上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今シーズン3回目のクルーズはいよいよシーズン本番のシミラン&リチェリューへ!
ゲスト5名とShoji, Kyo, Kojiで行ってきました。
ちょっと人数が少なくて寂しかったけど、ゲストは一人一部屋で快適なこと間違いなし!

天気が後半から崩れるとの予報だったので、初日から一気に北上してリチェリュー目指した。
相変わらず魚影の濃いリチェリューロック。



キンセンフエダイの群れは今シーズンもぐっちゃり。

072resize.jpg



白い目がキュートなサビウツボは一つの穴から2匹が顔を出していた。

P1010075resize.jpg


大量発生中?コブシメはいたるところで見られた。

IMG_1130_R.jpg



ゴーストパイプのペアー、雌のお腹は卵でパンパン。

IMG_1076_R.jpg


今シーズンも同じ場所に、こいついったい何歳?

IMG_1095_R.jpg



2日目はタチャイ島&ボン島で大物狙いの予定だったが・・・

クマザサハナムロの群れにアタックするカスミアジ軍団。

078resize.jpg



先シーズンより増えたかな?ツバメオの群れ。

IMG_1171_R.jpg



がれ場ではキンチャクガニがお腹の卵を守っていた。

DSCF0133resize.jpg



体長1mちかいイトヒキアジのペアーが目の前を通り過ぎた。

DSCF0198resize.jpg




3日目はシミラン諸島へ。

1本目のスリーツリー、結構流れてたな~
砂地ではオーロラゴビーやアンダマンジョーがいっぱい。

砂地に点在する根には綺麗なソフトコーラル。
その根を覆い尽くすスカシテンジクダイが最高!

IMG_1231_R_20111124144442.jpg



近づくと興奮して体色が変化するホウセキキントキ。

IMG_1259_R.jpg


マクロネタもいっぱい!

158resize.jpg


170resize.jpg


P1010216resize.jpg



久しぶりにビーチに上陸してみた。

122resize.jpg



130resize.jpg


133resize.jpg


アニタズリーフに増殖中のタイワンカマス

DSCF0312resize.jpg



今シーズンも集めちゃいますよ~秘技!魚集め~

194resize.jpg



今回のクルーズで200本を迎えたAさん、おめでとう!
これからも安全に楽しいダイビングを~

012resize.jpg



今回のフォトコンテスト優勝は。。。
ナイトダイブでフグの激写をしたNちゃん、おめでとう~

218resize.jpg


クルーズ中にジンベイ目撃情報があったり、シーズン幕開けの
アンダマン海は熱いですよ~まだダイバーも少ないし、
この時期限定のスカシテンジクダイの群れや見どころ満載!

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

スポンサーサイト
2011.11.24 Thu l 未分類 l top ▲
集合2(船上)


前回のジンベイクルーズに引き続き二匹目のドジョウ狙いで、ヒンデン・ヒンムアンクルーズに行って来ました。

今回のゲストは14名。毎回愉快なゲストを引き連れてシンガポールから遊びに来てくれる、まさき君率いるSPECさんチームと、あこちゃん、美緒ちゃん、ようこさん、びんちゃん、ピヨピヨ1号&2号ことみっちゃんとみどりちゃん。14名のうち9名が女性と言う、相当レディース率の高い華やかなクルーズになりましたよ!

IMG_0945_R.jpg
IMG_0946_R.jpg


乗船スタッフは、Shoji,Kyo,Kojiのまたもや野郎3名。。。女性スタッフの到着が待ち遠しいですね。

到着時の雨で天候が心配されましたが、結果から言うと無問題!一時を除けば波も無く、快適なクルーズ日和でした。

大海原にポツンとあるヒンデンで、船は停泊できましたからね!シーズンの境目ではあるのですが、前回、今回と天気はGood。これも僕らスタッフの日頃の行いのお陰でしょうか。。。

IMG_0942_R.jpg


初日はヒンデン・ヒンムアンを日中に4本潜りました。スカシテンジクダイの群れにバラクーダの幼魚が混じり、雲のようになっています。個人的に気に入ったのはその中にいるハナダイギンポ。

普通は穴の中にいる彼らを可愛くとってもらうのですが、ここはスカシテンジクダイを背景に、泳ぐハナダイギンポを撮ってみてもらったのですが、皆さん上手く撮れたのでしょうか?すっかり画像を確認するのを今まで忘れていました。
HIN DAENG 3-7NOV11 (171)_Rのコピー

HIN DAENG 3-7NOV11 (22)_Rのコピー


そこへアジ系やフエダイ類、ハタ類が襲い掛かります。こちらは動画で撮った方がより雰囲気が出ますね。

岩に根付く赤と紫のソフトコーラルが美しく、その周りにはギンポやカエルウオ、ゴンベやサンゴハゼが駆け回ります。

HIN DAENG 3-7NOV11 (70)_Rのコピー


中層にはお馴染みのツムブリとマテアジの群れ。ピックハンドルバラクーダやカスミアジも多く群れていました。数名のゲストはラッキーにもヒレを広げるバショウカジキを至近距離からGet!僕は見れませんでしたけどね、、、

HIN DAENG 3-7NOV11 (41)_Rのコピー


相変わらず海中運が落ちているのか注意力散漫なのか、、しかもここ最近、ダイビング毎にくしゃみと鼻水が止まりません。これはもしや海アレルギーなのでしょうか。

さて、夜は宴。SPECさんといえば、歴代のビール記録の1位と2位を保持する呑んべいチーム。今回も持ち込んだワインやシャンパン、ウォッカや梅酒があっという間になくなります。

けど、最近すっかり弱くなってきた歴代2位のまさき君は、以前の半分くらいの消費率。来月のクリスマスクルーズも遊びに来てくれるので、次回は記録更新を狙って頑張ってもらいましょう!

レディースチームの方はガールズトーク?アッパーデッキに女性だけで集まって何やら話していましたね。怖い怖い(笑い)

肝心のジンベイは、次の日も引き続きヒンデン・ヒンムアンをそれぞれ1本づつ潜ったものの現れず、、、出港日にもたらされた出現情報で気合があまりにも入りすぎて空回りしたたのでしょうか?

ある意味、想定内の空振り三振に終わってしまいました…。シミランでリベンジしたいところです。

船はそのままコ・ハー(5つの島の意味)に移動して地形ダイビング。幻想的なエアードームのある洞窟ダイビングで気を取り直します。洞窟はいつ行っても逃げないのが良いですね!今のところ100%の遭遇率です(笑)

HIN DAENG 3-7NOV11 (217)_Rのコピー

HIN DAENG 3-7NOV11 (231)_Rのコピー


ダイビング終了後、プライベートに上陸して集合写真。ここは観光客も全くいない静かなビーチ。贅沢ですね~。次の日訪れたマイヤ・ベイはあまりの人の多さとゴミの多さにちょっとガッカリしちゃいましたけどね。

ま、映画で有名になった観光地なので仕方ないのでしょうが、ゴミくらいは持ち帰って欲しいものですよね。ちなみにロシアからの方が多かったです。

集合1(コハー)

コハー2

コハー1


最終日のダイビングは、ピピ島のビダノック。先週よりも透明度がUPしてましたね。エントリー直後にオニアジの大群に囲まれて潜行していくとホシカイワリの捕食が凄い!砂地の奥へレパードシャークを探しに行った帰りにはソフトコーラルが綺麗な根をマクロ探索。ハコフグの幼魚が可愛かったです。あ、そういえば、コクテンフグの行列は異様でしたけどね、

HIN DAENG 3-7NOV11 (283)_Rのコピー

HIN DAENG 3-7NOV11 (296)_Rのコピー


ロサマベイ


それと、今回は特別にこちらも映画の撮影地でもあるロサマベイの内側ギリギリまでクルーズ船を進入させて陸の観光。船長レックの腕あってこそのこのルートは素晴らしい景色でしたよ!皆さんデジカメでバシバシ撮影会。
今クルーズは、ピピ島上陸の変わりに周辺の観光案内を兼ねたクルーズのコース取り。楽しんでいただけたでしょうか?

透明度15~20m
水温29~30度
水中写真提供 Mr.MASAKI SHIMURA
2011.11.08 Tue l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。