上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1

12月23日~28日 パヌニー号で行くクリスマスクルーズ!

クルーズ報告に帰ってきたアキであります。ペコリ
いや~!12月15日にタイ、カオラックにもどってきまして、
クルーズ続きで1月3日までは休みなし、
このご時勢の中、ありがたや~ありがたやでございます。
今シーズンも全力でがんばりますのでよろしくお願いします。

クルーズ報告を詳細に伝えたいのはやまやまですが、
すぐに年越しクルーズが待ち構えております。
とりあえず、クリスマスクルーズの雰囲気をお伝えしたいとおもいます。
詳しくは1月3日以降に~!
申し訳ありませんがなにとぞよろしくのほどお願いします。


さあ今回は豪華パヌニー号で行く5泊6日のシミラン&スリンクルーズ!
ゲスト20名満員御礼でございます。
スタッフは SHOJI TOMO EBI そしてAKIであります。
そして世間はクリスマスではありませんか!
ということはもちろんこちらもクリスマス!

盛り上がります!
盛り上がるでしょ!
盛り上がろうでございます!

クリスマスの夜といえば・・・
う~んやっぱり豪華バーベキューパーティ!!!
ちょっと違うか?
いや~!盛り上がればなんでもよし!
食材は牛、豚、鳥、カニ、エビ、なんでもござれ~
いくら探してもこの食材の写真がない!!!
しょうがない・・・

さあ思う存分食べまくれ~
海の上ということでおいしさ2倍!
いつもの3倍食べちゃいました。

お酒が進む~華がありますね~!
1

さあクリスマスイベントの始まりだ~!
トナカイに乗ってサンタが登場!
動物愛護協会???なにそれ??
1

なぜか青鬼が・・・
1

EDIVEからゲスト一人ずつにクリスマスプレゼント!
1
1
1
1
1
1
1
貼り付けるの大変なのでこれくらいでご勘弁~!

クリスマスケーキもプレゼント!
1
タイ人のコックさんもサンタレディーに変身!

あ~~~~~~~間に合わない~!
年越しクルーズに出発です。

クリスマスクルーズ報告つづく・・・

えっ???
魚は???
とりあえずもう一艘のクルーズ報告をご覧あれ~!
スポンサーサイト
2010.12.29 Wed l 未分類 l top ▲
12月23日~27日クリスマスクルーズ報告。

今回のクルーズはシンガポールのショップさんのお客さんばかりのクルーズ。シンガポールではその名も轟く(?)SPECさんのツアー。毎年毎度このクリスマスにいらしてくれ、本当に有難うございます!
持ち込まれたお酒は10本以上!当然のごとく皆さん、ビールは飲み放題を選択。まずは始まる大宴会(?)!乗船と同時に酒盛り酒盛り…。

まずは、北上、ボン島からスタート!狙うはもちろんマンタ君。ウエストリッジ。と抜群の透明度だが、ガンガン流れ流れ、岩陰でマンタ待ち。残念ながら、マンタは現れずとも、イエローバックフュージラー、メニーラインドフュージラーなどが怒涛のように流れ込み、中層ではイソマグロ、ナポレオンなどなど。
isomaguro elephant


2本目は今度はボン島の北側でエントリー。しばらく美しいサンゴ畑を遊泳、ホウセキキントキやキンセンフエダイの群れ&群れ。沖合いに出ると、カンカン鳴り響く鐘の音!マンタが登場!!4mぐらいの大きなマンタが颯爽と泳ぎ去っていきました。
IMG_2615.jpg


3本目は、タチャイ島ツインピークス。ロープに沿って潜行。潮上に出ると、グルクン、イエローバックフュージラーの大群!前が見えないくらいにビッシリと。そして、きらびやかに光るギンガメアジの群れ。

4本目は、タチャイ島のタチャイリーフでゆっくりとドリフトダイブ。リーフには、スズメダイ、根にはスカシテンジクダイが群れ、中層ではサバヒーの群れや、タイマイも登場。

この日の夜はクリスマスイブパーティー!色っぽい(?)サンタさんも登場!シャンパchristmas spec
ンで乾杯の後は恒例ジャンボジャンケンクリスマスプレゼントの進呈です。イントロクイズ、ダンスショーも繰り広げられ、大盛り上がりのうちに、夜は更けていくのでした…。
Merry Christmas!!

2日目は、スリン諸島へ。まずは、トリンラリーフ。砂地でメタリックシュリンプゴビー、アンダマンジョーフィッシュ、などなど。そして、リーフに戻ると、2mもの大きな丸々と太ったブラックチップシャークが真横を横切る。リーフのエダサンゴ群へ行くと。浅場でホソフエダイの群れ、アンダマンフォックスフェイス、そして、最後には、アカククリ、ツバメウオの大群に遭遇。
akakukuri surin


2本目は、リチェリューロックへ。潜行と同時に、イエローバンドフュージラー、キンセンフエダイの群れが渦巻く。
kinsen richelieu
そうした群れを楽しんだ後は、根でトマトクマノミなど可愛いフィッシュウォッチング。

3本目には、深場で1m以上の大型のピックハンドルバラクーダーの群れ。タイガーテールシーホースなども観察。
IMG_2843.jpg


中層にはグルクマの大群も登場。

4本目の最後はブラックフィンバラクーダーの群れでリチェリューロックの締めくくり。

そして、夜はまたもや大宴会。今日はゲーム大会。罰ゲームはお酒の一気飲み。またもや大盛り上がりの夜でした。
gamespec.jpg


最終日はシミランへ。1本目、シミラン№9のスリーツリーズで癒しのダイビング。中層には、ナポレオン、イソマグロ。そして、サンゴ畑には、エバンズアンティアスの群れなどなど。そして、深場には1.5mほどのトラフザメを発見!

2本目は、ウエストオブエデン。ハナヒゲウツボの幼魚を観察。中層にはグルクンの群れ、イエローバックフュージラーの群れ。ブラックピラミッドバタフライフィッシュの大群!

3本目は、イーストオブエデン。中層にはクマザサハナムロ、イエローダッシュフュージラーが群れる中、大型のイソマグロが5匹!カスミアジも登場し、群れに大突進!ゆっくりと流していき、ガレ場でアンダマンジョーフィッシュの観察の後、最後は光が差し込み、デバスズメダイ、エバンスアンティアスなどが群がる浅場のエダサンゴ畑でゆっくりと癒しのダイビング。

4本目は、アニタズリーフ。緩やかな流れに沿って、ゆっくりとドリフトダイビング。オーロラパートナーズゴビーなどを観察して、綺麗にソフトコーラルの華を咲かせる根で鮮やかなピンクのイソギンチャク、最後は砂地でガーデンイール、木の葉に擬態するホシテンスの幼魚などを観察。

もちろん最後の晩も大宴会!クリスマスパーティーのビデオを見たりして、大爆笑!

フォトコンテスト優勝作品、トクさんの「私もフィンを履いてみた」。可愛らしいツバメウオにダイバーのフィンが重なるところをとらえた(偶然?)面白い作品ですね。おめでとうございます。
今回100本を迎えたMUさん
mu100.jpg
そして、無事オープンウォーター講習を終了したキジちゃん
kiji.jpg
おめでとうございます!

皆さん、4日間お疲れ様&有難うございました!よく潜って、よく飲んで、よく笑ったクルーズ。また来シーズンも楽しみにお待ちしています。


天候:全ての場所で快晴!
波高:ほぼベタ凪ぎ。
流れ:中。
透明度:全体的によし。20-25m程度。タチャイ島は15m程度。


higashi
2010.12.27 Mon l 未分類 l top ▲
2010年.12.18~12.22のクルーズ報告を私、RYUが
初クルーズ報告をお送り致します。皆様、お手柔らかに....(笑)

今回、ゲスト8名プラス、スタッフ7名の大所帯!こんなメンバーでございます♪
・Kyo・Aki・Saori・Ebi・Kouji・Ryu・Daichi
ん?Daichi?
そうなんです!あの噂のDaichi君です。
知っている人もいると思いますが、Daichi君はShoujiの甥っ子さんなんでございます!
12



そんなDaichi君はOWの学科も無事終わり、今回のクルーズでKoui先生のもと、ワクワクドキドキの初クルーズ&初ダイビングなんです♪
日焼けもしてもらいましょう!


12月19日(日)天候:晴れ
・アニタズリーフ
・イーストオブエデン
・ウエストオブエデン
・タートルロック(ナイトダイビング)

初日は、アニタズリーフからスタート!
天気も良く、うねりもなく最高のコンディション。
海に入ってみると、流れもなく透明度がいい!
水温は28℃
若干肌寒く感じました。

さてさて気になるDaichi君、記念すべき初ダイビングです♪
マスククリア、機材脱着などのスキルを悪戦苦闘しながら頑張っています!

そーいえば自分も2ヶ月前、確か「ボン島」で初ダイビングだったな~
そのときの先生はEMI先生でした♪

この日は3本目を潜り終わった後に、シミランNo8「ドナルドダック・ベイ」に上陸しました~
1

ここは、絶景のビューポイント「バランス・ロック」があるので、早速皆さんで登りました!
3


最高の眺めですね~♪

ビーチに戻ると、なぜか若者チーム(Ryu.Kouj.Daichi)によるビーチフラッグ対決が始まりました!(笑)
10


そしてそして、女性陣も「こりゃ、あたい達も負けてられないは!!」って事で筋トレが始まりました!!(笑)
4


さ、気を取り直して
この日の4本目は今回のクルーズ唯一のナイトダイビングです!

昼間の海の世界とは180°違った海の表情
魚達も、昼と夜とでは色の違う魚達もいるんです。
不思議ですよね~。
ナイトダイビングも楽しんだじょ~
11


12月20日(月)天候:晴れ
・エレファント・ロック
・ボン島(ウエストリッジ)
・タチャイ島(ツインピークス)
・タチャイ島(ツインピークス)

この日海洋実習のスキルもある程度終えたDAICHI君は、3本目から早速皆さんと合流。
6

3本目、エントリーして数分後「バラクーダーの群れ」に遭遇!!
7

初めてバラクーダーを見るDaichi君も興奮気味でした♪

4本目もまたまたバラクーダーの群れに遭遇!
この日はバラクーダー祭りでした♪

12月21日(火)天候:晴れ
・トリンラ・リーフ
・コ・チー
・リチェリューロック
・リチェリューロック

3本目、4本目のリチェリューは相変わらず魚の数がすごい!
トマトクマノミやコブシメ(産卵)
大きさが2m~3mぐらいのヤエトハタ、その足下を見るとタイガーテールシーホース!
とウエイト。
ウエイトは魚の名前ではありません(笑)偶然下を見て泳いでいたら、自分が見つけたんです。
それを捕獲してKyoに押し付けました(笑)

中層にはイエローテールバラクーダー、ブラックフィンバラクーダーの群れ!!
そして紫のソフトコーラルが元気で、本当に綺麗でした♪
9
8



12月22日(水)天候:晴れ
・ボン島(ピナクル)

最終日は今シーズン初めて潜るポイント、ボン島「ピナクル」
ダイナミックな地形と深場の黄色いソフトコーラルがとても印象的なポイント。
しかし、他のボートのダイバーが沢山(100人位)いたのが残念。

ということで、4泊5日のクルーズ皆さん本当にありがとうございました!!
そして、Daichi君、OWおめでとうございます♪
5
13

また、皆さんに会えるのを楽しみにしてます♪♪
                         
                         Ryu







2010.12.25 Sat l 未分類 l top ▲
【12月3日~6日 クルーズ報告 By Shoji 】

今回の王様クルーズはヒ・ミ・ツ★クルーズ!
どこで潜るかはゲストには内緒。。。。
でも乗船してすぐにスケジュールボードに翌日の予定が書いてあったけど(笑)

今回のゲストはバンコク在住のリピーターさん。
いつも本当にありがとうございます!
シンガポールから来たKちゃん。日本人です!
Kちゃんのお友達で今回クルーズでOW講習のMちゃん。
そして2連続クルーズ&レスキューコースのRちゃん。

タイの祝日(王様の誕生日)にあたるこのクルーズは毎年ほとんど男クルーズなんだけど。。。
今回は可愛らしい素敵な女性が3人もいました!
AさんもJさんも大喜び~
スタッフはShoji , Emi , そして今回初めてのOW講習のKhoji で行ってきました。

3


12月4日(土)
・ボン島(ウェストリッジ)
・ボン島(ノース)
・タチャイ島(ツインピークス)
・タチャイ島(ツインピークス)

初日はボン島から。
海が青い!透明度は40mはありそう。

白化を免れて元気なテーブルサンゴを見るとホッとする。

22


リュウキッカサンゴとキンセンフエダイの群れが良い感じ。

20



午後からは移動してタチャイ島へ。
久しぶりの激流ダイブだったけど、ギンガメアジの群れやカスミアジの群れ。
イエローバックとクマザサハナムロの群れが下から湧き上がってくる。
緊張と興奮のダイブでした。


12月5日(日)
・トゥリンラ島(トゥリンラリーフ)
・リチェリューロック
・リチェリューロック
・リチェリューロック

朝一のトゥリンラリーフは透明度は20mほど。
エントリーした船の真下は水深5m。

5


本来なら朝日に照らせれたサンゴが鮮やかなんだけど。。。
残念ながらほとんどが藻に覆われてしまってる。
でもその藻を食べに集まる魚たちがいる。
シミランでは単体かペアーでしかあまり見ることがない。
トゲチョウチョウウオやニセフウライチョウチョウウオの群れ。

4


この魚もこのポイント以外ではこれほどの群れになるのは珍しい。
オニテングハギの群れ。

6


リーフから少し離れた根ではスカシテンジクダイが大発生中~
その群れを分けながら泳いでるコショウダイ。
この魚もこのポイント以外ではあまりお目にかかれない。

25


頭上に気配を感じ、見上げてみると。。。。
カンムリブダイの群れがゆっくりとこちらに泳いできた。

7


そ~っと近づけばかなり寄れる。

8


今日のアカククリはいつもより沖の中層でツバメウオと
コラボしていた。

9


2本目以降はは移動してリチェリューロックへ!
透明度は20m~25mといったところ。
やっぱ海が青いとキンセンフエダイの群れも綺麗だね~

リチェリューロックただいまスカシテンジクダイ大爆発中!
根を全て覆いつくしてしまいそうな勢いです。

良く見るとその中にバラクーダの幼魚も混じったりしてます。

もうちょっと背景の綺麗なところにいると絵になるんだけどな。。。
ニシキフウライウオは1匹でガンガゼの周りを泳いでた。。

10


タイガーテールシーホースは今にもBabyが出てきそうなくらい
お腹がパンパンになっていた。

11


午後からは流れが強くなって来たけど、そのぶん魚も増えてきた。
中層にはブラックフィンバラクーダ、深場にはピックハンドルバラクーダの群れ。
グルクマ、マブタシマアジ、イエローバンド、キンセンフエダイ等の群れ!群れ!群れ!

12月6日(月)
・ボン島(ウェストリッジ)

最終日はボン島で6時半エントリーの早朝ダイブ。
海の中はまだ少し薄暗かったけど、その分コンデジの内臓ストロボでも
結構明るく撮れた!

1


ここもやはりスカシテンジクダイが大発生中でそれを捕食しに集まる魚たち。
アミメフエダイ、イッテンフエダイ、キツネフエフキ、クロコショウダイ、アオヤガラ等々。

2



今回のクルーズでダイバーの仲間入りを無事に果たしたミホちゃん。
OWダイバーおめでとう!!!
Edive以外では内緒(笑)のレスキューダイバー認定のりょうこちゃん。
おめでとう!!!

人数は少なかったけど、毎晩笑いの絶えない楽しいクルーズでした。

12

2010.12.08 Wed l 未分類 l top ▲

11月26~30日クルーズ ウエストコースト号 By EMI

1

いってまいりました!!!
マンツーマンクルーズです。
お客様は新潟からお越しのR子ちゃん。
レスキューの講習を終え、今回乗船するはプーケットのお船、ウエストコースと号です。

女子二人に加え・・・
お客様はイングランド、USA、ブラジル、オランダ、ドイツ、スロベニアなどなど計11名のお客様で出発です。

まずはシミランから。
アニタズリーフ。透明度はよいです!!
まったりと始まります。
スパゲッティーイールにクダゴンベ、白い砂地にはジョーフィッシュにそしてなぜだカメラで撮ったのに、メディアにその姿を残すことがなかったオーロラパートナゴビー、ブラックシュリンプゴビー。
2

二本目はウエストオブエデン。
透明度はあまりよくなし。
アケボノハゼに、今シーズンも健在のハナヒゲウツボのお婆ちゃんと赤ちゃん。
アカヒメジの群れ、そして、ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ。

三本目はR子ちゃんパス

そのあとシミラン諸島に上陸です。
3

皆、島に上陸したり、海でシュノーケルしたり、お昼寝したり・・・素敵な時間を過ごしました。
4

四本目はナイトです。
シミランのドナルドダックベイのはじっこ。
ブダイの寝姿、コラーレバタフライフィッシュの体色変化。

翌日は朝から若干波がばしゃばしゃいっています。
シミランはノースポイントでエントリー。
深場に行こう~、サメ探しぃぃ~♪
なんて思っていたらサメじゃなくってカメがでてきてくれた。
R子ちゃん念願のカメに大はしゃぎです。
5

その他にもエバンズアンティアスの群れなどなど。

この頃から、外国の人々との初めての交流によりR子ちゃん、胃痛が・・・。
どうやら英語アレルギーのようですが、それでもせっかくの乗り合いですからね、辞書を片手に一生懸命コミニケーションを撮って頑張ります!

さぁ、ダイビングはどんどん続行。
二本目、三本目はボン島ウエストリッジ。

最近マンタがでています!!
期待をこめて・・・
エントリー。

おらん・・・

そのかわりにカサゴを・・・
6


あがってきたら数チーム「みた!!」と言っています。
おっと大変。おるんやん!!!
こりゃぁなんとかマンタと会わないと!!!

気合が入ります。
で、三本目。

でました!!!

来てくれました。


ありがとう!!!!
7


初めてのマンタにR子ちゃん涙がでそう。
ほんとよかったね♪
8

四本目はタチャイ島タチャイリーフにて。
まったりダイビングです。
R子ちゃん、どうやらミノカサゴ系が大好き?のようで、初カメラということもあり、バシバシ気になった魚を撮影。

どんどん腕も上達していきます。

11月28日
一本目は波が高いのでタチャイ島ツインピークス。
流れは少々。

ツムブリ、ハナタカサゴが群れています。
透明度はよし。
20m以上はあるかなぁ。
なので、きっと二本目以降のリチェリューも期待大!
イソバナガニなど小物もしっかりチェック。
大きな大きなオニカマスが横を通り抜けます。

さぁ、やってきました。
リチェリューロック。
波も少しおさまっています。

水中は・・・
西側は透明度悪し。
北側はぬけています。
ものすごい数のスカテンの群れ。
10

オニアジ、マテアジ、イエローバンドフュージュラー、ブラックフィンバラクーダー、キンセンフエダイの群れにR子ちゃん鳥肌が!
大興奮です。
マクロも新しいタイガーテールシーホースにゴーストパイプフィッシュ、ワヌケの幼魚、いろんなマクロがびっちり。
9

11

12


夕方はまたまた波が高くなってきてしまったので、タチャイ島でナイトダイブ。
ここでは、なんと珊瑚の産卵がみれました。
たくさんの小粒の珊瑚が海中をひとつ、またひとつとポコポコ生まれていきます。
ものすごく神秘的なナイトダイブでした。
13



最終日は二本。
一本目はボン島。
こちらでまたまたマンタが出現。
しかも今回はものすごく近くまで。
14

R子ちゃん夢中でシャッターをきります。

大興奮のR子ちゃんよかったね!
15

ラストダイブはカオラック沖合いのブンスンレック。
今シーズン初です。
水中に入ると、あら・・・透明度は10mくらい。
こちらもキリンミノカサゴ軍団がたくさん。
16

赤ちゃんもおります。
ブラックシュリンプゴビーとにらめっこ中のR子ちゃん。
うまくとれたかなぁぁ~。
ネズミフグ、ヒトズラハリセンボンなどなどのフグ類はわんさか。
ニセクロホシフエダイの群れが沈船の上で群れています。
ハニーコブモレイ、アジアコショウダイの幼魚などここはマクロもとっても面白いポイントです。

ということで、4泊5日、ふだんはなかなかない色んな国の人々との交流クルーズはおわりです。
ツアーリーダーの日本人ガイドK君、色々ありがとう!
17


水温29度
透明度 シミラン・・・25mほど。 リチェリュー15mほど。
波ところにより高し。
流れ ポイントにより少々。




2010.12.02 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。