上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
初めまして今回のクルーズ報告は只今修行中の私DAICHIが書かせて頂きます!

今回のクルーズはゲスト6名とスタッフHIGASHI,EMI,SAORI,RYU,DAICHIの5名で行ってきました。


2月23日

 DIVE1 モニュメントバレー
 DIVE2 アニタズリーフ
 DIVE3 ウエストオブエデン
 DIVE4 ドナルドダックベイ(ナイト)

1日目はシミランを潜っていきます!
まずは1本目チェックダイブでモニュメントバレーへ、透明度は20mほど
女体像や十二支の像を見ながらゆったりとダイビング。

nyotai.jpg


2本目はアニタズリーフ
砂地ではオーロラシュリンプゴビーやスパゲッティーイール
他にはヨスジフエダイの群れやコラーレバタフライフィッシュなども見ました

1


3本目はウエストオブエデン
最近大量に見かけるスカシテンジクダイやキンメモドキの群れ
大きなシーファンの周りに群れていて、綺麗でしたよ!
そしてなぜか10分ほど小さなコバンザメに追い回されるというハプニングもあるダイビングでした(T_T)


そして4本目はドナルドダックベイでのナイトダイブ
今回が初めてナイトダイブをするゲストが多くてドキドキのダイビングでした!
ブダイのまくはりやアカモンガ二、テングカワハギが珊瑚につかまって寝ている姿など。。。
最後には夜光虫も見たり、、、初めてのナイトダイビングはどうでしたでしょうか???


2月24日

 DIVE1 スリーツリー
 DIVE2 ボン島 ウエストリッチ
 DIVE3 ボン島 ノース
 DIVE4 タチャイ島 リーフ

2日目はシミラン、ボン、タチャイと移動日です!
1本目は眠い目をこすりながらスリーツリーでまったり!
砂地ではアンダマンジョーフィッシュが顔を出していたり、
リーフではエバンスアンティアスやアンダマンフォックスフェイス、
そしてカメ!タイマイがご飯中でした!
jaw.jpg

2本目3本目はマンタを狙ってボンへ移動
マンタを見た事がないゲストもいたのでみんなで祈ってから潜ってみるとすぐにマンタに遭遇
その後もマンタを沢山発見し5匹もいました!
11

4本目はマンタの興奮さめぬままタチャイ島に移動しリーフでローランズダムゼル、インディアンバナーフィッシュを見ながらゆっくりダイブ

3日目

 DIVE1 チ島 リーフ
 DIVE2 リチェリューロック
 DIVE3 リチェリューロック
 DIVE4 リチェリューロック

1本目はチ島リーフでワヌケヤッコやアデヤッコ見たりして大人気ポイントのリチェリューロックに移動しました

そして2、3、4本目はリチェリューロックに潜りタイガ-テールシーホース、フリソデエビ、ゴーストパイプフィッシュなど見たりブラックフィンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダなどの大物も見てマクロもワイドも楽しめたダイビングでした!
そしてこのリチェリューロックで私DAICHIなんと100本を迎えました!!!
20
gosta090120
IMG_2843.jpg


最終日

 DIVE1 ブンスンレック

最後のダイビングは沈船ポイントのブンスンレックで潜りました。
自分は初めてのポイントだったんですがふぐと群れが多いいポイントでした。
キンセンフエダイやニセクロホシフエダイ、ハーバーズトレバリー!
群れに突っ込んだり、囲まれたり、群れと遊んだ1本でした!

4泊5日みなさん大変ありがとうございました!


私事なんですが実は今回が最終クルーズでした。
みなさんホントにお世話になりました。
カオラックにきてダイビングをして色々と貴重な体験ができました。
また会える日を楽しみにしています!  DAICHI
スポンサーサイト
2011.02.28 Mon l 未分類 l top ▲
お久しぶりです。
アキです、
えっ!ご存じない?すいません、
クルーズ報告からかなり遠ざかってはや2カ月!
別にサボっていたわけではありません。ペコリ
シミランクルーズ、ミャンマークルーズと忙しい毎日、
陸を離れること約1カ月、いい感じに塩漬けされてきました。

そしてやっとこのときが~!
公約通りミャンマーの海を一番知りつくしたガイドになって帰ってまいりました!
日本人の中では・・・という自負であります。

さあ第3弾ミャンマークルーズはなんとゲストが9名!あれまっ!
イタリア人と香港人そして日本人であります。

ガイドは今シーズン、ミャンマークルーズ初参戦!KYO、
そしていつものアキの2名、それにパヌニー号所属のLEKの3名であります。

グローバルなメンバーでの6泊7日ミャンマークルーズ行っちゃいました。

初日
リチェリューロック × 2
透明度ナイス!
中層の魚影も濃く、マクロの人気アイドルの御三家も大忙しい!
カメラのストロボにももう慣れっこ?
期待を裏切らないポイントであります。
ジンベイはいずこ・・・

そのあとはタイの国境に向かいひたすら走ること5時間!
やっとこさ国境の町!ラノーンへ
ここはなんと温泉の町でもあるのです。
1泊温泉につかりたいものです。
いやミャンマーの海が待っている!
さあタイの出国!
1
ここがイミグレーション???
えっラノーンポート???
いつもはクルーズ船上で出国手続きなのはずですが・・・
こんなところで・・・
2
今回はちょっとしたパホーマンス???サービス???
3
これがアメージングタイランド!
4
のどかであります。ペコリ
無事に出国できたのか・・・心配!

とにかく今度はミャンマー入国!
今度はいつも通りクルーズ船上での入国!
5
みんなフレンドリーであります。ペコリ
すべての手続きが終わり、いざミャンマー、メルギー諸島!待ってろよ。

2日目
WESTERN ROCKY × 2
あれっ前回のクルーズのときと違う海に・・・
魚が少ない・・・あの魚影は・・・
しかし、ここには揺るぎない横穴洞窟が!
全長25メートル!
男の探検心をくすぐるポイントであります。
キンセンフエダイの群れは健在でありました。

SEAFAN FORREST × 2
ものすごいSEAFAN(ウミウチワ)であります。
直径2メートル!
推定200枚ほどが群生されたポイント!
そこにフュージラ、バラクーダの幼魚たちが埋め尽くす。
いいポイントであります。

3日目
BLACK ROCK × 4

大海原にぽつんとそびえ立つ山のようなポイントです。
一言でいえば、まるで中国!
ものすごい人口!いや魚!
巨大な根をフュージラ、バラクーダ、キビナゴが埋め尽くす!
多すぎる・・・
一人っ子政策が必要であります。

しかし、その必用がないかも、
ここにはものすごいハンター達が・・・
ヒラマサ軍団、ツムブリ軍団、マテアジ軍団、ホシカイワリ軍団、
他にはイトヒキアジような魚、イソマグロ達の容赦のないアタック!
まさに弱肉強食!

魚うずめく中に一日浸りました!
昨日までいたらしい8枚のマンタはいずこ・・・

4日目
TOWER ROCK

さあ、ここクルーズのメインでもあるモブラの群れを見るぞ~!
いざエントリー!
んっんっ目をこする、見えない見えない何もかも・・・
視界2メートル!
さらに追い打ちをかけるような激流!
そして岩肌には大量のガンガゼ爆弾!
なぜなんだ~!

自分が誰なのか?
どこにいるのか?
どうして???
意識が遠のく・・・

ゲストも同じ境遇に侵されていました。
心は一ついつまでも・・・
浮上であります。

スタッフ&ゲストの声も聞き相談の結果、
ポイントを変更するとになりました。

2本目 WEST TORRES
水中200メートルほど岩盤が続く山脈のようなポイント!
岩肌には色鮮やかな紫色ウミトサカが咲いており、
巨大なコブハマサンゴなどが群生しているポイントです。
魚はフュージラ、マテアジ、ツムブリなどの群れがみれました!

3本目 BLACK ROCK AGEIN
再びBLACK ROCKに戻ってきました!
本当にほっとする、ガイドをいやしてくれるポイントです。

4本目 時間的に日中は無理なのでイブニング&ナイトダイブ IN BLACK ROCK

これが予想以上におもしろかったんです。
岩肌には紫色のウミトサカが埋め尽くされているのですが、
昼間には垣間見ることができなかったものが・・・
ウミトサカをじっくり見ると、
ほぼすべてのウミトサカにウミトサカの花をつけたカニとイソコンペイトウカニが!
背景もいいし、カメラマンには最適!

でかいカイメンをかぶったカイカムリ、イカの赤ちゃん5MM,
他にもいろんな甲殻類がいっぱいでありました!
約1時間のダイビングとなりました。ペコリ

いい意味でも悪い意味でも長い一日でした。

4日目
SHARK CAVE
いまでは名前の由来、サメは過去の産物!
ここはプチ洞窟ポイント!
洞窟にはスポンジのような小さい黄色のカイメンが壁びっしり、
リュウキュウハタンポ、アトヒキテンジクダイがダイバーの行く手をさえぎります!
洞窟からでるとそこはガレ砂地が広がり、
じっくりいろいろ探すような感じ~!
え~と何見たか???
いろいろ、記憶が・・・潜りすぎかな・・・

HIGH ROCK
人生チャレンジ!
そうこのポイントは初めてであります。ペコリ
日本人初!もちろんゲストもであります。
残念ながら透明度がBAD!
水面に恐ろしいほどのカタクチイワシ!
未知なる探究心が新しいポイントの開拓につながるのであります。

どっぷり魚につかってのラストダイブでありました!

2月2日から始まった、3回にわたるミャンマークルーズ!
総評!
いや~長いようであっという間でありました。
参加してくださった総勢49名のゲストのみなさま!
本当にありがとうございました!

まだまだミャンマーの海は未知であります。
わかったところはほんのわずかですが、
もっともっと経験を重ねていかないとであります。

いたるところもありましたが、
自分なりにミャンマーの海を最善をつくして勢一杯ガイドしました!
これからもゲストに楽しんでもらえるようにがんばります。

公約通りいい意味でも悪い意味でも、
ミャンマーの海を一番知っているガイドになったことは間違いなしでしょう!ペコリ

また来年もミャンマークルーズよろしくお願いします!

P.S
海の写真がない・・・
クルーズに乗船したゲストのみなさま、
よいミャンマーの海の写真を募集中であります。
採用された方にはEDIVEから特性・・・をプレゼント!
2011.02.24 Thu l ミャンマー2011 l top ▲
シーズン真っ只中のタイ・カオラック。陸もだんだん暑くなってきました。
タイって一年中暑いんでしょ?って、そのとおりなんですが、タイにも3つ季節があって、HOT、HOTTER、HOTESTに別れてるらしいです(笑)。その中ではHOTTERくらいかなぁ。

今回のオレンジブルー号は、15名のゲストと一緒に、SHOJI、EBI、KOJI、DAICHI、TOMOが行ってまいりました。
ポイントはこんなかんじ。
まずはシミランからスタートし、ボン、タチャイ、そしてリチェリューと北上していく今回のスケジュールです。


シミラン諸島
・#5・6「アニタズ・リーフ」
・#7「ウェスト・オブ・エデン」
・「エレファント・ヘッド・ロック」
・#9「モーリング・ベイ」
・#9「スリー・ツリー」

ボン島
・「ウェスト・リッジ」
・「ノース」

タチャイ島
・「ツイン・ピークス」

・「リチェリュー・ロック」


さて。どこのポイントでも、一時期減っていたスカシテンジクダイが復活。一緒にキビナゴ、イワシの子供たち、フュージュラーの子供たちもいて、根やリーフの上にまでごっちゃり群れている様子はまるで霞のよう。
ということは、捕食も盛ん。
カスミアジの編隊、イケカツオ、イソマグロの子供たち、アミメフエダイ、、、と様々な捕食者に狙われ、逃げまどう小魚たち。この光景をみると、どうもドッヂボールを思い出すのは私だけ?

そうそう、スカシテンジクダイの中には、よくバラクーダの子供がまぎれています。よく見ると細長くって、小さくてもちゃあんとバラクーダの形をしていて、すっごいかわいいんですよ~!

かわいいといえば、、、

ハナダイギンポ
ハナダイギンポ。かわいい表情で、モデル人気№1!

イヤースポッド
イヤースポッドブレニー。素早い動きのこの子をよく撮りました~。

ローランズ
ローランズダムゼル。天使の輪っかがキラキラ☆

アカオビ
アカオビハナダイ。きれいな色にほれぼれしちゃいます。

ハナヒゲ
ハナヒゲウツボ幼魚。びよ~~~んと伸びてました。今日は黄色はどこいったのかなぁ。

トマト
トマトクマノミ。白線の入った子供がやっぱりかわいい♪

ウバウオ
アンダマンウバウオ。アンダマンの固有種、というよりリチェリュー・ロックの固有種?

ゴースト
ゴーストパイプフィッシュ。だんだん子供が増えてきたみたい。

コラーレ
コラーレバタフライフィッシュ。インド洋代表チョウチョウウオ。

フリソデ
フリソデエビ。キレイな晴れ着ですね。


しかしクルーズの楽しみは水中だけではありません。


上陸
ビーチへ上陸~!
真っ白&ふかふかのビーチが、みなさまをお待ちしています。
ここでのグラビア撮影もオススメ。南の島に来たなぁ♪ってカンジのすてきな仕上がりをお約束いたします。



 (参考写真)
   ↓
kyo[1]
(C)越智さん

ね?



上陸したビーチ=シミラン諸島#8・ドナルドダック・ベイにあるバランスロックへ登っちゃいました。
シミランの陸上では、いちばん有名なところでしょう。

バランスロック
ん?見たことのある顔…。
そう!今回は5シーズン前に働いていたふーちゃんが、お客さまを連れてショップツアーでやってきてくれました~!
ひさびさに登場のふーちゃん、なんだか女らしくなったって評判です!


夕日

船上では、水平線に沈む夕日も見れちゃいます。
もちろん爽やかな朝日も、満天の星空もね。





さあ話を水中に戻しましょう。

なんといっても、マンタ!!!

マンタ3

マンタ2

マンタ1


すぐ近くでぐるぐると何回もまわってくれて、しかも独占状態。全員がじっくり見ることが出来ました。

さらにさらに!
タチャイにロウニンアジが復活~!!

タチャイ
ローニン2
ローニン

イエローバックやイエローダッシュ、クマザサハナムロといったフュージュラーの中を大迫力で泳ぎまわるロウニンアジに、みんな大興奮!
流れも強かったけど、それを上回る面白さでした!



記念ダイブもいっぱい!

ゴッチ100
Gッチ・100本!

ハレオさん700
H男さん・700本!

マメリンBD2
Mりん・200本&バースデイ!
なんと、記念ダイブと誕生日が一緒に!


いやいや今回のクルーズ、なんだかやたら集合写真を撮った気がするなぁ。それだけ盛り上がったってことで!
みなさん、どうもありがとうございました~!


by TOMO

写真提供:Sっち、Kさん、ふーちゃん ありがとうございました!


2011.02.21 Mon l 未分類 l top ▲
2011年2月9日~15日ミャンマークルーズ報告。

今シーズン2回目となりましたミャンマークルーズ。今回のゲストは全員で20名。満席御礼!10日夜9時半ごろ全お客様到着後、船は一路リチェリューロックへ向かい出港!
早朝の気持ちのいいリチェリューロック。まずは、深場でのマクロウォッチング。ピョンピョン跳ねる可愛らしいタイガーテールシーホースに、紅白のニシキフウライウオのペア。幼魚から大人のトマトアネモネフィッシュを観察。
2本目はキンセンフエダイの大群、ブラックフィンバラクーダーや、ピックハンドルバラクーダーの群れ、そして、中層には、イエローバンドフュージラーの大群に突っ込む大型のカマスサワラに、根に群れるスカシテンジクダイを捕食するニセクロホシフエダイや、マテアジなどなど。フリソデエビも観察。さすが世界に誇るリチェリューロックの海でした。
その後一路国境まで。時間があったので映画鑑賞したり、昼寝をしたり、読書をしたり、それぞれが思いのままゆっくり。夕方出入国を終えて、ミャンマーの海を一っ走り。
朝到着したポイントは、ウエスタンロッキー。大きな洞窟に入ると、外から差し込む光の入り口は絶景。洞窟の中には、トマリヒイロテンンジクダイやカノコイセエビなどなど。洞窟を抜けると、見事なぐらいに根一杯に広がるソフトコーラルに小魚が群れ、根にはマッコスカーズラスは華麗な鰭を広げる。
weastern rocky
2本目はシーファンフォレスト。根の裾野一杯にはシーファン(ウミウチワ)が見事に拡がる。深度を上げるとソフトコーラルにビッシリと魚が群れ、そこに、ツムブリ、マテアジなどの回遊魚の群れが捕食に突撃!時々大型のカマスサワラが突っ込むと同時に、群れが砕け散る。ツノダシなども群れ、群れに色をつける。ソフトコーラル畑を潜り抜け浅場で安全停止後浮上。
seafanforest
3本目も同じくシーファンフォレスト。今度は捕食狙い。ツムブリ、マテアジの大捕食!そして、20cmのオオモンカエルアンコウを観察。
4本目はまたウエスタンロッキーへ戻り、再度ダイビング。今度のダイビングはこのウエスタンロッキーに生息するギターシャーク(シノノメサカタザメ)狙い。一番西側の根からエントリーすると、流れは強い。が、流れの先には、グルクンが群れ、マテアジ、ホシカイワリ、ツムブリなどの回遊魚。そして、3m近い大型のトラフザメを発見!ゆっくりとこちらの方へ向かってくる。そして、また向こうへ去っては、また出現。今度は我々の顔のすぐ前まで大接近!そして深場へ逃げていく。なんとカメラマンの越智さんはそのトラフザメを追ったときに、シノノメサカタザメを発見!
夜船を走らせ、2日目。今度のポイントはブラックロック。流れの上に出ると、スカシテンジクダイ、バラクーダーの幼魚が群れている中に、ツムブリ、マテアジ、ホシカイワリ、そして、小型のロウニンアジなどの回遊魚が捕食合戦!そんな捕食を見ていると、中層から4mは超える大型のマンタが急接近!マンタはぐるっと回転して、去っていく。そして、しばらくするとまた出現、また出現!中層から目を離せない。さっきよりは小型の3mのマンタも出現。最後までマンタ、マンタのマンタ三昧!
blackrock manta
2本目もブラックロック。今度は反対側のドロップオフの深場でスジクロユリハゼ狙い。スジクロハゼを数匹発見。しばし観察していると、今度は30mの深度でマンタが颯爽と登場。スジクロユリハゼどころではない。その後浅場に移動しても、またマンタ、またマンタ!
blackrock manta2
3本目もブラックロック。同じくドロップオフ側でエントリー。根にはビッシリとスカシテンジクダイとバラクーダーの幼魚が畳20畳以上に拡がる。その見事な小魚の絨毯を観察しているとまたまたマンタが出現!少し進路を取って、潮のコーナーへ出ると、またまたマンタ、マンタ!今度は4mの大型マンタが3mのマンタを2枚後ろに従えて登場!そして、またまたマンタが大旋回!何度も何度も登場して、最後は安全停止の時にも我々に大接近!
blackrock jutan
4本目は、水深18mでニシキフウライウオのペアを観察、1cmほどの小さな可愛いタテジマキンチャクダイの幼魚も発見。その後スカシテンジクダイの絨毯、そして、潮のコーナーへ出ると、ヒラマサの大群が登場!そして、ヒラマサの群れを観察していると、その上をマンタが登場!マンタ、マンタ、マンタ三昧のブラックロックでした。
blackrock ghost
blackrock hiramasa
blackrock manta3
夕方は、パヌニー号お馴染みのサンデッキにてBBQパーティー。夕日がゆっくりとブラックロックの背に落ちる中、焼きたての美味しい肉、魚介類を肴に乾杯!!
BBQ.jpg
その後船は一路、タワーロックへ。今回は初めて朝1本目からのタワーロックでのモブラ狙い。潜ると同時にいましたモブラ!!1匹、そして、また1匹!今度は3匹の群れで登場、そして、ついに8匹の群れも登場!最後は深場に10匹以上の群れ!別のチームは潜行時に40匹の群れを見たとのこと。次はもっと大きな群れを!
towerrock.jpg
2本目はしばらくして4匹の群れ!大きな群れはどこに。3本目は更に少ない。(実はうちのチームは全く診れませんでした…)どうやら、今回は群れが少なくなってきたよう。
4本目は透明度の良いウエスタントレスへ移動。透明度は30mオーバー!グルクンの群れやツムブリ、マテアジの捕食、そして、大きな赤いオオモンカエルアンコウも発見!
westentorres oomon
そして、最終日。前回越智カメラマンのみが見たギターシャーク(シノノメサカタザメ)を狙いに再びウエスタンロッキーへ。潮はかなり流れている。潮上はどうやら厳しいよう。が、見事なほどに咲き誇るソフトコーラルに群がる小魚、そして、それに襲い掛かるツムブリ、マテアジなどの大捕食!ウミウチワにはニシキフウライウオも発見。
2本目もギターシャーク狙いで行くが、さっきより強い流れ。潮下で美しいソフトコーラルの中、ヘリゴイシウツボ、マッコスカーズラス、ニシキフウライウオ、ウミウシなどのマクロ観察。
そして、ダイビング終了。船は国境の町、コトンへ。上陸して、ミャンマー寺院見学。眺めの良い場所に建つこの静寂な寺院に、まるで心を洗われるよう。最後は記念撮影をして、各々買い物などしたり。
myanmartemple.jpg

1週間のミャンマークルーズ、皆様お疲れ様でした。仁さん、幹ちゃん、600本おめでとう!そして、今回ナイトロックス講習を6名の皆様が修了!これからも安全に楽しくガンガン潜って下さいね!
2011.02.18 Fri l ミャンマー2011 l top ▲

年越ししてからあっという間に2月になり、その間にediveでは風邪が大流行・・・。
ですがですが、なんとかかんとか持ち直し、大忙しのこの旧正月クルーズいってまいりました!
忙しいことは嬉しいこと。感謝すること。
スタッフ一同、力をあわせて頑張りましょう!と気合をいれなおしです♪

同時期にダイブショップさんチャーターのダイブマスター号、魅惑の地ミャンマークルーズのパヌニー号と共にオレンジブルー号も出発です。

今回は19名のゲスト様、スタッフは子育て真っ最中のKYO、突っ込み上手な?SAORI、ぐんぐん成長中のKOJI、新しいワンピースを買ってウハウハのEMIの計23名でいってまいりました。

2月11日
Dive1 アニタズリーフ
Dive2 シャークフィンリーフ
Dive3,4 エレファントヘッドロック
初日はシミランから行きましょう。

透明度は少し落ち気味。
15m-20m
水温はところどころ深場にサーモクラインがかかり、27度~29度

砂地でまったりです。
深場にはヒレナガネジリンボ、アンダマンの固有種アンダマンジョーフィッシュ、オーロラパートナーゴビーにブラックシュリンプゴビーなどなどをじっくりチームごとに観察。
ナポレオンをみたチームも!

そして二本目はシャークフィンリーフ。
久々です。
おっと流れてる!
エントリーしてからカンムリブダイが出現。
アンダマンスイートリップス。
黒い斑点がはえて美しい魚です。

三本目、四本目は最近熱い?エレファントヘッドロック。
先週じ○がでた・・・。
KYOさん博打打ち??
いやそんなことはない。
入ってみたら、そりゃ、魚がいっぱい。
イエローバックフュージュラー、サバヒーの群れがどんどこ流れてきます。
大きなイソマグロも通ったり…たしかになんだか大きいものがいたりして・・・。
小物はこれまた開いたその姿が大変美しいマッコスカーズラス。
これは動画に最適な魚。
そのほかずーーーっとご飯を食べる亀さん・・。
1

スミスズブレニーやイヤースポットブレニーなどインド洋の固有種がみれました。

2月12日
Dive1 ウエストオブエデン
Dive2 スリーツリーズ
Dive3 ボン島 ノース
Dive4 ボン島 ノース(ナイト)
翌朝も早起きでございます。
早い人は5時から起床。。。
オレンジブルー号ならではの美味しいコーヒードリップで朝の優雅なひと時。

今日はウエストオブエデンから。
透明度は同じく15m-20m。
流れは少し。

ウエストオブエデンでは人気のハナヒゲさん。
2

EMIチームがいくと既にKYOチームが観察。
ここはマクロも面白いですが、深場の大きなウミウチワを観るのも楽しみの一つです。


最後のシミランダイブ。
スリーツリーズ。

このダイブでの記念ダイブはJINちゃん!
500本です。
皆で記念撮影!
4

砂地ではFねえチームと一緒に砂地でじっくりダイブ。
アンダマンジョーフィッシュの求愛SHOWがみれました。
一生懸命メスの巣穴に入ろうと試みるオス。
いやがるメス。
巣穴にはそうそう簡単にはいれてくれません。
あたふたと巣穴の上で全身をだして私たちにサービスを振舞ってくれるオス。
最後には無事に愛は実ったようで仲良く巣穴へ・・・。
面白く珍しいダイブとなりました。
3


さぁさぁ、シミランを後にしたオレンジブルー号。
行く先はボン島。
このダイブで記念ダイブとなったのはFねえ。
900本記念です。
5

水中でも船上でも盛大にお祝いです。
6


そしてなによりもお祝いにかけつけてくれたのは・・・マンタ!
これにはFねえも大喜び。
しかもずっとずっとぐるぐる。
7

おめでとうございました!

ラストはナイトダイブです。
珍しくボン島にて。

ここはやたらとサンゴモエビが多く、水中でチカチカ目が光ります。
そのほかにもオニカサゴ、ネッタイミノカサゴの赤ちゃん。
イカの赤ちゃんも水面に。

2月13日
Dive1 ボン島ウエストリッジ
Dive2 ボン島ノース
Dive3,4 タチャイ島ツインピークス

中日です。
今回は5泊6日クルーズ。
いつもよりも一泊長いクルーズです。
なので今回はボン島じっくり攻めます!
一本目は流れガンガン。
マルチバーパイプフィッシュ、アケボノハゼ、ルボックスブレニーなどなど小物も面白いボン島。
朝いちの醍醐味はなんといっても捕食。
アミメフエダイ、クロコショウダイ、イッテンフエダイ、インドカイワリたちが捕食活動を行っていました。

二本目はそろそろ起きてくるのか、マンタさん。

はい・・・いらっしゃいました。
来てくださいました。

人もたくさんいたけども、ぐるぐるまわってくれました。

ダイバーさんまずは追っかけてはいけません。
待っていればきっと来てくれます。
急がば回れです。

ありがとう。マンタさん。


3本目4本目はタチャイ島ツインピークス。
流れ強し。
透明度はタチャイに来ると20mオーバー。

ちょうど潮がまわりはじめたころに入ったので、カスミアジの群れ、大量の湧き出るようなクマザワハナムロにイワシの大群。
ホシカイワリのまわってきます。
そして中盤。
どーーーんときました。
大量のブラックフィンバラクーダー。
圧巻です。
8

4本目も同じくタチャイ島ツインピークスで。
こちら、50本記念のYおちゃん、200本記念のアシストで乗船のTAKUちゃん、数えてみたらediveだけで50本記念のSちゃんのお三人様。
2クルーズ連続乗船チームです。
9

おめでとうございます。

4本目もカスミアジ、マテアジ、ギンガメさんも出現。
おなかいっぱいの一本となりました。

2月14日
Dive1~4 リチェリューロック
透明度はすこーーん。
30mほど?
よく見えます。
すごくきれいです!
ワイドばっちり!

そろそろ大物よぉぉ~来てくれはしないかのぉぉ~???
と期待をせずにして潜れないのがここ!
いやーーーすごかった。
何が?
それはそれはたくさんのイワシの群れ、魚のカーテンが形成されます。
ニセクロホシフエダイ、イエローテールバラクーダーたちが深場に。
ブラックフィンバラクーダー、キンセンフエダイの群れも健在。
16

小物も充実。
フリソデさん。
12
ベイビーもおります。
しっかり頑張って生きてね♪

ゴーストさんも成長中。
13
14


いつになったら孵化するか・・・タイガーテールシーホース。
15

そのほかにもアンダマンミミックファイル、トマトクマノミ、モザイクウミウシ、トラフケボリタカラガイ、ベンケイハゼ、トマトクマノミの成魚と赤ちゃん。
10
11


マクロもみるけど・・・気になるのは沖合い。
今回はじんべいについてくるパイロットフィッシュのスギを発見。
うーーーん近づいているのか・・・。

どきどきします。

ですが、まだ主役は登場してくれませんでした・・・。

しっかり潜り倒した4本でした。

最終日、カオラック近くのブンスンレック。
ここも久々。
透明度はまぁまぁ。15mほど。

このダイブの醍醐味。
ハーバーズトレバリー大発生。
18

群れ群れ群れ。
気持ちのいい群れの中でのダイブ。
フタホシタカノハハゼ、ハニーコブモレイ、ブラックシュリンプゴビー、やたらと多いヒトヅラハリセンボンなどなど。

魚に囲まれたラストダイブとなりました。

このラストダイブで記念ダイブとなったのは・・・100本記念のまっすん!
しっかり17本潜りました!
本当におめでとうございました!
17

フォトコン優勝は「えーーーーありえなぁぁーーーい」とびっくりだった愛知のともねぇ。
いや、ありえるんですよ!だって一位ですから!
皆様ぜひぜひフォトコン楽しんでくださいね♪♪
18

今回の5泊6日クルーズ。
天候にも大変恵まれ、波もほぼなく、毎夜の宴会、毎日のお昼ね、美味しいお酒にワイン。
毎年この時期に来てくださるゲストの皆様、今回初めて乗船の皆様、ありがとうございました!

17

記念ダイブの皆様おめでとう♪
19
★(スペシャルフォトサンクス)Fねえ
2011.02.16 Wed l 未分類 l top ▲
こんにちわ!
皆さんお久しぶりです、Ryuです。
今回のクルーズ報告は僕がお送り致します。

さて、今回のクルーズはBIDさんのショップツアー18名様のゲストに、スタッフはTOMO.EBI.RYUの3名で行ってきました。
そして今回は皆さんにお馴染みのボート「オレンジブルー号」ではなく、「ダイブマスター号」での出航です。
ボートの説明時から皆さんテンションが高く、しょっぱなから船上はとても賑やかでした。


2月11日:天気(☂~☀)
初日はシミラン諸島からスタート!

Dive1:モニュメントバレーでチェックダイブ。
オビテンスモドキ幼魚
エントリーしてすぐにオビテンスモドキの幼魚を発見♪
水玉ハゼ
水玉ハゼ

そして、津波の後に作られた女体像に男性陣大興奮(?)

Dive2:アニタズリーフ
最近、どこのポイントでもスカシテンジクダイがもの凄く沢山いて、とても綺麗です。
カクレクマノミ
スカシテンジクダイと、皆大好きカクレクマノミ。
Dive3:ウエストオブエデン
ハナヒゲ幼魚
ハナヒゲの幼魚と成魚が相変わらず元気に顔をのぞかせていました♪

3本目から上がって、おやつを食べてからドナルドダックベイに上陸しました♪
上陸
はい!チ~ズ
バランス
ドナルドダックベイに上陸したらここ(バランスロック)に登りましょう♪
今日も彼らのおかげでバランスロックはバランスを保たれております(笑)

この日の最終ダイブはスリーツリーズでまったり♪
オーロラ
オーロラシュリンプゴビー

この日は
タカニャン
Tチャンが100本記念ダイブ

そして
ゆうちゃん
Yチャンが50本記念でした!おめでとうございます♪
そしてそして私事で大変申し訳ありませんが、僕も隠れ100本記念ダイブでした。

2月12日:天気(☀) 
2日目はエレファントヘッドロックからスタート!
覗き穴
まずは、エレファントヘッドロックの覗き穴でパチリ。

そして、普段は砂地にいるウミテングが
ウミテング
岩の上にいるからビックリ!

ダイビングの後半には
タイマイ
タイマイが朝ご飯を食べてました♪

2本目から北上して、ボン島に移動!2本目3本目ともちろん奴狙いでいきます。
果たして奴は現れるか...

ボン島での1本目は西側のウエストリッジへ。
皆さんワクワクドキドキしながらエントリー。

がしかし、マンタは45分たっても現れず...残念。
さ、気を取り直して2本目です。
2本目は北側のポイントからのエントリー。

たのんますマンタさん!





じゃん!!
マンタ1
マンタ2
でました~マンタさん!
しかも2枚も♪30分以上優雅に泳いでいました♪
今回、初めてマンタを見た方が沢山いたので、船の上ももの凄く盛り上がりました♪

そして、興奮冷めぬままタチャイ島に向け北上していると
イルカ1

イルカ2
なんとイルカの群れに遭遇!

自分も野生のイルカを見たのが初めてだったので、もの凄く嬉しかったです♪

この日の最終ダイブは、タチャイリーフでの~んびり。
コラーレ
夕方は、人間達と同様お魚もお食事の時間です♪(コラーレバタフライフィッシュ)
タイマイ2
本日2回目のタイマイの登場です。

そして夜はバーベキュー!
BBQ1.jpg

BBQ2.jpg

BBQ3.jpg
この日は夜遅くまで宴会が続きました。

2月13日:天気(☀)
あっという間に最終日です。
天気も良く、この日の後半はリチェリューロックで3本!
マンタ、イルカと良い流れが出来ているのでジンベイに出会えるんじゃないかなと淡い期待も...

1本目は「コ・チー」です♪
ピカチュー

ヒレナガネジリンボ
ヒレナガネジリンボ

皆さんじっくりと写真を撮っていました♪

さて、残すところ3本リチェリューロック!
どうやらリチェリューは流れがかなり強いらしく、EBIがブリーフィングで「激流ロック」とおっしゃっておりました。
申し訳ございません。




さて、気を取り直していきましょう。
まずは、リチェリューのアイドルと言えばこちら
タイガーテール
タイガーテールシーホース。

お次は
フリソデ
フリソデエビ
ネズミフグ
ネズミフグ
カクレクマノミ2
カクレクマノミ
スカンク
スカンククマノミ
トマト
トマトクマノミ
トマト幼魚
トマトクマノミの幼魚
キンセン群れ
最後はキンセンフエダイの群れ!

今回は残念ながら、ジンベイに出会えませんでした。残念。
しかし、魚影の濃さに皆さん大興奮でした♪

最終日の夜は
PARTY.jpg
記念ダイブパーティー!
ケーキ
お祝いのケーキも♪
タイ人ガイド
そして、今回お世話になったタイ人ガイドの皆さん。(左から、バイさん.ダウさん.バンクさん.アームさん)
集合



皆さん、本当にありがとうございました!

最後はやっぱり














エンジェル
エンジェル....



写真提供:Mさん.Kさん.Nさん
ありがとうございました!











2011.02.15 Tue l 未分類 l top ▲
2月5日~9日クルーズ報告

こんにちわー!
2月5日~9日までクルーズ行ってきました!
今回のクルーズは、ゲスト20名 スタッフ5名kyo emi ebi saori kojiです。
このクルーズは天気にも恵まれ、海も穏やかなクルーズでした。
でも、船上は賑やかな雰囲気!!

1日目
DIVE1 アニタズリーフ
DIVE2 ウエストオブエデン
DIVE3 エレファントヘッドロック
DIVE4 タートルロック ナイト

1日目から天気は良好!!
ダイビングはシミランスタートです!!

1本目は、アニタズリーフでチェックダイブ!
砂地でのんびりオーロラやブラックシュリンプゴビーのハゼ観察。
小さい根にはスカシテンジクダイが群れていて、そのスカテンの命を狙う集団カスミアジ。。。
生きていくためにはしょうがない。
中層に目をやるとイケカツオもいました。



2本目は、ウエストオブエデン!
深場ではハナヒゲウツボ!アケボノハゼを見ました!
フュージラー系の群れもさぁーっと通っていきました。
ダイビングの後半にはウミガメ君ががむしゃむしゃ食事中!!
画像 106





3本目は、エレファントヘッドロック!
岩場ポイントで地形メインのダイビング!
やはりここにもウミガメ君

岩の近くにはラインの綺麗なワヌケヤッコ
あとはマッコスカーズラスが元気にフラッシュ!!! 
〔この一日後エレファントにてジンベイ目撃情報が入る〕


3本目を終えて№9の島に上陸!!
上陸後はバランスロックに登ったり、砂浜で砂だるま作ったり、シュノーケルを楽しんだりしました。
画像 130
画像 111




4本目はタートルロック ナイト
久々のナイトダイビング
今回初めてナイトを潜る方が何人かいました!!
夜は魚も寝るからチャンス!!
ネッタイミノカサゴが色を変えて寝ていたり、オオアカヒズメガニやフシウデサンゴエビなどもいました。




そんな感じで一日目終了!!


2日目
DIVE1 スリーツリー
DIVE2 ボン島
DIVE3 ボン島
DIVE4 タチャイ

あいつ狙いで2日目は移動日!
1本目はシミランスリーツリー!
砂地にはジョーフィッシュやオーロラゴビー!
中層にてバラクーダを探してたら終了ー!!



そして移動!!!

2本目はボン島へ!!
もちろん狙いはマンタでしょうー!
エントリーしてしばらくしてもなかなか現れない。。。
諦めかけて安全停止しようと思ったその時!!
登場!!!
ぎりぎりの登場に潜水時間オーバー。。。しょうがない!
画像 115
画像 117




3本目もボン島
もう一度みたいという気持ちが通じたのかな?
エントリーして5秒でマンタ登場!
しかも2枚で追いかけっこ中!
画像 118


そして、記念ダイビングの方がいました!!
ケイコさんです!
500本記念おめでとうございまーす。
画像 133



4本目はタチャイ ツインピークス!
少し魚影が少なく感じましたが、ロウニンアジやギンガメを見たチームもありました。


3日目
DIVE1 リチュリューロック
DIVE2 リチュリューロック
DIVE3 リチュリューロック
DIVE4 リチュリューロック

1本目から4本目までリチュリュー!!!

大物を来たいしつつ行きましょう!!


妊娠中?タイガーテールシーホース、ゴーストパイプは健在!!

画像 119

もの凄い数のキンセンフエダイの大群!!
岩の隙間にフリソデエビ2匹!近くにフリソデベイべー発見!!
画像 120


ブラックフィンバラクーダやピックハンドルバラクーダもコの字の中で見れました。
画像 121
画像 123


そしてこの日に誕生日を迎えた方がいます!!
ユキオちゃんです!!ハッピーバースデイ!!
画像 141
画像 139



最終日ダイブ!
ボン島ノース!!!
緩やかに流しながらマンタ探し!!
遠くに小マンタを見つめながらリッジの方へ流しました。
するとホワイトチップリーフシャークに久々に出会いました。

こんな感じでダイビング終了!!
今回のクルーズも大物出ましたね!
最近ボン島でのマンタ遭遇率が上がりましたね!
1日ずれていればジンベイにも会えていたかも。。。笑

あと、ノンダイバーながらクルーズに参加してくれた よしママ&砂場ちゃん!!
美味しいランチを作って頂きありがとうございました!!
画像 132
画像 135
画像 136


それでは、賑やかな4泊5日クルーズありがとうございました!!
画像 140




2011.02.10 Thu l 未分類 l top ▲
1

行ってきました!今シーズン初のミャンマークルーズ。
ゲスト18名と越智プロカメラマン、スタッフはHigashi , Aki , Shoji で行ってきました。
タイ国内からミャンマー海域へクルーズを催行してる数少ないクルーズ船パヌニー号で秘境ミャンマークルーズのスタートです。

2月3日
・リチェリューロック
・リチェリューロック

クルーズ初日はリチェリューロックで午前中に2本潜り、そのあと船はタイとミャンマーの国境ラノーンへ。ここは海を挟んで東側がタイ、西側がミャンマー。船に乗ったままそれぞれの港で出国と入国を済ませた船はミャンマー海域へのポイントへと向かった。

2月4日
・シャークケーブ
・シャークケーブ
・ノースツイン(ピナクル)
・ノースツイン(リーフ)

クルーズ2日目からはいよいよミャンマー海域メルギー諸島でのダイビングが始まった。
午前中はシャークケーブというポイントで2本潜る。昔はケーブ内にグレイリーフシャークが棲みついてたが今はケーブ内のサメ穴と呼ばれてる場所にナースシャークがたまにいるだけらしい。今回は残念ながらお出かけ中だったみたいだ。洞窟内はリュウキュウハタンポ、アトヒキテンジクダイダマシなどが群れていて、海面に通じる穴から差し込む光と群れが美しい景色を作っている。洞窟を出ると砂地が広がっていてガンガゼがやたらと多くてマジマクロイシモチやガンガゼカクレエビがいっぱい。シミランでは見たことのないコブヒトデもそこらじゅうにいてヒトデヤドリエビとコブヒトデの模様をマクロで撮ると結構面白い絵になる。岩の斜面に沿って進んでくとタイワンカマスが群れてたり、ヤギにタイガーテールシーホスがいたりとのんびり&じっくりダイビング。

2月5日
・ウエスト・トレス
・タワーロック
・タワーロック
・タワーロック

3日目の1本目はウェスト・トレス。昨日と違って海が青い!透明度は20m以上はある。
エントリーしてすぐにグレイリーフ・シャークが遠くに見えた。これは期待大か~と、思ったけど以降はツムブリの群れ、クロハギの群れ以外はこれといってとくになし。。。

3

2本目以降は今回のクルーズでの最大の目的であるモブラ(ヒメイトマキエイ)の群れを狙ってタワーロックへ!パヌニー号のオーナーであるMr.Jakurinが開拓したポイントで現在ここで潜れるのはパヌニー号だけというオリジナルポイント。
島と隠れ根の間に数十匹から多い時には数百匹のモブラが集まるという。通常このポイントは透明度が10mないくらい濁ってると聞いてたが、1本目同様20m以上はありそう。
潜降してすぐに1枚のモブラがゆっくりと泳いでこちらに向かってきた。その後は5枚、10枚とどんどん増えて来てあちこちでタンクを叩く音が鳴り響く。ダイビング終了間際には50枚以上の群れに遭遇。3本目、4本目もモブラ狙いでタワーロックを攻める。
残念ながら2本目の時のような大きな群れには遭遇できなかったけど、10枚、20枚のモブラの群れにゲストも皆満足の1日でした。

2月6日
・ブラックロック
・ブラックロック
・ブラックロック
・ブラックロック


2

4日目はミャンマー海域でも屈指の大物遭遇率が期待大のポイント。ブラックロックで4本潜る。島の西側はドロップオフになっていてスカシテンジクダイとバラクーダの幼魚の群れが視界を塞ぐ。そこにツムブリ、マテアジ、イソマグロなどが突っ込む捕食シーンは迫力満点!夕方にはヒラマサの群れやマテアジの群れ、ピックハンドルバラクーダ、そしてマンタも現れた。

5

またこのポイントではシミランやスリンでは見ることのない生物にも出会える。そのひとつがスジクロユリハゼ。なんと34m前後にコロニーがある。通常は40~50mの深場に生息してるハゼなので、ハゼ好きの方はもちろんそうでない方も一見の価値ありです。

2月7日
・シーファン・フォレスト
・ウェスタン・ロッキー

最終日は午前中に2本潜りラノーンへと戻る。
1本目のシーファン・フォレストは水中に広がる隠れ根で、ポイント名の由来と思われる大小様々なウミウチワが根のいたる所で見られる。そのウミウチワを覆い尽くすほどのスカシテンジクダイを下から見上げると、潮の当たる根の上の方で小魚の群れがツムブリやマテアジに追われて様々な形へと変化してる。根から少し離れた中層で大物を狙う。
スマガツオの群れ、ピックハンドルバラクーダなど見れたが、運が良ければジンベイザメにも出会える大物期待のポイントだ。

クルーズ最終ダイブは今回のもう一つの目的であるギターレイ(シノノメサカタザメ)を狙ってエントリー!このポイントは大きなケーブがあり、水深20mまで潜ると大きな口をぽっかりと開けている。入口を入ってしばらく進み振り返ると洞窟の外から差し込む光が幻想的な青色のグラデーションをつくっている。洞窟内ではカノコイセエビやトマリヒイロテンジクダイ、リュウキュウハタンポなどが見られる。
洞窟を出ると切り立った斜面の根が姿を現す。根には色鮮やかなソフトコーラルがびっしり。流れが強いので根に沿って移動。根と根の間の砂地にギターレイがいないかチェック。
流れが強すぎて根の反対側に行けず断念。。。

7

そろそろ安全停止しようと思って浅場に移動すると・・・水深7mぐらいにマッコスカーズラスの群れ。こんな浅場で見たのは初めて!

初日同様に午前中でダイビングを終えてラノーンへと向かう。昼からビールを飲みのんびりしたり、お昼寝したり、映画を見たりとみなそれぞれの時間を楽しみながら船は夕方ラノーンへ到着。ここで今回のクルーズで初上陸となるミャンマーへお寺見学と市内観光チームに分かれてミャンマーを探索。

長かったようであっという間の7日間。
みなさんお疲れさまでした。
今回のクルーズで100本記念を迎えたけいこさん、1000本記念を迎えた青木さん
おめでとうございます。
これからも安全にダイビングを楽しんでください。


写真提供 Mr.Jakrin

2011.02.09 Wed l ミャンマー2011 l top ▲
28

こんにちは~^-^

盛り上がってきましたぁ~☆

10名の愉快なゲストとSHOJI・AKI・TOMO・KOJI・DAICHI・EBIで
オレンジブルー号 出港です~♪”

初日からわきあいあい☆

シミラン諸島からの出発^-^

1日目☆
 DIVE1:アニタズリーフ
 DIVE2:ボルダーシティー
 DIVE3:ウエストオブエデン
 DIVE4:モニュメントバレー

透明度GOOD^-^
朝から気持ちのいいダイビング~♪”

3
今年はどのポイントにもスカシテンジクダイいっぱい^-^
水中もにぎわってます!!!

中層いっぱいにイエローバッグフュージュラーが群れる中、
大きな大きな巨大イソマグロがアタック!!!  さすがに、イソマグロが大きすぎて、
フュージュラーが一斉に逃げ回る姿は圧巻でした^-^!!!

1
砂地にはおなじみオーロラシュリンプゴビー^-^

8
ブラックシュリンプゴビーもぽこぽこいっぱい!

4
大人気中のハナヒゲウツボの幼魚!!!

5
成魚の黄色^-^ この間はこの2匹が同じ穴から出てたみたい!!

2
穴からひょっこり顔をだしているのは、イヤースポットブレニーちゃん^-^
黒い耳のような模様が素敵~☆”

ビーチへ上陸~^-^
1
3
少しお散歩すると、めちゃめちゃきれいなきれいなビーチが待っていました~!!
2
女性陣はブランコできゃぴきゃぴ♪”


7
初日のラストは女体で締めくくり~!!!
津波のあとに沈められた、女体ニーナ☆”
男性チームには喜んでもらえたかなぁ~??!^-^

2日目☆
 DIVE1:スリートゥリー
 DIVE2:ウエストリッヂ(ボン島)
 DIVE3:ノース(ボン島)
 DIVE4:ツインピークス(タチャイ島)

朝からラッキー☆”
ブラックフィンバラクーダの群れ、GET~!!!!”
この調子でいっちゃいましょう~♪

ボン島へ到着^-^
最近、ご無沙汰のマンタくんでしたが、エントリー前いるとの情報~!!!!!
ドキドキしながら・・・いくと・・・

うぉ~!!わぁぁぁ~!!
13

12

久しぶりのマンタだぁぁぁぁ~い^-^
来たり、行ったりでゆっくりとぐるぐる!!
優雅に泳いでくれるマンタくんでした~♪”

初マンタのYさん、おめでとうございます~~~☆★”

タチャイ島へ移動!
流れのゆる~やかな、平和なツインピークス^-^
そんな中、中層へいくと、、、
14
ギンガメアジの群れ~!

カスミアジもクマザサハナムロにアタックしたり、
うろうろしていました~^-^

後半は根の上でのんびりと★”
15
フタイロカエルウオちゃんがとってもかわいいでしょ?!^-^

3日目☆
 DIVE1:コ・チー(スリン諸島)
 DIVE2:リチェリューロック
 DIVE3:リチェリューロック
 DIVE4:リチェリューロック

水温も少し下がり、いつもに増して魚影の濃い、リチェリューロック!
中層にはイエローバンドフュージュラー・メニーラインドフュージュラーが
目の前一面に広がり、下の方にはグルクマが大きな口を開けて、うろうろ^-^
時々、大きなサワラもとおり、さらに迫力が増します!

根の周りではオニアジ・マテアジが捕食のために豪快に動き回り、
何かを予感させてくれるようなリチェリューロックでした^-^

大人気な小物たちにもご挨拶~♪”
18
まずは、妊婦さんのタイガーテールシーホース

19
ゴーストパイプフィッシュはだんだん大きくなって、成長中!

20
かわいいフリソデエビちゃんは今日もヒトデをもぐもぐ食べていました★

21
色がきれいね、アカオビハナダイ

24
トマトクマノミちゃんはイソギンチャクにくるまって♪”

25
キンセンフエダイは今日もすごい群れ~!!

22
ここの主、ブラックフィンバラクーダ!

ジン様には会えなかったけど、お魚の多い多い、リチェリューロックで
ワイドにマクロに楽しんできました~^-^

最終日☆
 ウエストリッヂ(ボン島)
朝から、捕食でお魚たちが活発に動き回っていました^-^
10

そして、ラストに!!!!
11
マンタ様の登場~♪”
ロウニンアジをくっつけて、やってきてくれました~^-^

ありがとう! マンタ~~~~!!!

久々のマンタ、大HITに大盛り上がりのクルーズとなりました~☆”

フォトコン優勝&写真提供 Kっちゃん ありがとうございます^-^

みなさん、5日間どうもありがとうございました~!!!

29
ラストはおかまショーで~~~♪”

また、お待ちしてます~~~^-^                    
                                   by EBI
2011.02.03 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。