上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

11月20日~24日までクルーズ行ってきました。
今回のクルーズ報告は、勉強中のKOJIが書かせてもらいます!

今回のゲストは4名[男子2名女子2名]スタッフはkyoさん、emiさん、koji,ryu,kazueさん、komomo計10名。スタッフの方が多い、少人数クルーズです!
今回komomoちゃんもクルーズに乗り、浮き輪でプカプカしました!

11月21日、スリン諸島からスタート!1本目はトゥリンラリーフ、砂地にメタリックシュリンプゴビーやブラックシュリンプゴビー、アンダマンジョーフィッシュ、中層にはアカククリの群れ、ツバメウオの群れ、根の周りにはスカシテンジクダイが群れていました。
2本目は同じスリンでもコ•チョー、アンダマンBFやトライアンギュラーBF,イエローバックの群れ、ツムブリ、イソマグロを確認!
3本目、4本目はリチュリューロックへ移動しました。透明度が少し悪く10~12mくらいで流れもそこそこありました。北の根にタイガーテールシーホースがいました!他にもクリーナーパイプやゴーストパイプフィッシュ、オニカマス、アンダマンウバウオを確認!

11月22日、1本目はタチャイツインピークス。流れもなく透明度も良かったので、ワイドでレオパードやオニカマス、ホシカイワリ、ギンガメを確認!
そして2本目、3本目はボン島ウエストリッジへ!
今回のクルーズ一番の見所!!!今シーズン初!!!そして僕の人生初!!!
遂に出ました!!![マンタ]しかもブラック!
優雅に中層を飛んでました!興奮してエアーの消費が早かったです!!
安全停止中にもマンタ来たらしいんですが、ボーっとしてたら見逃しました。。。
4本目はシミランへ行きエレファントヘッドロック!!
がれ場にフリソデエビ、浅場の岩の隙間にピンクイソギンチャク、そのなかにいるクマノミは決まりのシャッターポイント!!
他にもヨスジフエダイ、コラーレBFの群れなど。。。

11月23日、1本目はイーストオブエデン!透明度もよくヒレナガネジリンボウや、カスミアジ、イケカツオ、ノコギリダイの群れを確認!!
2本目はシャークフィンリーフ、透明度もよくより迫力のある地形が広がっていました。そして、このダイブで600本記念ダイブを達成したアコちゃん!!!
一時は体調を崩しましたが、見事復活!!!600本達成おめでとうございます!
3本目はウエストオブエデン!!アカヒメジの群れやノコギリダイの群れを確認。ちょっと深場にハナヒゲウツボ幼魚と黄色のハナヒゲが。。。黄色ってレアらしいですね!

3本目と4本目の水面休息時間を利用してNo.4のハネムーンビーチ上陸!!
絶好のビューポイントがあるという事で険しい山の中へ。登山!!
看板には350mと書いてあったのですぐ着くとおもったが。。。
ナメてました!!!ロープなしでは上れない場所や、ぬかるんだ道、めっちゃ虫に刺される、めっちゃ汗かく!!上ってた時間は20~30分ほどでしたが、それ以上に長く厳しく感じました!!
ポイントに着くと確かに海を一望できる絶景でした。
もちろん帰りはつらかったですけど。。。
次からはお客さんの要望があった場合のみ登山します。。。
自分の口からは[行きましょう!!]とは絶対に言わないです。

体をリフレッシュ?して4本目へ!4本目はアニタズリーフ!
登山の疲れもあり、浅場の砂地などでまったりダイビング。
砂地にはアンダマンジョーフィッシュやオーロラパートナーゴビー、ブラックシュリンプゴビーを確認!!

11月24日、クルーズ最終ダイブ!クリスマスポイント。あっ!あと一ヶ月でクリスマスですね。そろそろ街中もイルミネーションが光り始めてるのかなー??
今年も一人かー。。。
で、ダイビングの方は流れがありましたが岩の陰にアンダマンスイートリップがいました。あとクマノミもー!!

今回のクルーズ通して天候も良く、マンタと出会い、ジャングルを冒険し、僕自身ちょっと魚の名前を覚えはじめ非常に収穫のあるクルーズになりました!!!
今回参加して下さった皆さんありがとうございました!!そしてお疲れ様でした!
また来て下さいね!!

以上、KOJIの初クルーズ報告終わります!!

マンタ
DSC_0297.jpg
P1170708.jpg
IMG_4003.jpg
IMG_3994.jpg
IMG_4014.jpg
スポンサーサイト
2010.11.28 Sun l 未分類 l top ▲
11月13日~17日 By EMI

いってきました!11月13日からのクルーズです♪♪
ゲストは5名(女子4名男子1名)スタッフはSHOJI,KOJI,RYU,EMI計9名の少人数クルーズでスタートです。

出航してまもなく・・・うねりがあるなぁぁ~。
だけど、のんべい姉さんたち、飲みます。
生ビール・・・もたんなぁ・・ぁぁ。。。

翌朝は1本目
アニタズリーフから。
まだ少しうねりがあります。
姐さん若干二日酔い・・・いや、若干ではない、けっこうですね・・・。
飲みすぎには注意です。

透明度は20mほど。
水温28・8度。

エントリーして最近私の個人的に好きなヒブダイの群れ捕食。
50匹はいるでしょうか。。。
姐さんも水を得た魚のように二日酔いもふっとんでいます(^o^)
よかったぁ♪

今シーズン多いのがテンスyg。ヒラヒラと体を揺らして砂地の上を移動。
同じく砂地にはジョーフィッシュ、オーロラパートナゴビー、ブラックシュリンプの赤ちゃん、成魚、サドルバックバタフライフィッシュ、そして・・・
テンテンウミウシもおりました♪
27_20101119191044.jpg

気になる珊瑚もこのとおり。
1_20101119190744.jpg
ソフトコーラル、頑張っています。
2_20101119190744.jpg

2本目
シャークフィンリーフ
今シーズンは何度もここへやってきます。
地形ポイントです。
切り立った岩が雄大な感じ。。。
いや、妄想ダイブです。
サザナミトサカハギが群れ、アンダマンダムゼルが群生しています。
岩の切れ目にはベニサンゴガニの一種。
イソウミウシの仲間もおります。

3本目
ウエストオブエデン
今シーズン初のウエストオブエデン。
水面が少しパチャパチャしていたので、ディープシックス側からエントリー。
ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、ムレハタタテダイが群れています。
ウエストオブエデンの代名詞?
アカヒメジや、ノコギリダイの群れも。
3_20101119190744.jpg
ベニカエルアンコウも発見♪
5_20101119190744.jpg
ハナヒゲ幼魚。
4_20101119190744.jpg
その他、やっぱり今回はウミウシ特集でしょう・・・。
サキシマミノウミウシ、モザイクウミウシなど。
6_20101119190743.jpg


4本目
本日ラストはエレファントヘッドロック
ここは他の船は朝イチに潜ることが多いのですが、私はもちろん朝も好きだけど、夕方のエレファントが好き♪

壁沿いにはヒナギンポちゃんたちが・・・
なんて愛らしい。
クローズアップレンズで撮りたいなぁぁ。
あ、そうそう、深場にはブラックチップシャークがしゃーーーーっと通り過ぎました。
そのほかオラウータンクラブyg,キンチャクガニの抜け殻、ワヌケヤッコ、ハナダイギンポ、ピンクのイソギンチャクに住むクマノミ、オラウータンクラブなどなど。
7_20101119190840.jpg
8_20101119190840.jpg
9_20101119190840.jpg

夕暮れの中のマクロダイブでした♪

11月15日
1本目
スリーツリーズ
人はいません(^o^)

早速透明度のいいこのポイントに入ります。
水温は昨日とほぼかわらず28・7度。
沖合いの根にたどりつくと・・・あ!!!!!!むっちゃでっかいオニカマスが出現。
中層をぼーーーーっとしています。
一瞬サメ??って思ったほどでっかいオニカマスでした。

そのほかこちらの住人ゴマモンガラやキヘリモンガラ、おーーー・・・怖い怖い。
よけていきましょう。
無難でしょう・・・。


砂地にはオーロラパートナゴビー、ヒレナガネジリンボ、アンダマンスイートリップス、ヤッコエイ、リーフ沿いにはエバンズアンティアスといった固有種もたくさん。
ジョーフィッシュもお口に卵をいれて頑張っていました。
11_20101119190840.jpg

スカシテンジクダイも増加中!
10_20101119190840.jpg


ダイビング中盤にはブラックフィンバラクーダーの群れ!
けっこう大きい群れで興奮なダイビングでした。



2本目からはボン島へ
ウエストリッジ

私はディープダイブ講習。
しっかり窒素酔いになっているRYU.
計算式も・・・時間がかかります。
勉強になったかなぁぁ~。

さてさて、ファンダイブSHOJIチームは・・・
ハタタテハゼ、アケボノハゼ、グレートバラクーダー、ホシカイワリ、イケカツオ、アミメフエダイマルチバーパイプフィッシュなどなど。
Thuridilla Undulaウミウシなどなど。
12_20101119190839.jpg
13_20101119190928.jpg

このダイブでHかさん200本記念です!!
おめでとうございまーーーす。
14_20101119190927.jpg


3本目はボン島 ノース

今回も講習。
ナビゲーションです。
四角形をなんとか描いて帰って来れました!

SHOJIチームはリュウキュウハタンポやキンセンフエダイの群れコガネシマアジなどをみたようです。


4本目 タチャイ島ツインピークス
どんどん北上です。
だーーれもいません。
誰もいない海はいいですね。
エントリーしてみると透明度は20mほど。
流れなし。

早速、イエローバンドフュージュラーやイエローバックフュージュラーたちが
「いらっしゃい~」っとご挨拶。
クマザサハナムロにツムブリが「そろそろいきまっせーーー」と戦闘体制を中層からたてようとしています。

岩の隙間には大きなアカマダラハタ。

こちらにもいました!サキシマミノウミウシさん。
そしてイソバナガニなどなど。

ワイドもマクロも楽しんで・・・そのあとは宴会です♪
なんせ夕焼けが大変美しい一日の終わりでした。
16_20101119190927.jpg

ビールがうまいわけですね♪


11月16日
やってきました。
先北端のポイント。スリン諸島。
トゥリンラリーフでエントリです。
砂地で皆さん思い思いのダイビング。
皆、それぞれの生物観察、撮影。

メタリックシュリンプゴビー、イトヒキハゼの一種、ヒレナガネジリンボ、アンダマンジョーフィッシュなどなどを観察していて、ふと目を上に向けると・・・
17_20101119190926.jpg

「ん??なんだ?なんかヒラヒラしている・・・でかい物体・・・」

そう。。。
けっこうな大きさのトビエイでした。

カンカンカーーーンと知らせます。

皆一斉に私の指差す方向をみる。

するとトビエイがゆっくり移動。

ひらひらひらぁぁ~~っと私たちの目の前を通り過ぎるか・・・と思いきや突然のUターン。
姿をあっという間に消していきました。

いやぁーーでもいいものみました。

その他にも今回なぜか多い、オニカマス、アカククリの群れもたくさん出会いました。
18_20101119191007.jpg


で・・・ウミウシは・・・ムカデミノウミウシぃ~。
19_20101119191007.jpg



2本目~4本目
リチェリューロック

透明度15mくらい。
水温28・6度

コブシメが産卵中。
そしてキンセンフエダイの大群。
20_20101119191007.jpg

これはみる価値あります。
そしてやっぱりサキシマミノウミウシ。
ワヌケヤッコのYgも小さい小さい。
21_20101119191007.jpg

かわいいです。

タイガーテールやゴーストパイプも。
22_20101119191007.jpg

中層にはブラックフィンバラクーダー。

深場にはイエローテールバラクーダー。

アンダマン海の固有種のアンダマンウバウオも元気よく活動中。

3本目にはオニアジの群れもでてきました。
そしてジャイアントフュージュラー。
マテアジの群れ。
まだまだこれから増えそうなイエローバンドフュージュラーの群れ。
岩の隙間にはスザクサラサエビの群れ。
そして・・・
Risbecia Pulchellaウミウシ。
トマトクマノミやインディアンパシフィックトビー、カサゴちゃんなどなどワイドもマクロも楽しめた三本でした。
23_20101119191007.jpg
28_20101119191044.jpg


最終日11月17日
タチャイ島 ツインピークス
今回は一本目なので深場へGO~♪
ギンガメアジの大群です。
しかもでっかい。
もっと寄りたいけど・・・向こうも早い。
潮も流れています。

そして中層はイエローバックフュージュラーの群れ。

岩場に戻るとオニカサゴ、イソバナガニ、イヤースポットブレニー最後は・・・RYUのフロートあげ練習です。

今回何度も何度もフロートをあげる練習をしては失敗し・・・みんなから応援してもらっては、緊張し・・・失敗し・・・でしたが、ラストはきめてくれました!!
25_20101119191045.jpg

よく頑張ったぁぁ!!!
26_20101119191045.jpg


KOJIももうすぐガイドデビューへの道がどんどん近づいてきています!!
乞うご期待!!



スペシャルサンクス TAMUSAN&さいとぅ~


で・・・その夜は・・・こんなかんじで盛り上がりました!
31_20101119191101.jpg

はい。
エンジェルです。
32_20101119191101.jpg

こんな感じで4泊5日のクルーズは幕をとじました。

ありがとうございました!!
30_20101119191044.jpg






2010.11.19 Fri l 未分類 l top ▲
11月6日。天気も回復。波も穏やかになってきました。今回のクルーズの参加人数は8名。まだまだシーズンインしたばかりで、今回も少人数だけど、初日からクライマックスシリーズの話題で大盛り上がり!中日新聞にお勤めの方がいらしたので、結果が給料に結びつくとかで、時折ネットチェック。残念ながら、敗れてしまいましたが、明日からのダイビング楽しみましょう!!

まずはシミランからスタート。まずはチェックダイブ。アニタズリーフから。パウダーブルーサージョンフィッシュの群れを見た後、真っ白な砂地に50cmも伸びるスパゲッティーイールの見事な畑!ブラックシュリンプゴビー、オーロラパートナーズゴビーなどを観察、リーフの上にはイエローバックフュージラーの群れが川の流れのように押し寄せてくる。残念ながら、珊瑚はダメージを受けていたけど、深場のソフトコーラルはまだまだ見事!スカシテンジクダイがビッシリと群れまとわりついています。

2本目は、久しぶりのシャークフィンリーフ。大規模な巨岩の上をゆっくりと移動。途中グルクンの群れに出会ったり。残念ながら、大物は出なかったけど、ダイナミックな地形は十分楽しめました。
sharkfin2.jpg

3本目は、ウエストオブエデン。深場のウミウチワの群れは健在!シーファンシティー(ウミウチワ都市)の名にふさわしく綺麗なポイント。根ノ上には、ノコギリダイ、アカヒメジなどが群れ、大型カスミアジも!中層にはグルクンの群れ、小型のイエローダッシュフュージラーの群れが押し寄せる。
umiuchiwa west of eden

4本目は、ナイトダイビング。場所はハネムーンビーチ。サンゴモエビなど小さなエビが沢山!赤く美しいネッタイミノカサゴ、ブダイやコクテンフグなどの睡眠なども観察。
nettai night

2日目。1本目はエレファントヘッドロック。中層にはイエローバックフュージラーが群れ、1m強の大きなイソマグロが3匹、フュージラーの群れに向かって大突撃!!深場には、フラッシャー畑!マッコスカーズラスのオスが何匹も煌びやかに発光!根にはキンギョハナダイ、ハナダイギンポなどが群れ、近くにはヨスジフエダイ、コラーレバタフライフィッシュの群れなどなど…。
isomaguro elephant

その後北上し、ボン島へ。まずはマンタを狙ってウエストリッジ。入ってすぐにキンセンフエダイの大群がお出向かえ。その後は、とどまることのないイエローバックフュージラーの群れ。そして、コブシメ2匹。ワヌケヤッコなどなど。マンタは残念ながら現れずとも豊かな水中生物が盛りだくさん!
kinsen bon

3本目は今度はボン島の北側でエントリー。エントリーと同時に1mを越える大型のホワイトチップリーフシャーク!サンゴ畑はまだまだ元気一杯!キンセンフエダイ、ヨスジフエダイ、ホウセキキントキなどの群れ&群れ!イソギンチャクでビッシリ埋まった根には、スカンクアネモネフィッシュが沢山!
houseki bon

4本目は、タチャイ島ツインピークス。流れもなく、透明度もいい!潮上に出ると、グルクン、イエローバックフュージラーの大群。そして、きらびやかに光るギンガメアジの大群!!大群はゆっくりと根の外側を大移動。そして、カスミアジやロウニンアジも登場!
yellow bon

夜スリン諸島へ移動。そして、3日目。まずは、トリンラリーフ。砂地でメタリックシュリンプゴビー、アンダマンジョーフィッシュ。リーフのエダサンゴ群は白化でダメージを受けていたが、アカククリ、ツバメウオの大群は健在!
akakukuri surin

2本目は、リチェリューロックへ。潜行と同時に、根の南側にキンセンフエダイの群れが渦巻く。そして、根の外側には、イエローバンドフュージラーの大群!透明度もよく、気持ちのいいダイビング。西側のソフトコーラルは元気一杯に美しい!ニセクロホシフエダイの群れなどなど。イソギンチャクは白化してたもの、トマトアネモネフィッシュも元気一杯!
softcoral richelieu
tomato richelieu

3本目、4本目はコブシメの観察、渦巻くキンセンフエダイの群れに囲まれた後、中層に出て、更に群れ狙い。イエローバンドフュージラー、メニーラインドフュージラーの大群のシャワー、ジャワラビットフィッシュ、ジャイアントフュージラーの群れも登場。そして、光り輝くオニアジ、そして、グルクマの大群!!最後安全停止の前には、ブラックフィンバラクーダーの群れも登場!!
kobushime richelieu
kinsen richelieu
gurukuma ricehlieu
barakuda richelieu

最終日の1本はタチャイ島ツインピークス。潜行と同時に、根の上をトラフザメがいきなり登場!颯爽と我々の前を泳ぎ去る。中層に出ると、前回と同じくイエローバックフュージラーや、グルクンの群れ。そして、今回は前回の数を越すギンガメアジの群れ!そして、カスミアジが編隊を組み、何度も登場!
このダイビングで100本を迎えられた阿部さんおめでとうございます!!

フォトコンテスト優勝作品、中川さんの「大接近!」。大きなコブシメが2匹並んで、産卵に入るところでしたね。よく撮れています。おめでとうございます。
daisekkin.jpg

皆さん、4日間お疲れ様&有難うございました!また来シーズンも楽しみにお待ちしています。
shugo 6-10 nov

天候:初日快晴。2日目より少し曇り空。
波高:50cm程度。エントリー、エギジット要注意でした。
流れ:弱。水中は穏やかでした。
透明度:全般的に15-20m。全ポイントで比較的透明度がよかったです。


写真:Mr.Nakagawa
文:Higashi

2010.11.16 Tue l 未分類 l top ▲
【10月30日~11月3日 クルーズ報告 By Shoji】

4


今回は出港前の天気をチェックしたところ後半に荒れるとの
予報だったので、一気に北上してスリン&リチェリューから攻めた。

初日の1本目【トゥリンラ・リーフ】生憎の天気で海の中が暗く、透明度もあまり良くない。

砂地のハゼジョーフィッシュは相変わらず元気だったけど、残念なことにあれだけ
綺麗だった枝サンゴはほぼ全滅だった。。。

藻が付いてすっかりと変わり果ててしまったサンゴ。
ブダイやチョウチョウウオ、スズメダイたちが一生懸命に藻を食べている。
また綺麗なサンゴに戻ることを願って今は見守るしかないのかな。。。



朝食後に【リチェリューロック】へ移動した。
今シーズン初めて潜るリチェリューロック。
サンゴへの影響が心配だったが、ダメージは少なく、根に付いてる
ソフトコーラルは元気にその姿を残していた。

魚たちもキンセンフエダイオニアジグルクマジャイアントフュージュラー
イエローバンドフュージュラーバラクーダなどいつものメンバーが元気に群れていた。


潜る前はかなり不安だったけど、以前とあまり変わらぬリチェリューロックに
安堵すると同時にこの場所を大切に守っていかないとな~って、強く思った。

夕方から風が強くなってきたので、スリン島に戻りナイトダイブ。

翌日は早朝にタチャイ島へ移動し【ツインピークス】で2本潜る。
このポイントは全体的に深度も深く、流れもあるのであまりサンゴへのダメージは
見られなかった。今回はあまり流れがなかったので魚が少なかったけど
クマザサハナムロイエローバックの群れにカスミアジがアタックしてたり、深場では
ギンガメアジが大きな群れを作っていた。


午後からはボン島へ移動し【ウェストリッジ】で潜った。
残念ながらマンタは出なかったけど、透明度が良くて気持ちの良いダイビングだった。


そして翌朝・・・・


揺れの無い湾内で快適に過ごしてたので全く気付かなかったけど
湾内をちょっと出ると外は大荒れ。

予報ではお昼ごろがピークで、タプラム港では全ての船に
出港禁止令が出てたらしい。

そんな中、唯一波の無い湾内で2本潜って様子をみる。
が、一向におさまる気配がない。

さすがに同じ場所で4本はきついな~と、キャプテンに聞いてみると
『俺は行けるぜ!』と頼もしい言葉。

昼食後、揺れに備えての準備をしたのちシミランに向けて出発!


船の斜め後方から迫る高波は2mから3mくらいありそう。

そんな中であまり揺れを感じさせない操船で船を進めていく。
さすがレック。

2



無事にシミラン諸島に辿り着き【エレファントロック】【ロブスターベイ】で潜る。
エレファントロックは魚影が濃くクマザサハナムロイエローバックムレハタタテダイなど。
キンチャクガニサンゴモエビの仲間など甲殻類もいっぱい。
クジャクベラの仲間のマッコスカーズラスは雄がひれを全開にフラッシングして泳いでた。


ラストナイトは揺れに耐えながらのフォトコンテスト!
写真を選んでるうちに一人、そしてまた一人と消えていく。。。。

3


そんな中、栄えある第1回目の優勝作品は。。。。
『ナーラック❤』
ほんと可愛いですね~

5




大荒れだった今回のクルーズ。
でも、終わってみればリチェリューロックにも潜れたし
楽しく、あっという間の4泊5日でした。


今回クルーズ中に誕生日を迎えたトッコちゃん、キリンさん
おめでとうございます。

1




天気   曇り~雨 最終日だけ晴れ
波    風波(0,5m~1m)※2日は2m~3m
水温   水面30度 水中29度

















2010.11.04 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。