上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【10月30日~11月3日 クルーズ報告 By Shoji】

4


今回は出港前の天気をチェックしたところ後半に荒れるとの
予報だったので、一気に北上してスリン&リチェリューから攻めた。

初日の1本目【トゥリンラ・リーフ】生憎の天気で海の中が暗く、透明度もあまり良くない。

砂地のハゼジョーフィッシュは相変わらず元気だったけど、残念なことにあれだけ
綺麗だった枝サンゴはほぼ全滅だった。。。

藻が付いてすっかりと変わり果ててしまったサンゴ。
ブダイやチョウチョウウオ、スズメダイたちが一生懸命に藻を食べている。
また綺麗なサンゴに戻ることを願って今は見守るしかないのかな。。。



朝食後に【リチェリューロック】へ移動した。
今シーズン初めて潜るリチェリューロック。
サンゴへの影響が心配だったが、ダメージは少なく、根に付いてる
ソフトコーラルは元気にその姿を残していた。

魚たちもキンセンフエダイオニアジグルクマジャイアントフュージュラー
イエローバンドフュージュラーバラクーダなどいつものメンバーが元気に群れていた。


潜る前はかなり不安だったけど、以前とあまり変わらぬリチェリューロックに
安堵すると同時にこの場所を大切に守っていかないとな~って、強く思った。

夕方から風が強くなってきたので、スリン島に戻りナイトダイブ。

翌日は早朝にタチャイ島へ移動し【ツインピークス】で2本潜る。
このポイントは全体的に深度も深く、流れもあるのであまりサンゴへのダメージは
見られなかった。今回はあまり流れがなかったので魚が少なかったけど
クマザサハナムロイエローバックの群れにカスミアジがアタックしてたり、深場では
ギンガメアジが大きな群れを作っていた。


午後からはボン島へ移動し【ウェストリッジ】で潜った。
残念ながらマンタは出なかったけど、透明度が良くて気持ちの良いダイビングだった。


そして翌朝・・・・


揺れの無い湾内で快適に過ごしてたので全く気付かなかったけど
湾内をちょっと出ると外は大荒れ。

予報ではお昼ごろがピークで、タプラム港では全ての船に
出港禁止令が出てたらしい。

そんな中、唯一波の無い湾内で2本潜って様子をみる。
が、一向におさまる気配がない。

さすがに同じ場所で4本はきついな~と、キャプテンに聞いてみると
『俺は行けるぜ!』と頼もしい言葉。

昼食後、揺れに備えての準備をしたのちシミランに向けて出発!


船の斜め後方から迫る高波は2mから3mくらいありそう。

そんな中であまり揺れを感じさせない操船で船を進めていく。
さすがレック。

2



無事にシミラン諸島に辿り着き【エレファントロック】【ロブスターベイ】で潜る。
エレファントロックは魚影が濃くクマザサハナムロイエローバックムレハタタテダイなど。
キンチャクガニサンゴモエビの仲間など甲殻類もいっぱい。
クジャクベラの仲間のマッコスカーズラスは雄がひれを全開にフラッシングして泳いでた。


ラストナイトは揺れに耐えながらのフォトコンテスト!
写真を選んでるうちに一人、そしてまた一人と消えていく。。。。

3


そんな中、栄えある第1回目の優勝作品は。。。。
『ナーラック❤』
ほんと可愛いですね~

5




大荒れだった今回のクルーズ。
でも、終わってみればリチェリューロックにも潜れたし
楽しく、あっという間の4泊5日でした。


今回クルーズ中に誕生日を迎えたトッコちゃん、キリンさん
おめでとうございます。

1




天気   曇り~雨 最終日だけ晴れ
波    風波(0,5m~1m)※2日は2m~3m
水温   水面30度 水中29度

















2010.11.04 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。