上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1月2日~6日クルーズ報告(オレンジブルー号)


初日。波が高かっため、1本目はアニタズリーフの裏で潜る。ここの水面は穏やか。流れもない。ゆっくりと潜行していけば、眼前に広がるのは、青い海と真っ白な砂地。そして美しい珊瑚の根。P1100103.jpg

根には、キラキラとスカシテンジクダイが、ビッシリと群れ、イケカツオや、カスミアジが捕食に突っ込んでくる。真っ白な砂地には、ブラックシュリンプゴビーが可愛らしい顔を覗かせる。あまりにも美しい砂地に、のんびりとした空気が漂い、思わず寝っころびたくなる気持ちにも。所々に石像が置かれているこのポイントで、記念撮影をしたり、女体(?)像に触れて戯れたり…。のんびりゆっくりと気持ちのいい最初のダイビングを楽しむ。P1100094.jpg


2本目。まだ東側は波が高い。西側のポイント、ウエストオブエデンで潜る。ここはシーファン(ウミウチワ)シティーとも言われているように、美しいウミウチワが深場にビッシリ群生。足元にはアケボノハゼのペアが所々に。深度を上げていくと、ピンクや、紫の鮮やかなウミトサカが群生。そこにはスカシテンジクダイが覆い尽くし、ハナダイが乱舞。
ハナダイギンポ、イヤースポットブレニーも泳ぎ回り、根の下にはムスジコショウダイの幼魚がクネクネと。ヘラジカハナヤサイサンゴの中には、セダカギンポや、ベニカエルアンコウも。P1100237.jpg

中層には、グルクンの群れ、イソマグロも回遊してくる。

3本目はエレファントヘッドロック。根にはキビナゴの群れが大きな塊となって、動き回る。岩陰には、ワヌケヤッコ、鋭い歯をむき出しにホンソメワケベラにクリーニングされる巨大オニカマス。P1100244.jpg
枯れ場には、アンダマンダムゼル、ベニカエルアンコウ、キンチャクガ二も発見(by Aki)。中層にはイエローバックフュージラーや、グルクンの群れ。

4本目は、波も収まってきたので、イーストオブエデンの浅場でゆっくり、のんびりダイビング。ソフトコーラルが美しい。P1100355.jpg


2日目。1本目は、スリーツリーズ。光も入り、砂地、サンゴが綺麗に映える。まずは砂地でオーロラシュリンプゴビー、ヤッコエイを観察。さんご礁に入ると大きなナポレオンもゆっくりと泳いでいる。流れのままにのんびりとドリフトしていき、エバンズアンティアス、ホウセキキントキ、ヨスジフエダイの群れなどに出会う。P1100404.jpg


2本目は、ボン島ウエストリッジ。船長のマンタがいると言う声を聞いて、エントリーしてみたが…。何処からか聞こえるカンカンというバンガーの音。が、周りを見渡しても見つからない…。焦る…。リッジでマンタ待ちをしながら、メガネゴンベ、カサイダルマハゼ、セダカギンポなどのマクロ観察。P1100500.jpg
中層では、カスミアジ、ツムブリ、グルクンの群れが横切ってくる。が、残念ながら、マンタは現れず…。一体どこへ行ったのか…。

3本目は、タチャイ島ツインピークス。透明度は良くないが、根にはグルクン、イエローバックフュージラーの大群が流れてくる。上を見上げると、カスミアジが何百匹もの大群で目の前を横切る。更に、ニジョウサバの大群。ツムブリも群れもくる。群れ、群れ、群れのオンパレード。P1100578.jpg
P1100608.jpg
マクロでは、ベニカエルアンコウ、セダカギンポ、カサイダルマハゼなど。

4本目は、タチャイ島タチャイリーフにて、ナイトダイブ。最近は少なくなったカノコイセエビが何匹も。美味しそうで、思わず持ち帰りたい気持ちになったが…。P1100647.jpg


3日目、1本目は、リチェリューロックへ。が、透明度が悪い…。5mほどの透明度…。この間は20m近く抜けていたのだが…。が、魚影は濃い。東南の根に行ってみると、ロングフィントレバリーの大群が。キンセンフエダイも大きな群れを成している。トマトやニシキフウライウオを観察。P1100698.jpg


が、余りにも透明度の悪さに、2本目はタチャイ島へ。透明度は昨日より回復している。トラフザメも発見。torafu 2008 021


3本目はボン島ノース。透明度は全然いい。20mは抜けているだろうか。水底には、1mを超えるピックハンドルバラクーダーが5,6匹群れている。アケボノハゼも何匹も。美しいサンゴ礁には、小魚が10mもの大きな群れを成し、スカシテンジクダイもビッシリ。その中にはバラクーダーの幼魚も。P1100806.jpg


4本目は、リッジで潜る。マンタを狙うが、残念ながら現れず…。ダンゴオコゼ、1cmぐらいのベニカエルアンコウも発見。P1100885.jpg


最終日、再びノースからエントリー。ゆっくりとサンゴ礁をドリフトダイビング。途中ナポレオン、アデヤッコ、ワモンダコを発見。残念ながら、今回はジンベエ・マンタに恵まれず・・・。P1100904.jpg


天候:晴れ
気温:30度
水温:27~28度
波高:初日は、1m近く。最終日はほぼべたなぎ。
透明度:シミラン、20m。ボン島、25m。タチャイ島、15m。リチェリューロック、5m。
流れ:全体的に弱。

記念ダイブ:まっちゃん、300本。きよみさん、100本。みっちゃん、400本。はたやん、200本。誕生日:まっちゃん、??歳。皆さん、おめでとうございます。

写真提供:うすいちゃん、えっちゃん(トラフザメ)
2008.01.09 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ecruise.blog20.fc2.com/tb.php/15-7645f8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。