上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
クルーズ報告 1月30日~2月3日

いよいよシーズン真っ盛りに入ったアンダマン海!今回のクルーズは満月の大潮まわりで
大物遭遇への期待が高まる中、ゲスト19名とAKI、EBI、SAORI、SHOJIで行ってきました。

初日の1本目はスリン諸島のトゥリンラ・リーフ。ここの砂地は【ゴビーパラダイス!】
自分だけのハゼを見つけてじっくりと観察&撮影が楽しめる。
お勧めはブラック・シュリンプゴビーの黄化個体やメタリック・シュリンプゴビー。
1

潮が流れてる時は必ず潮の下手からアプローチするようにして、ハゼの巣穴や他の生物の生息環境を壊さないよう心がけよう!

中層ではいつもの場所にツバメウオ&アカククリの群れ。たいてい沖側に群れてるのはツバメウオで、リーフ内に群れてる方はアカククリ。そーっと近づけば群れの形を崩さずにかなり近くまで寄れる。

2本目、3本目、4本目はリチェリューロック。一昨日にジンベイがいたらしいとの情報にエントリー前から期待が高まる。透明度も程よく濁っていてなんか良い感じ。
魚影がめちゃめちゃ濃くて、オニアジ・タイワンカマス・マテアジ・マブタシマアジ・スマガツオの群れにロウニンアジ・ツムブリ・サワラなどなど。

マクロも御三家のシーホース・ゴーストパイプ・フリソデエビをはじめ、アンダマン海固有種のアンダマンウバウオやアンダマンハギ。もう見るものがあり過ぎて、こんな時に奴が出ちゃったらどうしよ~~~~と、期待は高まったけど、この日は残念ながらタイムアップ。明日の泣きの1本に賭ける!
2

6

ebi


2日目の1本目は泣きの1本でまたまたリチェリューロック。
昨日の3本と潮が変わって逆から流れてる。『これはひょっとすると・・・・』
気のせいか前日より魚影も濃いような。。。。
しかし残念ながら奴には出遭えず、タチャイ島へと向かった。
2本目は激流のツインピークス。これだけ流れてると魚もちらばっちゃうんだけど・・・
嬉しいことにギンガメ・カスミ・ロウニンの3アジ&イエローバックの大群。
さらにマンタも。。。

3本目はボン島へ移動してマンタ狙い!エントリーして間もなく『キターーーーーー』
5m級のでかマンタが真正面からゆっくりとやって来た。透明度が悪かったので全員では見れなかったけど、その後も別個体が出てくれたので、全員がとりあへずマンタGET!
4


4本目はボン島の湾内で久しぶりのナイトダイブ。
サンゴのポリぷを咥えて寝るカワハギの姿や、昼間はちょこまか動いて撮りずらいパンダダルマハゼもじっとしてて撮りやすい。カンザシヤドカリやコシオリエビたちも夜は活発に捕食活動。そして今夜のヒットはオニカサゴのひげに隠れてたアオリイカの赤ちゃん。めちゃめちゃ可愛かった~
5


3日目は1本目をボン島のリッジで潜り、シミラン諸島へと移動。
2本目はまたまた激流のスリー・ツリーズでドリフトダイビング。ハゼやジョーフィッシュをじっくり観察&撮影したかったけど・・・
流れに耐えて砂地で寝るトラフザメを流し撮り~

3本目はサンゴの綺麗なビーコン・リーフでまったりと癒しのダイビング。
このポイントはアカメハゼがいっぱい!撮影のコツはサンゴの上で一休みしてる個体を狙ってみてね。

4本目の前にみんなでビーチに上陸。
なんと!大魔神が現れた~
2

3

4


4本目はアイドルのオオモンカエルアンコウ(ピンク色)のいるウェスト・オブ・エデン。
今日も定位置で時折大きな口をあけてあくびをする姿がめっちゃ可愛い。
10


今夜はラストナイト。今回は出展作品が多かったフォトコンテスト。しかもかなりレベルが高いぞ!はたしてどの作品が優勝するのだろう~
15


いよいよ最終日。。。
最後の1本はイースト・オブ・エデンでのんびりドリフトダイビング。


今回のクルーズで100本記念を迎えたSさん、800本記念を迎えたMさん。
おめでとうございます!!!これからも安全にダイビングを楽しんでくださいね。
次回の記念ダイブもお待ちしてま~す(笑)
11

13



天候:晴れ
風 :北東
波 :ほとんどなし(多少うねりあり)
水温:29度


写真提供:Ms.Nakajima
     Ms.Kikuchi



2010.02.04 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。