上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
g


今シーズンも残すところあと2クルーズ。バンコクの暴動が激化する中、集まってくれたゲストは17名。スタッフは久しぶりに現場復帰のKYOとSHOJI&EMIで行ってきました。
今回はゲストのうち1名がクルーズでOWライセンス取得で参加です。

通常ならば講習生がいるので穏やかなシミラン諸島からのスタートなんだけど・・・
前日、一昨日と2日間続けてリチェリューでジンベイ目撃情報があったため、一気に北上してリチェリューから攻めることに。

【1日目】
・リチェリュー・ロック
・リチェリュー・ロック
・トゥリンラ・リーフ(スリン諸島)
・アオ・タオ(スリン諸島)

ダイバーチームが午前中リチェリューで潜ってる間に講習生はエアコンの効いた快適なリビングでお勉強。午後からはスリン諸島の穏やかな入り江で限定水域トレーニング。
今回講習を担当したのはEMI先生。まるでお説教をされてるかのように真剣に話を聞く生徒たち。。。頑張れ~
a

s


一方ダイバーチームはエントリー直前にキャプテンから『ジンベイがいるらしいから早く行け!』との情報にボルテージは上がり捜索するが、残念ながら出遭えず。。。
それでもイエローバンド・フュージュラーやメニーラインド・フュージュラーの大群に突っ込むロウニンアジやサワラ、オニアジやグルクマの群れ、キンセンフエダイの群れなど魚影の濃さに皆満足。
9

11

7


【2日目】
・リチェリュー・ロック
・リチェリュー・ロック
・ツインピークス(タチャイ島)
・ツインピークス(タチャイ島)

2日目もジンベイ狙いで朝からリチェリューへ。
前日同様に魚影が濃く、出そうな雰囲気はめちゃめちゃあるんだけど・・・・
エントリーして30分後くらい。
そろそろみんな中層も飽きてきたし、根に戻ろうかなと思った時だった。
タンクを連打するバンガーの音。
『やばい、出た!』
音が鳴る方へダッシュするが流れもあり、姿どころか影すら見えない。。。
他の船のダイバーたちもその音を聞きつけ集まって来た。
しかし、『いない・・・どこだよ~』
『こんなに透明度が良いのに何で見えないんだよ~』
ふと頭上を見上げると大きな黒い影が。
8

『いた!ジンベイ、ジンベイ!』
水面近くをゆっくりと泳いでいる。
みんなに教えようとジンベイが泳ぎ去ろうとしてる方向を指し、後ろを振り返る。
泡で良く見えない。。。。
ようやくみんながそろった時にはジンベイはすでに深場へと消えていってしまった。
恐る恐るボードに『見れた???』って書いてみた。
OKサインを出す人、顔の前で手を横に振る人、ちょこっとだけって合図する人。
う~~~ん、マズイかも。。。
もう一つのチームはきっとしっかり全員が見れてるはず。
その時KYOが沖の方を指した。
その先には再びジンベイが!
ロウニンアジやスギをしたがえてフュージュラーに囲まれながらゆっくりと泳いでる。
6

全員で猛ダッシュ!!!
今度は全員がバッチリ見れた。
講習チームもなんと海洋実習の1本目でジンベイに遭遇!
2

1


興奮さめ止まぬ船上はジンベイの話題で盛り上がり、そのまま次のポイントへと向かった。
エントリーしてすぐに大きなナポレオン。そして深場で寝てるレオパードシャークに大接近。ロウニンアジにカスミアジ。そして締めくくりはマンタが登場~
3

10


なんと1日でアンダマン海の大物3冠を達成!
もうお腹いっぱいな数名は4本目をパスして早くも祝杯のビール。
4本目でもロウニンアジやカスミアジの捕食シーンや大きなマンタがまたまた登場したんだけど、もう燃え尽きたって感じでした。

今回初めてアンダマン海を潜ったゲストは『恐るべしアンダマン海ですね~、リピート間違いないです!』の嬉しいお言葉。
でもね、いつもこんなんじゃないんですよ~笑

【3日目】
・ウエスト・リッジ(ボン島)
・ノース(ボン島)
・スリー・ツリーズ(シミラン諸島)
・ビーコン・リーフ(シミラン諸島)

もうここまできたらとことん見ようじゃないの!ってことでマンタ狙いでボン島で2本潜るも・・・・あれっ?って感じ。
3本目はシミランでまったり&のんびりダイブしようと思ったら激流でスーパードリフトダイブ。4本目は柔らかな夕方の光が差し込む中、流れもなく、浅場でのんびりダイビング。ここはサンゴがめちゃめちゃ綺麗なポイントなんだけど、最近の水温上昇のためにかなりのサンゴが白化しかけてる。
4

5


僕の知る限りでここまで白化してしまったのは初めてのことだ。
元気に育って再生してほしいと切に願いながら潜った。

【4日目】
・イースト・オフ・エデン(シミラン諸島)

最終ダイブは透明度30mオーバー!
緩やかな流れに乗ってドリフトダイブ。
イエローダッシュ・フュージュラーを捕食するカスミアジやイソマグロ。
残念だけど白化してしまったトゲサンゴに潜むアカネダルマハゼはいつもより
簡単に見ることができた。


天候 :めちゃめちゃ暑いです。夕暮れ時に雷雨。
水温 :31℃(サーモクラインあり)
透明度:20m~30m

今回のクルーズで記念ダイブを迎えたMさん、Sさん、おめでとうございます!
天候&海峡にも恵まれ大物続出のクルーズで記念ダイブを迎えられて本当に良かったですね。これからも安全にダイビングを楽しんでくださいね。
d

k


そして、今回無事にダイバーの仲間入りを果たしたKさん。おめでとうございます!
いきなり講習でジンベイ見ちゃったけど、めったにないことですからね(笑)


写真提供:Mr.Hasetaku Mr.Hanawa Mr.Sho Ms.Yumi
2010.05.03 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。