上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今回のクルーズはチャータークルーズ。といっても8名だけだけど、皆さん、明るく優しそうな素敵な方たちばかり。

まずはシミランからスタート。まだまだ本数が少ない人、久しぶりの人もいらしたので、まずはチェックダイブ。アニタズリーフの裏、モニュメントバレーから。透明度は抜群!!砂地のブラックシュリンプゴビーを観察したり、根にはカラフルなインディアンフレームやクジャクスズメダイ。そして、最後は女体像を撮影。
nyotai.jpg

2本目はアニタズリーフ。緩やかな流れに沿って、ゆっくりとドリフトダイビング。オーロラパートナーズゴビーなどを観察して、綺麗にソフトコーラルの華を咲かせる根でクダゴンベ、鮮やかなピンクのイソギンチャク、最後は砂地で木の葉に擬態するホシテンスの幼魚などを観察。

3本目は、ウエストオブエデン。まずは大きなオオモンカエルアンコウを観察。その根にはグルクンの群れ、小型のイエローバックフュージラーの群れが所狭しと泳ぎまくり、そこへ大型のカスミアジが大アタック!
oomon.jpg

4本目は、イーストオブエデン。中層にはクマザサハナムロ、イエローダッシュフュージラーが群れる中、大型のカスミアジ、イソマグロなどが捕食に大突進!ゆっくりと流していき、ガレ場でアンダマンジョーフィッシュの観察の後、最後は光が差し込み、デバスズメダイ、エバンスアンティアスなどが群がる浅場のエダサンゴ畑でゆっくりと癒しのダイビング。
eden.jpg

2日目。1本目、シミラン№9のスリーツリーズで癒しのダイビング。中層には、ナポレオン、イソマグロ。そして、サンゴ畑には、エバンズアンティアスの群れなどなど。

その後北上し、ボン島へ。まずはマンタを狙ってウエストリッジ。アケボノハゼ、ハナダイギンポなどのマクロ生物を観察しているとカンカンと響く音!!マンタだ!!大きな4mぐらいのマンタが颯爽と登場。
manta a

3本目は今度はボン島の北側でエントリー。しばらく美しいサンゴ畑を遊泳していると、マンタが登場!!今度は近くまで大接近!そして、ゆっくりとサンゴ畑の上をグルグルと。じっくり楽しませてもらいました。更にマンタを探しつつ、北へゆっくり流していくと、ナポレオン、そして、またまたマンタが登場!!さっきのより少し小型のマンタがまたまた近くをグルグルと大旋回!!
manta b

4本目は、タチャイ島ツインピークス。流れは少しある。ロープに沿って潜行。潮上に出ると、グルクン、イエローバックフュージラーの大群。そして、きらびやかに光るギンガメアジの大群!!大群はゆっくりと根の外側を大移動。そして、カスミアジやロウニンアジ。大型のツムブリの群れも登場!そして、中層沖合いではまたまたマンタが大登場!!

3日目は、スリン諸島へ。まずは、トリンラリーフ。砂地でメタリックシュリンプゴビー、アンダマンジョーフィッシュ、顔が斑のブラウンジョーフィッシュ、そして、小さなニシキフウライウオの赤ちゃんや、ハナミノカサゴの可愛らしい幼魚も発見。リーフの美しいエダサンゴ群へ。浅場でホソフエダイの群れ、アンダマンフォックスフェイス、そして、最後には、アカククリ、ツバメウオの大群に遭遇。
akakukuri_20100308174833.jpg

2本目は、リチェリューロックへ。潜行と同時に、イエローバンドフュージラー、キンセンフエダイの群れが渦巻き、そこをロウニンアジが襲い掛かる。そうした群れを楽しんだ後は、根でフリソデエビ、可愛らしいタイガーテールシーホース、そして、白と黄金色のニシキフウライウオを観察。
tiger_20100308174937.jpg

3本目は更に3匹のニシキフウライウオを2箇所で観察、可愛らしいトマトアネモネフィッシュなども。
nishiki.jpg

4本目は完全に群れ狙い。そしてあわよくば、ジンベエザメを狙って、ひたすら中層へ。イエローバンドフュージラー、メニーラインドフュージラーの大群のシャワー、ジャワラビットフィッシュ、ジャイアントフュージラーの群れも登場。そして、光り輝くオニアジの大群も足早に駆け抜ける。その他、ロウニンアジや、ハーバーズトレバリー(鰭が黄色いギンガメアジ)、大型のカマスサワラも登場。そして、新たな場所にまたまたフリソデエビ。最後安全停止の前には、ブラックフィンバラクーダーの群れも登場!!
bara_20100308175112.jpg

最終日はカオラックの沖合いのブーンスンレックで、潜行と同時に魚の大群!魚の壁で前が全く見えない。タイワンカマス、ニセクロホシフエダイ、ヨスジフエダイの群れ!群れ!群れ!沈船のそばでは、ニシキフウライウオやネッタイミノカサゴの幼魚も発見。

フォトコンテスト優勝作品、タグリンの「朝日を浴びて」。可愛らしいカクレクマノミがよく撮れていました。おめでとうございます。

皆さん、4日間お疲れ様&有難うございました!よく潜って、よく飲んで、よく話して、よく笑ったクルーズ。また来シーズンも楽しみにお待ちしています。


天候:全ての場所で快晴!
波高:50cm程度。3日目午後のリチェリューロックで多少あり。
流れ:弱。リチェリュー、タチャイ島で少しあり。
透明度:シミラン15-20m。ボン島15m±。タチャイ島10m±。スリン島15m±。リチェリューロック10m±。ブーンスーンレック5m±。

by higashi

写真協力:tagurin, satoshi, seiji
2010.03.08 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。