上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
11月6日。天気も回復。波も穏やかになってきました。今回のクルーズの参加人数は8名。まだまだシーズンインしたばかりで、今回も少人数だけど、初日からクライマックスシリーズの話題で大盛り上がり!中日新聞にお勤めの方がいらしたので、結果が給料に結びつくとかで、時折ネットチェック。残念ながら、敗れてしまいましたが、明日からのダイビング楽しみましょう!!

まずはシミランからスタート。まずはチェックダイブ。アニタズリーフから。パウダーブルーサージョンフィッシュの群れを見た後、真っ白な砂地に50cmも伸びるスパゲッティーイールの見事な畑!ブラックシュリンプゴビー、オーロラパートナーズゴビーなどを観察、リーフの上にはイエローバックフュージラーの群れが川の流れのように押し寄せてくる。残念ながら、珊瑚はダメージを受けていたけど、深場のソフトコーラルはまだまだ見事!スカシテンジクダイがビッシリと群れまとわりついています。

2本目は、久しぶりのシャークフィンリーフ。大規模な巨岩の上をゆっくりと移動。途中グルクンの群れに出会ったり。残念ながら、大物は出なかったけど、ダイナミックな地形は十分楽しめました。
sharkfin2.jpg

3本目は、ウエストオブエデン。深場のウミウチワの群れは健在!シーファンシティー(ウミウチワ都市)の名にふさわしく綺麗なポイント。根ノ上には、ノコギリダイ、アカヒメジなどが群れ、大型カスミアジも!中層にはグルクンの群れ、小型のイエローダッシュフュージラーの群れが押し寄せる。
umiuchiwa west of eden

4本目は、ナイトダイビング。場所はハネムーンビーチ。サンゴモエビなど小さなエビが沢山!赤く美しいネッタイミノカサゴ、ブダイやコクテンフグなどの睡眠なども観察。
nettai night

2日目。1本目はエレファントヘッドロック。中層にはイエローバックフュージラーが群れ、1m強の大きなイソマグロが3匹、フュージラーの群れに向かって大突撃!!深場には、フラッシャー畑!マッコスカーズラスのオスが何匹も煌びやかに発光!根にはキンギョハナダイ、ハナダイギンポなどが群れ、近くにはヨスジフエダイ、コラーレバタフライフィッシュの群れなどなど…。
isomaguro elephant

その後北上し、ボン島へ。まずはマンタを狙ってウエストリッジ。入ってすぐにキンセンフエダイの大群がお出向かえ。その後は、とどまることのないイエローバックフュージラーの群れ。そして、コブシメ2匹。ワヌケヤッコなどなど。マンタは残念ながら現れずとも豊かな水中生物が盛りだくさん!
kinsen bon

3本目は今度はボン島の北側でエントリー。エントリーと同時に1mを越える大型のホワイトチップリーフシャーク!サンゴ畑はまだまだ元気一杯!キンセンフエダイ、ヨスジフエダイ、ホウセキキントキなどの群れ&群れ!イソギンチャクでビッシリ埋まった根には、スカンクアネモネフィッシュが沢山!
houseki bon

4本目は、タチャイ島ツインピークス。流れもなく、透明度もいい!潮上に出ると、グルクン、イエローバックフュージラーの大群。そして、きらびやかに光るギンガメアジの大群!!大群はゆっくりと根の外側を大移動。そして、カスミアジやロウニンアジも登場!
yellow bon

夜スリン諸島へ移動。そして、3日目。まずは、トリンラリーフ。砂地でメタリックシュリンプゴビー、アンダマンジョーフィッシュ。リーフのエダサンゴ群は白化でダメージを受けていたが、アカククリ、ツバメウオの大群は健在!
akakukuri surin

2本目は、リチェリューロックへ。潜行と同時に、根の南側にキンセンフエダイの群れが渦巻く。そして、根の外側には、イエローバンドフュージラーの大群!透明度もよく、気持ちのいいダイビング。西側のソフトコーラルは元気一杯に美しい!ニセクロホシフエダイの群れなどなど。イソギンチャクは白化してたもの、トマトアネモネフィッシュも元気一杯!
softcoral richelieu
tomato richelieu

3本目、4本目はコブシメの観察、渦巻くキンセンフエダイの群れに囲まれた後、中層に出て、更に群れ狙い。イエローバンドフュージラー、メニーラインドフュージラーの大群のシャワー、ジャワラビットフィッシュ、ジャイアントフュージラーの群れも登場。そして、光り輝くオニアジ、そして、グルクマの大群!!最後安全停止の前には、ブラックフィンバラクーダーの群れも登場!!
kobushime richelieu
kinsen richelieu
gurukuma ricehlieu
barakuda richelieu

最終日の1本はタチャイ島ツインピークス。潜行と同時に、根の上をトラフザメがいきなり登場!颯爽と我々の前を泳ぎ去る。中層に出ると、前回と同じくイエローバックフュージラーや、グルクンの群れ。そして、今回は前回の数を越すギンガメアジの群れ!そして、カスミアジが編隊を組み、何度も登場!
このダイビングで100本を迎えられた阿部さんおめでとうございます!!

フォトコンテスト優勝作品、中川さんの「大接近!」。大きなコブシメが2匹並んで、産卵に入るところでしたね。よく撮れています。おめでとうございます。
daisekkin.jpg

皆さん、4日間お疲れ様&有難うございました!また来シーズンも楽しみにお待ちしています。
shugo 6-10 nov

天候:初日快晴。2日目より少し曇り空。
波高:50cm程度。エントリー、エギジット要注意でした。
流れ:弱。水中は穏やかでした。
透明度:全般的に15-20m。全ポイントで比較的透明度がよかったです。


写真:Mr.Nakagawa
文:Higashi

2010.11.16 Tue l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。