上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
記念ダイブ

今回は毎年来てくれる沖縄のショップツアー海竜潜水、リピーター、新規の方、学生さん、知り合いなどなど。
年齢層も20代から50代までと幅広く個性豊かな方々が集まりました。
後半から天気が崩れるとの予報だったので一気に北上!はたして吉と出るか凶と出るか。。。

【3月10日】
・1本目 トゥリンラリーフ
・2本目 リチェリューロック
・3本目 リチェリューロック
・4本目 リチェリューロック
1本目のトゥリンラは流れもなく、透明度もまあまあ。
おなじみのアカククリ&ツバメウオの群れ。
最近はほぼ確実に出会えてるカンムリブダイの行進など幸先の良いスタート。
カンムリ

リチェリューロックではジンベイ狙いで3ダイブ。
人気のマクロ3冠『シーホース、フリソデエビ、ゴーストパイプ』をはじめ、オニア、
マブタシマアジ、ジャイアントフュージュラー、イエローバンドフュージュラーなどのお馴染みの群・群・群。
今回はこんな珍しいアジの群れも。
フリソデ

ニシキフウライ

アジ


【3月11日】
・1本目 ツインピークス(タチャイ島)
・2本目 ノース(ボン島)
・3本目 ウエストリッジ(ボン島)
・4本目 ロブスターベイ(シミラン№9)
この日は朝から激流のツインピークス。
ギンガメアジやバラクーダの群れ、ツバメウオの群れなど見れたけど、久しぶりにハードなダイビングだったなぁ~
ボン島では穏やかな流れに乗ってドリフトダイビング。
まだマンタを見たことのないゲストが何人かいたので、マンタを見せてあげたい!!!
がしかし、残念ながら現れず。

【3月12日】
・1本目 スリーツリー(シミラン№9)
・2本目 イーストオブエデン(シミラン№7)
・3本目 ウエストオブエデン(シミラン№7)
・4本目 アニータズリーフ(シミラン№5)
この日は1日シミラン諸島でダイビング。ところどころサーモクラインがあったけど、まずまずの透明度で気持ちが良い~
この日のヒットは大人気のツノザヤウミウシSP!今日は3個体見れたんだけど、そのうちの2個体が交接中でみんなで激写!
ピカチュー

そして、3本目が終わって島のビーチ前で休憩してる時だった。
『マンタ!マンタ!マンタ!』ボートのすぐそばでマンタが泳いでる。
小さいけど綺麗なシルエットが水面からはっきりとわかる。
みんな大慌てでシュノケールセットをつけて海へ飛び込んだ。
めちゃめちゃフレンドリーなそのマンタはしばらくの間ずーっと一緒に遊んでくれた。
シュノーケルだったけどみんな大喜び。良かったね~

【3月13日】
・1本目 シャークフィンリーフ
最終ダイブは透明度が良くて、流れも緩やかそうなので久しぶりにシャークフィンリーフ。
クルーズではあまり行かないポイントだけど、ここは以前にNHKの取材でも特集された『幻の国 スンダランド』なのです。
男のロマンを求めていざダイブ!
エントリーしてすぐに岩盤の向こう側から途切れなく湧き上がってくるクマザサハナムロの大群。
岩盤の上の方ではその群れを狙って大型のカスミアジやロウニンアジがチャンスを窺っている。
遺跡のような切り立った岩盤を進んでいくとカンムリブダイが現れたり、砂地ではレオパードシャークがいたりと、最後のダイブにふさわしい1本でした。
地形


今回のクルーズで記念ダイブを迎えたKさん、Aさん、おめでとうございます!
Aさんはなんと1000本! しかも驚きのわずか4年半で達成です。 
これからもediveでの記念ダイブお待ちしています(笑)
<a href=


天候 :晴れ
波高 :なし
水温 :29℃(ポイントによりサーモクライン27℃)
透明度:20m(トゥリンラ島)
    15m(リチェリューロック)
    25m(シミラン諸島)

写真提供:Ms.ASAKO
2010.03.13 Sat l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。