上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お久しぶりです。
アキです、
えっ!ご存じない?すいません、
クルーズ報告からかなり遠ざかってはや2カ月!
別にサボっていたわけではありません。ペコリ
シミランクルーズ、ミャンマークルーズと忙しい毎日、
陸を離れること約1カ月、いい感じに塩漬けされてきました。

そしてやっとこのときが~!
公約通りミャンマーの海を一番知りつくしたガイドになって帰ってまいりました!
日本人の中では・・・という自負であります。

さあ第3弾ミャンマークルーズはなんとゲストが9名!あれまっ!
イタリア人と香港人そして日本人であります。

ガイドは今シーズン、ミャンマークルーズ初参戦!KYO、
そしていつものアキの2名、それにパヌニー号所属のLEKの3名であります。

グローバルなメンバーでの6泊7日ミャンマークルーズ行っちゃいました。

初日
リチェリューロック × 2
透明度ナイス!
中層の魚影も濃く、マクロの人気アイドルの御三家も大忙しい!
カメラのストロボにももう慣れっこ?
期待を裏切らないポイントであります。
ジンベイはいずこ・・・

そのあとはタイの国境に向かいひたすら走ること5時間!
やっとこさ国境の町!ラノーンへ
ここはなんと温泉の町でもあるのです。
1泊温泉につかりたいものです。
いやミャンマーの海が待っている!
さあタイの出国!
1
ここがイミグレーション???
えっラノーンポート???
いつもはクルーズ船上で出国手続きなのはずですが・・・
こんなところで・・・
2
今回はちょっとしたパホーマンス???サービス???
3
これがアメージングタイランド!
4
のどかであります。ペコリ
無事に出国できたのか・・・心配!

とにかく今度はミャンマー入国!
今度はいつも通りクルーズ船上での入国!
5
みんなフレンドリーであります。ペコリ
すべての手続きが終わり、いざミャンマー、メルギー諸島!待ってろよ。

2日目
WESTERN ROCKY × 2
あれっ前回のクルーズのときと違う海に・・・
魚が少ない・・・あの魚影は・・・
しかし、ここには揺るぎない横穴洞窟が!
全長25メートル!
男の探検心をくすぐるポイントであります。
キンセンフエダイの群れは健在でありました。

SEAFAN FORREST × 2
ものすごいSEAFAN(ウミウチワ)であります。
直径2メートル!
推定200枚ほどが群生されたポイント!
そこにフュージラ、バラクーダの幼魚たちが埋め尽くす。
いいポイントであります。

3日目
BLACK ROCK × 4

大海原にぽつんとそびえ立つ山のようなポイントです。
一言でいえば、まるで中国!
ものすごい人口!いや魚!
巨大な根をフュージラ、バラクーダ、キビナゴが埋め尽くす!
多すぎる・・・
一人っ子政策が必要であります。

しかし、その必用がないかも、
ここにはものすごいハンター達が・・・
ヒラマサ軍団、ツムブリ軍団、マテアジ軍団、ホシカイワリ軍団、
他にはイトヒキアジような魚、イソマグロ達の容赦のないアタック!
まさに弱肉強食!

魚うずめく中に一日浸りました!
昨日までいたらしい8枚のマンタはいずこ・・・

4日目
TOWER ROCK

さあ、ここクルーズのメインでもあるモブラの群れを見るぞ~!
いざエントリー!
んっんっ目をこする、見えない見えない何もかも・・・
視界2メートル!
さらに追い打ちをかけるような激流!
そして岩肌には大量のガンガゼ爆弾!
なぜなんだ~!

自分が誰なのか?
どこにいるのか?
どうして???
意識が遠のく・・・

ゲストも同じ境遇に侵されていました。
心は一ついつまでも・・・
浮上であります。

スタッフ&ゲストの声も聞き相談の結果、
ポイントを変更するとになりました。

2本目 WEST TORRES
水中200メートルほど岩盤が続く山脈のようなポイント!
岩肌には色鮮やかな紫色ウミトサカが咲いており、
巨大なコブハマサンゴなどが群生しているポイントです。
魚はフュージラ、マテアジ、ツムブリなどの群れがみれました!

3本目 BLACK ROCK AGEIN
再びBLACK ROCKに戻ってきました!
本当にほっとする、ガイドをいやしてくれるポイントです。

4本目 時間的に日中は無理なのでイブニング&ナイトダイブ IN BLACK ROCK

これが予想以上におもしろかったんです。
岩肌には紫色のウミトサカが埋め尽くされているのですが、
昼間には垣間見ることができなかったものが・・・
ウミトサカをじっくり見ると、
ほぼすべてのウミトサカにウミトサカの花をつけたカニとイソコンペイトウカニが!
背景もいいし、カメラマンには最適!

でかいカイメンをかぶったカイカムリ、イカの赤ちゃん5MM,
他にもいろんな甲殻類がいっぱいでありました!
約1時間のダイビングとなりました。ペコリ

いい意味でも悪い意味でも長い一日でした。

4日目
SHARK CAVE
いまでは名前の由来、サメは過去の産物!
ここはプチ洞窟ポイント!
洞窟にはスポンジのような小さい黄色のカイメンが壁びっしり、
リュウキュウハタンポ、アトヒキテンジクダイがダイバーの行く手をさえぎります!
洞窟からでるとそこはガレ砂地が広がり、
じっくりいろいろ探すような感じ~!
え~と何見たか???
いろいろ、記憶が・・・潜りすぎかな・・・

HIGH ROCK
人生チャレンジ!
そうこのポイントは初めてであります。ペコリ
日本人初!もちろんゲストもであります。
残念ながら透明度がBAD!
水面に恐ろしいほどのカタクチイワシ!
未知なる探究心が新しいポイントの開拓につながるのであります。

どっぷり魚につかってのラストダイブでありました!

2月2日から始まった、3回にわたるミャンマークルーズ!
総評!
いや~長いようであっという間でありました。
参加してくださった総勢49名のゲストのみなさま!
本当にありがとうございました!

まだまだミャンマーの海は未知であります。
わかったところはほんのわずかですが、
もっともっと経験を重ねていかないとであります。

いたるところもありましたが、
自分なりにミャンマーの海を最善をつくして勢一杯ガイドしました!
これからもゲストに楽しんでもらえるようにがんばります。

公約通りいい意味でも悪い意味でも、
ミャンマーの海を一番知っているガイドになったことは間違いなしでしょう!ペコリ

また来年もミャンマークルーズよろしくお願いします!

P.S
海の写真がない・・・
クルーズに乗船したゲストのみなさま、
よいミャンマーの海の写真を募集中であります。
採用された方にはEDIVEから特性・・・をプレゼント!
2011.02.24 Thu l ミャンマー2011 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。