上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

年越ししてからあっという間に2月になり、その間にediveでは風邪が大流行・・・。
ですがですが、なんとかかんとか持ち直し、大忙しのこの旧正月クルーズいってまいりました!
忙しいことは嬉しいこと。感謝すること。
スタッフ一同、力をあわせて頑張りましょう!と気合をいれなおしです♪

同時期にダイブショップさんチャーターのダイブマスター号、魅惑の地ミャンマークルーズのパヌニー号と共にオレンジブルー号も出発です。

今回は19名のゲスト様、スタッフは子育て真っ最中のKYO、突っ込み上手な?SAORI、ぐんぐん成長中のKOJI、新しいワンピースを買ってウハウハのEMIの計23名でいってまいりました。

2月11日
Dive1 アニタズリーフ
Dive2 シャークフィンリーフ
Dive3,4 エレファントヘッドロック
初日はシミランから行きましょう。

透明度は少し落ち気味。
15m-20m
水温はところどころ深場にサーモクラインがかかり、27度~29度

砂地でまったりです。
深場にはヒレナガネジリンボ、アンダマンの固有種アンダマンジョーフィッシュ、オーロラパートナーゴビーにブラックシュリンプゴビーなどなどをじっくりチームごとに観察。
ナポレオンをみたチームも!

そして二本目はシャークフィンリーフ。
久々です。
おっと流れてる!
エントリーしてからカンムリブダイが出現。
アンダマンスイートリップス。
黒い斑点がはえて美しい魚です。

三本目、四本目は最近熱い?エレファントヘッドロック。
先週じ○がでた・・・。
KYOさん博打打ち??
いやそんなことはない。
入ってみたら、そりゃ、魚がいっぱい。
イエローバックフュージュラー、サバヒーの群れがどんどこ流れてきます。
大きなイソマグロも通ったり…たしかになんだか大きいものがいたりして・・・。
小物はこれまた開いたその姿が大変美しいマッコスカーズラス。
これは動画に最適な魚。
そのほかずーーーっとご飯を食べる亀さん・・。
1

スミスズブレニーやイヤースポットブレニーなどインド洋の固有種がみれました。

2月12日
Dive1 ウエストオブエデン
Dive2 スリーツリーズ
Dive3 ボン島 ノース
Dive4 ボン島 ノース(ナイト)
翌朝も早起きでございます。
早い人は5時から起床。。。
オレンジブルー号ならではの美味しいコーヒードリップで朝の優雅なひと時。

今日はウエストオブエデンから。
透明度は同じく15m-20m。
流れは少し。

ウエストオブエデンでは人気のハナヒゲさん。
2

EMIチームがいくと既にKYOチームが観察。
ここはマクロも面白いですが、深場の大きなウミウチワを観るのも楽しみの一つです。


最後のシミランダイブ。
スリーツリーズ。

このダイブでの記念ダイブはJINちゃん!
500本です。
皆で記念撮影!
4

砂地ではFねえチームと一緒に砂地でじっくりダイブ。
アンダマンジョーフィッシュの求愛SHOWがみれました。
一生懸命メスの巣穴に入ろうと試みるオス。
いやがるメス。
巣穴にはそうそう簡単にはいれてくれません。
あたふたと巣穴の上で全身をだして私たちにサービスを振舞ってくれるオス。
最後には無事に愛は実ったようで仲良く巣穴へ・・・。
面白く珍しいダイブとなりました。
3


さぁさぁ、シミランを後にしたオレンジブルー号。
行く先はボン島。
このダイブで記念ダイブとなったのはFねえ。
900本記念です。
5

水中でも船上でも盛大にお祝いです。
6


そしてなによりもお祝いにかけつけてくれたのは・・・マンタ!
これにはFねえも大喜び。
しかもずっとずっとぐるぐる。
7

おめでとうございました!

ラストはナイトダイブです。
珍しくボン島にて。

ここはやたらとサンゴモエビが多く、水中でチカチカ目が光ります。
そのほかにもオニカサゴ、ネッタイミノカサゴの赤ちゃん。
イカの赤ちゃんも水面に。

2月13日
Dive1 ボン島ウエストリッジ
Dive2 ボン島ノース
Dive3,4 タチャイ島ツインピークス

中日です。
今回は5泊6日クルーズ。
いつもよりも一泊長いクルーズです。
なので今回はボン島じっくり攻めます!
一本目は流れガンガン。
マルチバーパイプフィッシュ、アケボノハゼ、ルボックスブレニーなどなど小物も面白いボン島。
朝いちの醍醐味はなんといっても捕食。
アミメフエダイ、クロコショウダイ、イッテンフエダイ、インドカイワリたちが捕食活動を行っていました。

二本目はそろそろ起きてくるのか、マンタさん。

はい・・・いらっしゃいました。
来てくださいました。

人もたくさんいたけども、ぐるぐるまわってくれました。

ダイバーさんまずは追っかけてはいけません。
待っていればきっと来てくれます。
急がば回れです。

ありがとう。マンタさん。


3本目4本目はタチャイ島ツインピークス。
流れ強し。
透明度はタチャイに来ると20mオーバー。

ちょうど潮がまわりはじめたころに入ったので、カスミアジの群れ、大量の湧き出るようなクマザワハナムロにイワシの大群。
ホシカイワリのまわってきます。
そして中盤。
どーーーんときました。
大量のブラックフィンバラクーダー。
圧巻です。
8

4本目も同じくタチャイ島ツインピークスで。
こちら、50本記念のYおちゃん、200本記念のアシストで乗船のTAKUちゃん、数えてみたらediveだけで50本記念のSちゃんのお三人様。
2クルーズ連続乗船チームです。
9

おめでとうございます。

4本目もカスミアジ、マテアジ、ギンガメさんも出現。
おなかいっぱいの一本となりました。

2月14日
Dive1~4 リチェリューロック
透明度はすこーーん。
30mほど?
よく見えます。
すごくきれいです!
ワイドばっちり!

そろそろ大物よぉぉ~来てくれはしないかのぉぉ~???
と期待をせずにして潜れないのがここ!
いやーーーすごかった。
何が?
それはそれはたくさんのイワシの群れ、魚のカーテンが形成されます。
ニセクロホシフエダイ、イエローテールバラクーダーたちが深場に。
ブラックフィンバラクーダー、キンセンフエダイの群れも健在。
16

小物も充実。
フリソデさん。
12
ベイビーもおります。
しっかり頑張って生きてね♪

ゴーストさんも成長中。
13
14


いつになったら孵化するか・・・タイガーテールシーホース。
15

そのほかにもアンダマンミミックファイル、トマトクマノミ、モザイクウミウシ、トラフケボリタカラガイ、ベンケイハゼ、トマトクマノミの成魚と赤ちゃん。
10
11


マクロもみるけど・・・気になるのは沖合い。
今回はじんべいについてくるパイロットフィッシュのスギを発見。
うーーーん近づいているのか・・・。

どきどきします。

ですが、まだ主役は登場してくれませんでした・・・。

しっかり潜り倒した4本でした。

最終日、カオラック近くのブンスンレック。
ここも久々。
透明度はまぁまぁ。15mほど。

このダイブの醍醐味。
ハーバーズトレバリー大発生。
18

群れ群れ群れ。
気持ちのいい群れの中でのダイブ。
フタホシタカノハハゼ、ハニーコブモレイ、ブラックシュリンプゴビー、やたらと多いヒトヅラハリセンボンなどなど。

魚に囲まれたラストダイブとなりました。

このラストダイブで記念ダイブとなったのは・・・100本記念のまっすん!
しっかり17本潜りました!
本当におめでとうございました!
17

フォトコン優勝は「えーーーーありえなぁぁーーーい」とびっくりだった愛知のともねぇ。
いや、ありえるんですよ!だって一位ですから!
皆様ぜひぜひフォトコン楽しんでくださいね♪♪
18

今回の5泊6日クルーズ。
天候にも大変恵まれ、波もほぼなく、毎夜の宴会、毎日のお昼ね、美味しいお酒にワイン。
毎年この時期に来てくださるゲストの皆様、今回初めて乗船の皆様、ありがとうございました!

17

記念ダイブの皆様おめでとう♪
19
★(スペシャルフォトサンクス)Fねえ
2011.02.16 Wed l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。