上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

11月26~30日クルーズ ウエストコースト号 By EMI

1

いってまいりました!!!
マンツーマンクルーズです。
お客様は新潟からお越しのR子ちゃん。
レスキューの講習を終え、今回乗船するはプーケットのお船、ウエストコースと号です。

女子二人に加え・・・
お客様はイングランド、USA、ブラジル、オランダ、ドイツ、スロベニアなどなど計11名のお客様で出発です。

まずはシミランから。
アニタズリーフ。透明度はよいです!!
まったりと始まります。
スパゲッティーイールにクダゴンベ、白い砂地にはジョーフィッシュにそしてなぜだカメラで撮ったのに、メディアにその姿を残すことがなかったオーロラパートナゴビー、ブラックシュリンプゴビー。
2

二本目はウエストオブエデン。
透明度はあまりよくなし。
アケボノハゼに、今シーズンも健在のハナヒゲウツボのお婆ちゃんと赤ちゃん。
アカヒメジの群れ、そして、ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ。

三本目はR子ちゃんパス

そのあとシミラン諸島に上陸です。
3

皆、島に上陸したり、海でシュノーケルしたり、お昼寝したり・・・素敵な時間を過ごしました。
4

四本目はナイトです。
シミランのドナルドダックベイのはじっこ。
ブダイの寝姿、コラーレバタフライフィッシュの体色変化。

翌日は朝から若干波がばしゃばしゃいっています。
シミランはノースポイントでエントリー。
深場に行こう~、サメ探しぃぃ~♪
なんて思っていたらサメじゃなくってカメがでてきてくれた。
R子ちゃん念願のカメに大はしゃぎです。
5

その他にもエバンズアンティアスの群れなどなど。

この頃から、外国の人々との初めての交流によりR子ちゃん、胃痛が・・・。
どうやら英語アレルギーのようですが、それでもせっかくの乗り合いですからね、辞書を片手に一生懸命コミニケーションを撮って頑張ります!

さぁ、ダイビングはどんどん続行。
二本目、三本目はボン島ウエストリッジ。

最近マンタがでています!!
期待をこめて・・・
エントリー。

おらん・・・

そのかわりにカサゴを・・・
6


あがってきたら数チーム「みた!!」と言っています。
おっと大変。おるんやん!!!
こりゃぁなんとかマンタと会わないと!!!

気合が入ります。
で、三本目。

でました!!!

来てくれました。


ありがとう!!!!
7


初めてのマンタにR子ちゃん涙がでそう。
ほんとよかったね♪
8

四本目はタチャイ島タチャイリーフにて。
まったりダイビングです。
R子ちゃん、どうやらミノカサゴ系が大好き?のようで、初カメラということもあり、バシバシ気になった魚を撮影。

どんどん腕も上達していきます。

11月28日
一本目は波が高いのでタチャイ島ツインピークス。
流れは少々。

ツムブリ、ハナタカサゴが群れています。
透明度はよし。
20m以上はあるかなぁ。
なので、きっと二本目以降のリチェリューも期待大!
イソバナガニなど小物もしっかりチェック。
大きな大きなオニカマスが横を通り抜けます。

さぁ、やってきました。
リチェリューロック。
波も少しおさまっています。

水中は・・・
西側は透明度悪し。
北側はぬけています。
ものすごい数のスカテンの群れ。
10

オニアジ、マテアジ、イエローバンドフュージュラー、ブラックフィンバラクーダー、キンセンフエダイの群れにR子ちゃん鳥肌が!
大興奮です。
マクロも新しいタイガーテールシーホースにゴーストパイプフィッシュ、ワヌケの幼魚、いろんなマクロがびっちり。
9

11

12


夕方はまたまた波が高くなってきてしまったので、タチャイ島でナイトダイブ。
ここでは、なんと珊瑚の産卵がみれました。
たくさんの小粒の珊瑚が海中をひとつ、またひとつとポコポコ生まれていきます。
ものすごく神秘的なナイトダイブでした。
13



最終日は二本。
一本目はボン島。
こちらでまたまたマンタが出現。
しかも今回はものすごく近くまで。
14

R子ちゃん夢中でシャッターをきります。

大興奮のR子ちゃんよかったね!
15

ラストダイブはカオラック沖合いのブンスンレック。
今シーズン初です。
水中に入ると、あら・・・透明度は10mくらい。
こちらもキリンミノカサゴ軍団がたくさん。
16

赤ちゃんもおります。
ブラックシュリンプゴビーとにらめっこ中のR子ちゃん。
うまくとれたかなぁぁ~。
ネズミフグ、ヒトズラハリセンボンなどなどのフグ類はわんさか。
ニセクロホシフエダイの群れが沈船の上で群れています。
ハニーコブモレイ、アジアコショウダイの幼魚などここはマクロもとっても面白いポイントです。

ということで、4泊5日、ふだんはなかなかない色んな国の人々との交流クルーズはおわりです。
ツアーリーダーの日本人ガイドK君、色々ありがとう!
17


水温29度
透明度 シミラン・・・25mほど。 リチェリュー15mほど。
波ところにより高し。
流れ ポイントにより少々。




2010.12.02 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。