブラックフィンバラクーダ、フュージュラー系の群れを岩につかまったりして見ていました!



3日目
DIVE1 リチェリューロック
DIVE2 リチェリューロック
DIVE3 リチェリューロック
DIVE4 リチェリューロック

3日目は、リチェリューDAY!!!
1日中リチェリューロックにいました。もちろんアイツが来ることを願って。。。
水中は魚も多く、いい感じに濁っていました。
画像 020
アカオビハナダイ
画像 022
マッコスカーズラス
画像 030
ハナダイギンポ
画像 042
アンダマンウバウオ
画像 038
フリソデエビ
画像 037
トマトクマノミyg
画像 016
ピックハンドルバラクーダ
画像 017
キンセンフエダイ


3日目の夜はスリンで停泊。


4日目
DIVE1 トリンラ島 ピナクル 
DIVE2 チー島 
DIVE3 リチェリューロック  
DIVE4 リチェリューロック

1本目はスリン諸島 トリンラ島 ピナクル
ediveで閉鎖になる前まではよく潜っていたトリンラリーフから少し離れているポイント。
海底に細長い根があって周りは砂地に囲まれている優しい所。
魚は少なかったが、でっかいナポレオンがいたり多分ホワイトチップであろう魚影を確認しました。


2本目はスリン諸島 チー島
島沿いのポイントでした。浅瀬の珊瑚はダメージを受けてかなりやられていました。
砂地に下りてヒレナガネジリンボウなどの観察をした後、砂地とリーフの際を流していると、またマダラトビエイが!!!今度は物凄い速さで去っていきました。写真は撮れず。。。
画像 040
ヒレナガネジリンボウ

このスリンからリチェリューロックへ移動する最中に出ました!!!
今シーズン初の  ク ジ ラ !!
船長のサービスでクジラの後を追ってくれました!
何度も何度も水面に背中を出してエアーを充填!!
多分2~3頭はいたのではないかと。。。
クジラを見つけた時、Tッキーの〔何じゃ!こりゃー!!〕は松田優作を彷彿させる迫力でしたね!
※写真がないのが残念。。。

3本目、4本目はまたまたリチェリュー!!!
クジラを見て気分があがった勢いでアイツも出ないかなー?
なんて期待しつつダイビングしました。
水中は非常に魚も多く、他のダイバーも少なかったので快適でした。


 
最終日
DIVE  ブンスンレック
最後は沈船!!ここはなんと言っても魚が多い!!
ギンガメ、キンセンフエダイの群れは圧倒される!!
砂地はシミランほど白く綺麗では無いが、ediveが潜るポイントの中で一番魚影が濃いのではないかと思う。
画像 046
ブラックシュリンプゴビー 黄化固体
画像 044
ギンガメアジ
画像 045






このクルーズで見事オープンウォーターを取得したIッチーおめでとうございます!!
写真

写真は講習中の様子
2



そして、今回のフォトコン優勝者 浅古さん おめでとうございます!
画像 043
題名 僕、ひきこもり中


写真提供者
Tッキー&浅古さん

皆さん、今回ソンクランクルーズ参加頂きありがとうございました!!
天候にも海況にも恵まれとても楽しいクルーズとなりました。
また皆さんのご参加お待ちしています!

by KOJI
2011.04.18 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。