上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今回は和歌山・串本より南紀シーマンズクラブさんのチャータークルーズ。
1

関西を中心とした和歌山の海を愛する皆様と爽やかなスタッフ。KYO,AKI,EBI、そしてEMIで4泊5日クルーズがスタート。
南紀シーマンズクラブさん、EMIツアーで毎年お世話になっているショップさんで、串本の海を知り尽くしたガイド陣、バブルリンガー講習もされているスタッフ、手品師のスタッフ・・・いやはや、すごいお店がediveに来てくださいました。

深夜便で関空からお越しの皆様、ほとんど眠らずに午前中にカオラック着。
そのあとは打ち上げではないですが・・・宴会をカオラックのレストランで船が出航する時間までえんやわんやにぎやかです。
楽しいクルーズになりそうな予感。

で・・・夕方に乗り込んだ皆様、宴会は続行です。このパワーいつまでつづくのか・・・21時まで続きました。
さすがにほとんど眠っていらっしゃらないですからね、翌日からのダイビングのことも考えて就寝です。

2月27日 
Dive1~4 リチェリューロック
透明度15m-20m
水温28度
流れ少々
天気晴れ

早速やってきたのはリチェリューロック!!
攻めます!
あてます!!!
深場にはピックハンドルバラクーだーの群れ、頭上にはブラックフィンバラクーダー。
3
たくさんのキンセンフエダイの群れはリチェリューロックの名物のひとつでもあると思います。
黄色い魚たちが一気に動きます。
8

美しい光景にしばし見惚れます。

小物たちもそれぞれ元気。
タイガーテールシーホースも赤ちゃん、大人、色も黄色や黒いのもおりました。
6
今回はリチェリューロックに集結しているクルーズ船とは時間をずらしてのエントリー(ラスト一本はナイト)にしたので、水中も混んでいません。
最近かわいい赤ちゃんがいるフリソデエビ、成長中のゴーストパイプ、クリーナーパイプフィッシュも今シーズンは大人も子供もあっちこっちにおります。
5
7

トマト、トマト。
4

これは人気がありました!

4本目はナイト。
私もリチェリューでナイトをするのは実は二度目。
数年前・・・4~5年前の穏やかな夜に行って以来。
今回のトリップは大変お天気もよくべたなぎだったので久々にやることに!
日が暮れてからチャプン。
ガンガゼ、それはそれはワサワサでてきてくれます。
注意をはらいながら、海老の観察。
ナイトゴーストパイプ。ふーぅぅらふぅーら。これこそニシキフウライウオのとおり。
ねてるんかな・・・。どこからかブダイもちゃっかり寝床を岩の隙間に発見。
そりゃおるわおるは、海老蟹だらけ。
スザクサラサエビはもちろんのこと、体の大きいメスが小さいオスたちに指令を与えています。今夜の指令はなんでしょう・・・。
フシウデサンゴモエビ、ツノガニが一生懸命トサカを頭にくっつけてカモフラージュ、珍しいのではイソコンペイトウガニを発見!うむぅ~美しい。
9
そのほかヒトデヤドリエビ、ガンガゼカクレエビなどなど。。。
10
あっという間のナイトダイブになりました。
このダイビングで700本記念のなっちゃんおめでとうございます!
2


3月28日
Dive1、2 タチャイ島 ツインピークス
Dive3,4 ボン島ノース
お天気 曇り
水温28度
流れ 少々(ボン島4本目はかなりあり)

この日は大物Day♪
狙います!

昨日デイトリップにいったKOJIからの情報ではマンタをタチャイ島でゲット!!と聞いていたので、きっときてくれるはず!!
はいってみると・・・うん?透明度が悪いなぁぁ・・・
15mほど。
なんかプランクトンの死骸らしきものもけっこうある。
だけど、魚は多し。
イエローバックの群れがざざーーーっとやってくる。
23

ツムブリもやってくる。
あがってみたら、クルーのヨーイが
「マンタおったで(タイ語)」
船が待機しているところでマンタが水面で跳ねたそうな・・・。
悔しそうなKYO氏以下スタッフ一同。
それならば、もう一回!!と心機一転。
・・・その前にタチャイ島のビーチに上陸です。
12
皆さん真っ白い砂地に感動。
ここのビーチ実は穴場です。
13
14
シミランはなんたってハイシーズン真っ盛り。
昼前には人がたくさんですが、こちらタチャイ島は静かなものです。
15
シュノーケルしたり散策したり、ジャンプしたり・・・楽しんでもらえました。
16
17
18
19

心機一転した我々は
二本目もツインピークスでエントリー!!
入る前に他のショップさんから「マンタいます!」なんて教えてもらったりしたもんだから、ダイビングデッキは大興奮!
急いで準備してどぼーーーん。

はい。

おりましたーーーー!!!!!!
22


あがってからゲストの一言。
「でかいです!!!」
そしてそのマンタダイブが記念ダイブとなったゆうこりん、200本おめでとうございました!
11


さぁ、どんどん南下です。

行き先はボン島。
透明度・・・あかん悪い。
15m。
同じく浮遊物あり。
サーモクラインがはいってくるので、冷たい水が珊瑚をあらってくれているようでそれはとても嬉しいんだけど・・・透明度は悪いです。
しかーーーし!
こちらでもマンタ大爆発。
26
いったい何枚いたんだろ?
5枚?6枚??
大きな大きなマンタがあっちやこっちに。
27
タチャイ島でみたマンタよりも大きな大きなマンタです。

4本目では大きなコバンザメをつけたマンタも参上!
マンタダイブで記念ダイブだったゆかちゃん、百王!おめでとうございます!!!
20
21


そして・・・この日の夜は
南紀シーマンズクラブスタッフ、ポールこと、小林さんによる手品ショウ!
ちゃんとスーツも持参されてらっしゃいました。
29
プロのマジシャンでもあるので、技はすごい!!!!につきます。
30

魔法が目の前でどんどん繰り広げられゲストもediveスタッフも大喜び!
31

たぶん・・・私が知っているかぎりでは、マジックショーはediveでははじめてだったんじゃないかな?
せっかくなのでediveスタッフとポールさんで記念撮影♪
32
本当に楽しい時間をありがとうございました!
33


どんどん皆さんの輪が広がって行った夜でした!
24

そうそう、疲れた体にはマッサージ♪
今回は特別にマッサージ師さんを南紀シーマンズクラブさんのリクエストできてもらいました。
※普段のクルーズには乗船しておりませんのであしからず!
28

3月1日
Dive1 スリーツリーズ
Dive2 エレファントヘッドロック
Dive3 アニタズリーフ
Dive4 モニュメントバレイ

今日が最終日。
南下してシミランへやってきました!
透明度15mほど
流れ ポイントによりまあまあ
水温28度
お天気 晴れ
一本目はスリーツリーズから。
キヘリモンガラがいっぱい巣穴を作っています。
ブリーフィングで注意をしてくださいといってたけど、なぜかキヘリモンガラに興味津々の人もちらほら。
気をつけてくださいね。
砂地にはオーロラパートナーゴビー、ヒレナガネジリンボ、アンダマンジョーフィッシュ。
34
スカシテンジクダイの群れの中にはバラクーダーの幼魚がまじっています。
「はんぱないっす!」
南紀シーマンズクラブさんの上田スタッフ、興奮気味にエキジットしてきての一言。
はい、はんぱないっす!群れ。
もっとこれから増えるんですよぉ~。
もっともっとね!
最後にはタイマイが二匹。
42

必死にお食事中でした!


二本目はエレファント。
今シーズンは個体数が少ないけどアケボノハゼゲット。
35
ひょこひょこ綺麗です。
マッコスカーズラスもヒレを広げてアピール中。
ふいと目をやるとホシテンスモドキの幼魚。この子、だいぶ成長してきました。
こちらのクマノミさんも大人気ですね。
36


そのほかにアンダマン海ならではの固有種、アンダマンダムゼル畑へ。
きらきら美しい青です。

三本目(ラスト2本)
アニタズリーフ。
串本にはいないガーデンイール系を観察。
39
スパゲティーイールにチンアナゴ。
なんだかみたことないウミウシも発見。
オーロラパートナゴビーやブラックシュリンプゴビーも。
40
41
さすがマクロハンター岩崎さん(南紀シーマンズクラブスタッフ)
ハナダイギンポに、アカシマシラヒゲエビがタテジマキンチャクダイをクリーニング。
きれいきれいにしてもらいなぁ~(*^ー゚)v

水面休息ではまたまた上陸!
37

38
なんでかドナルドダックベイに・・・と思い込んでいた南紀シーマンズクラブの皆様。
登頂してから・・・EBI隊長の一言。
「ここドナルドダックベイちゃいますよぉーー」
これには一同びっくり!

でも、こんなきれいな景色がみれました♪



四本目はラストダイブです。
記念ダイブのゆきねぇ~おめでとうございます!
43

ラストダイブは全員で!
水面輪を作りました。
ブリーフィングで私が
「いいですか、皆さん。しっかり肩を組んで、足の先まで神経をいかせてぴーーーんときれいに大股ですよ!!!流れがありますから、全員が入水するまではロープをもっていてくださいね」

はい。
すごい流れあり。
水面が。

南紀シーマンズクラブスタッフ上田君が水底にいって待ち構えます。
もちろんバブルリングを作りながら・・・
南紀シーマンズクラブの岩崎さんは某ナイトスクープにも「バブルリングを作る」という依頼で出演したこともあるバブルリングの名手。
ものすごい上手です。
リングの幅をかえたり、バブルリングで五輪マークを作ったり、水底ぎりぎりでやると思っていましたが、実際は中層でするのが好ましいことや、いろいろ勉強になりました!
しかし、ほんとこれすごいです。
毎ダイブ安全停止中にしてくださったのですが、他のダイバー(edive以外の)さんたちも拍手喝采でした。

さて、その皆でつくった輪。
以下写真でご覧ください。
44

45

46


そして・・・
47

ね、すばらしい輪ができあがりました!

3月2日朝下船。

あっという間の4泊5日クルーズでした。
今回記念ダイブのなっちゃん、ゆうこりん、ゆかちゃん、百王、ゆきねえおめでとうございました!
48

フォトコン優勝のなっちゃんダブルでおめでとうございました!

49
また皆さんと再会できることを祈って、船とともにパチリ♪


2011.03.05 Sat l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。