上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
20094月11日~15日 ソンクランクルーズ 
ソンクラン
 

さあ今年もやってきました!!!
ソンクランクルーズ!!!ソンクランって???説明しよう
ソンクランとはタイの旧正月、別名水掛祭りのことであります、この日は無礼講の日、
水を誰にかけてもオッケー!でもほどほどにね!

今年のソンクランクルーズはゲスト21名満員御礼?スタッフ キョウ、ヒガシ、エミ、アキの4名で行って参りました。

前日、前々日やつが・・・とうことで
初日は行っちゃいました、BON島あれっ???
なかなかの透明度、水底にはアケボノハゼがめずらしくない!それほどいます。
中層にはカスミアジの団体、イエローバック、クマザサハナムロが流星群のよう、
さすがアンダマン海!!!魚影濃っ!

タチャイ島 ツインピークス
流れあり、ロウニンアジ&カスミアジが勝手に目の前を行ったり来たり、こりゃ楽ダイビング!

リチリューロック
あれっ?ちょっと中層の魚が減ったような?よく見るとリチリューの周りにいっぱい漁船が・・・
彼らも必死であります。ペコリ
1日中移動してポイントをかえたという事は4本目はもちろんナイトダイビングでございます。
コクテンフグ1000匹!!!うそとおおもいの方潜ってください、ちょっと言い過ぎたかも・・・ペコリ

2日目
リチリューロック2本の巻き
タイガーテール、フリソデエビ、ベニカエルアンコウのベイビー、クダゴンベ、トマトクマノミなど定番の小物はお休みなくいい仕事していましたよ。ところで大物は???

3本目
トゥリンラ島リーフ
砂地はご存知の通りハゼの天国!リーフは小魚の水族館でございます。なぜか昼すぎなのにカンムリブダイもいたらしい、そうとうな寝坊であります。

4本目
スリン南 アオタオ
安全停止ダイビング!ここは深度5メートルで楽しめます。
体にやさしい、海も楽しめるというポイントでございます。パーフェクト!

3日目
タチャイ島 ツインピークス 
このクルーズ最大の難関!流れ強!がんばれガイド陣!負けるなゲスト!
そんななかトラフサメのカップリング!激しいのがお好きなよう!幸せになるんだぞ!

BON島 ノース
透明度ナイス~!このクルーズで一番!サンゴがきれいだったな~!
アミメフエダイのすごい群れが捕食しているのですが、もう少し考えてやってくれないとスカシテンジクダイあっという間にいなくなっちゃうやん!バカ~!

シミランNO,9 スリートゥリー
透明度・・・BAD!1本前がよすぎたのでギャップが大きすぎ、普通にテンション下がる!
いやいやがんばろう。
サンゴの上にはエバンスアンティアス、サバヒーがいっぱい、カメが癒してくれました。サンキュ!

エレファントヘッドロック
小物チームと中層チームに!
小物チームは、ニシキフウライウオ、フリソデエビ、カエルアンコウのベイビー、キンチャクガニなど
中層チームは、ロウニンアジ&カスミアジ、イエローバックの群れを堪能!

4日目
シミランNO、7 イーストオブエデン
シミランNO、1の癒しポイント、このクルーズを振り返りながらのダイビング、
うんうんよかった、よかったはず。

このクルーズでヒガシさんの以前からのたっての希望、それは船上バーベキュー!!!普通?
ヒガシ1
パタパタ!!
ヒガシ2

ヒガシさんが率先して肉、野菜を焼きまくる~!しかし悪戦苦闘!
そしてこのクルーズは人数が多すぎた、あとデッキが煙でモクモクでございます。
いい考えではあったものの、人数制限と焼く場所を考えないとであります。ペコリ
来シーズンはうまくいくようにみんなで考えましょう!
ヒガシさんお疲れ様でした。
ヒガ


ソンクランクルーズでは大物はすべて帰省してしまい会うことはできなかったものの楽しいクルーズでありまた。(ゲスト&ヒガシ談)

松本旦那 お誕生日おめでとう!これからもソンクランクルーズ夫婦仲良く遊びにきてくださいね!
松本

ゆみちゃん、200本記念おめでとう!これからも安全にダイビング楽しんでくださいね!
ゆみゆみ
記念Tシャツお受け取りくださいませ!
ゆみ

天気      最高
波        なし
うねり      大
水温      30度
スポンサーサイト
2009.04.26 Sun l 未分類 l top ▲
2009年4月18~23日 オレンジブルー号

予報をみると、どんどん波が高くなること間違いなし。
しかも、こんなときに限って5泊6日、1日長いのです。はてさてどうなってしまうのか、今回のクルーズ。
こんなクルーズに参加していただくゲスト7名さま、そしてヒガシ、トモを乗せて、オレンジブルー号は荒波の中を漕ぎ出してゆくのであった。

1日目
1:ボン島「ウエストリッジ」
2:ボン島「ウエストリッジ」
3:タチャイ島「ツインピークス」
4:スリン諸島「トゥリンラ・リーフ」

どんどん波は高くなるはずなんで、最初に北のほうへ行っちゃわないとね。と手始めにボン島からスタート。
相変わらず、ものすごい捕食シーンが展開されています。
ツムブリの集団やら、カスミアジのすばやい動きが面白いですね。
2本目にはマンタもGET!

最近熱いタチャイ島。

フュージュラー


イエローバックやクマザサハナムロといったフュージュラーの群れの周辺をうろつくロウニンアジにカスミアジもいいのですが、更にわくわくするものを求めて、沖へと突き進むと・・・、いた~!
バラクーダすごい数!久々に見たこれだけの数、そしてトルネードしてますよ。

バラクーダ


そして、4本目にはすでにスリン諸島まで辿りついてしまいました。
さっきは、流れの中がんばったので、トゥリンラ・リーフでまったりいたしましょう。
アカククリの真ん中に何故かナポレオンフィッシュが・・・?

メタリック
スリンと言えば、コレ。メタリックシュリンプゴビー。

ブラックSG
ブラックシュリンプゴビーもいます。


2日目
1:スリン諸島「トゥリンラ・リーフ」
2:「リチェリュー・ロック」
3:「リチェリュー・ロック」
4:スリン諸島「アオ・タオ」

カンムリブダイ狙いでトゥリンラリーフへ再チャレンジ!
・・・したものの、残念っ!
アカククリの群れの中、今度はゴマモンくんが納まってました。うーん。絵にならないなぁ。。。

さあ、やってきましたリチェリュー・ロック。
今日は透明度がめっちゃいい!水面の波の大きさがウソのように水中はきわめて穏やか
、平和です。

キンセン

ミナミハコ



3日目
1:「リチェリュー・ロック」
2:「タチャイ島・ツインピークス」
3:ボン島
4:シミラン諸島#9「スリー・ツリー」

1本目はリチェリューでがんばってみたものの、自然のチカラには勝てず?
波にゆられてやっと戻ってきたタチャイ島、ちょっとみんなお疲れ気味?しかし、行ってよかった!早速レオパードシャークがお出迎え、というより、無理やりお邪魔しちゃったかんじかも。ゆうゆうと泳いでいたところを発見されたレオパードくん。追っかけられて、逃げ出しちゃったものの、しばらくすると砂地に寝てるじゃないですか。そのあとは、ギリギリよっても動く気配なし。もうあきらめモードで好きにしてってかんじでしょうか。安全停止中にはマンタもやってきてくれました。

レオパード

マンタ



4日目
1:シミラン諸島#8「ビーコン・リーフ-沈船-」
2:シミラン諸島「エレファント・ヘッド・ロック」
3:シミラン諸島#7「イースト・オブ・エデン」
4:シミラン諸島#8「ビーコン・リーフ」

今回は珍しく沈船へ!実はシミランにも沈船ポイントが何箇所かあるんですよ。
ここは何年か前に沈んだクルーズ船。オレンジブルーよりちょっと大きいかな。ちなみに乗ってた方はみんな助かってますのでご安心。

沈船

とりあえず、こういうのは抑えとかないと。
トイレ


エレファントでは、タイコをがんばった甲斐がありました!
どんどん集まってくるクマザサハナムロ、私たちの周りを渦になってとり囲んでくれます。
またその周りにはローニンアジが睨みをきかせて、うろうろ、うろうろ。

ローニン




ゴースト

エデンではゴーストパイプ4個体が集まってました。
飛び出してるアンダマンジョーフィッシュもいっぱい。

5日目
1:シミラン諸島#5・6「アニタズ・リーフ」

最終ダイブはアニタズ・リーフで締め!

クダ
定番のこの子に癒してもらってきました。


荒波に負けず、潜りたおした5泊6日、いやいや~ほんとみなさん、おつかれさまでした!


TOMO






2009.04.23 Thu l 未分類 l top ▲
2009年4月3~6日 オレンジブルー号

こんにちは、TOMOです。おっと、もう4月なんですね。日本はお花見シーズン、新しい年度も始まり、新鮮な気分でおすごしのことと思います。
しかしその分、一般的には長期休暇を取りにくいのでしょう、またまた、また(?)くらいですかね、今回も少数精鋭VIPクルーズになってしまいました。年度初めにお休みを取れる方、この時期おすすめですよ~。
今回のVIPな方々は、前クルーズより2回連続ご参加のJさん&Hさん、バンコクからFさんとニコラス、そしてカオラックでギャラリーSilver Frogsを営むdiveご意見番・MUさん。スタッフはHIGASHI&TOMOでいってきまぁす!


4月3日
dive1:シミラン諸島#5,6 "Anita's Reef"
dive2:シミラン諸島 "Elephant Head Rock"
dive3:シミラン諸島#7 "East of Eden"
dive4:シミラン諸島#8 "West of Eden"

さて、早速1本目からおめでたい!

040409記念

ニコラスが100本、Jさんは400本を迎えました。10万400本じゃあないですよ。

水中はスカシテンジクダイが、まただんだんと増えてきつつあって、カスミアジ&イケカツオの編隊が突っ込む動きが面白い。
インディアンフレームバスレットは、その時、その場所で発色具合が異なりますが、最近は色鮮やか。

2本目はエレファントでジンベエ出没!という、レック船長の情報を元にポイントを急遽変更。
100本のほとんどをediveで潜ってくれているニコラス、しかしまもなくタイを離れてしまうニコラス、しかしいまだジンベエを見たことがないニコラス、最後にジンベエを見ることができるのか!?

・・・ごめん、ニコラス。

101本目にジンベエ遭遇は叶いませんでしたが、飛び出しまくりの砂吐きジョーとか面白かったでしょ・・・!?
ジョー



おやつは、そうめん~♪
040409そうめん

暑い日にさっぱりそうめんはいいですね。(ちなみに麺つゆはTOMOが手作りしてみました。おいしく食べていただいたようで、ほっとひと安心)

4本目はオレはBBQの準備をするというヒガシさん、おばあちゃんの遺言により潜るのは1日3本までのMUさん、サイナス不調のため大事をとってお休みのFさんを残し、エントリー。そうなのです。EX後には美味しいビールと美味しいBBQが待っている。出港前から、今回はバーベキューと鍋をしようと、自ら買出しに行ったり張り切っていたヒガシさん。期待してます!

かわいいテングカワハギの幼魚や、目がサッカーボールなセダカギンポを見つつ、立派なテーブルサンゴがたくさんあるリーフをぬけ、目まぐるしく動くクマザサハナムロにワクワクしていると、なんだか急激にあたりが暗~くなってきた。見上げた水面はさざめいていて、こりゃ風強いだろ明らかに。若干早めにダイビングを切り上げると間一髪でどしゃぶりに。

いやー、ギリギリセーフでしたねー、なんて話しながらシャワーを終えてリビングへ入ると、えらくテンションの下がってる人が約1名。

この天気じゃ、バーベキューできひん・・・。と不貞寝するヒガシさん。ヒガシさ~ん、寝ないでくださーい!

その後、何とか雨もあがり、めでたくバーべキュー開始。
040409BBQ1

ホンダちゃんのアシスタントのもと、みんなで肉を焼いていると、、、

040409BBQ3

ふだんこの時間に2階に上がってくることはないこのお方。レック船長登場~。

お前達にはまかせておけん、と思ったのか、ただ単にBBQ奉行なのかはともかく、どんどんどんどん手際よく焼いてくれます。
牛、とり、いか、エビ、ソーセージ、魚の丸焼き、野菜、、、美味しそう~☆

040409BBQ3


4月4日
dive1:シミラン諸島 "Elephant Head Rock"
dive2:シミラン諸島#9 "Three Trees"
dive3:ボン島 "West Ridge"
dive4:ボン島 "West Ridge"

朝の一本は協議の結果、エレファントヘッドロックへ再チャレンジ☆
いいもん見れるといいなぁ。
ジンベエはともかく、この水中タイコがあればロウニンアジは集まるハズ!潮上のフュージュラーたちの集まる中へ突入し、タイコを鳴らします。流れがあるときにやると、何気につかれるんですけど、ここは頑張らねば。すると、、、来た来たローニンくん。しかし、すぐそばを掠めていってくれるのは良いのですが、ちょっと怖いんですけどぉー。音の発信源である私にまっすぐ向かってくるんですよ、あの強面で。そのまま本気で突っ込まれたら(そんで鳩尾とかに入っちゃったら)死ぬんじゃないだろーかアタシ。しかし寸でのところで「なんだテメーは、ヘンな音出しやがって」みたいなかんじで、ギロリと睨んで去っていくんですよね。迫力~っ。
ローニン


2本目は、癒されましょうとスリーツリーへ。

カメ


バリバリと食欲むきだしでサンゴを破壊中(?)のカメさん、クリーニング中のオニカマスなんかを見つつ、サンゴ畑をドリフトしていきます。チョウチョウウオの子供も最近多いですね。
そしてそろそろ安全停止に入ろうかという時、それまでひとり姿の見えなかったヒガシさんが沖を指し示しています。そ、その先には何が!?出ました、ブラックフィンバラクーダー~~~。結構な速さで泳いでいっちゃったと思ったら、ぐるりと戻ってきて、じっくり見ることができました。実は昨日のダイビングで、バラクーダの幼魚のかたまりを「バラクーダ群れ!」と紹介したら、とっさに沖を振り返ったニコラスに「なめてんのか、こいつ」と怒られちゃったんですよね~(笑)。だってまんまバラクーダの形しててかわいくないですか!?なんにせよ、ちゃんと大人の群れを見てもらえて良かった良かった。

3本目、4本目は、ボン島でマンタ1本、いや2本勝負!
結果からいうと、、、惨敗でした。いや実は出たんです。アシストにまわっていた私は、ヒガシさんの「マンタ探して」という指令の元、お客さんを連れているヒガシさんの逆サイドを張ってたんですよね。正直透明度が悪かったボン島、気がついたときには、1匹のマンタがどんどんこちらへ向かってくる。私のすぐ横まで来て、そして―――、、、そのまま通り過ぎて行きました・・・。ベルを必死に鳴らすも、間に合わず。いやぁ、特大のキレイなマンタだったなぁ。一人だけ見ちゃって、すいません!

でも、いまのボン島、捕食はすごいですよ!
ボンでは定番のアミメフエダイ、クロコショウダイ、カスミアジ、、、そしてイチオシはツムブリの編隊ですね。あの流線型ボディを見てるだけでもほれぼれしちゃうんですが、こいつらの入り乱れた動き、まさに弱肉強食の世界です。

結果は残念でも、ビールはうまい!

050409ビール1

050409ビール2

人数が少ないので、シャワーも1人1つ!飲み始める時間がいつもより、40分は早いのでは?日の高いうちのビールはうまいっす!

さあ、今夜はおなべ。
昼間の鍋談義(うちではこうするだの、それは入れないだの、、、)の結果(?)、寄せ鍋?水炊き?
とり、いか、さかな、とうふ、春雨、にんじん、などなど。
050409なべ1


鍋奉行として活躍してくれたJさんの手作り鳥つみれ!サイコー!ごちそうさまでした!
050409なべ2



個性豊かな面々が集ったこのクルーズも、あっという間に(まぁ元々ショートクルーズなのですが)終了してしまいました。
最後に、船上でいろいろ手伝っていただいた上、お店のドアを直していただいたりしたJさん、Hさん、ありがとうございました。それから、いままで何度もお越しいただいていたFさん、ニコラス、タイ駐在終了本当におつかれさまでした。タイを離れても、また遊びにきてくださいね。下船後も打ち上げホームパーティにお招きいただいたMUさん、どうもごちそうさまでした!


MUさん
番外編。
ediveハーネス部結成!?ウェットを着てないので更に目立ちます。







2009.04.06 Mon l 未分類 l top ▲
2009年3月28日~4月1日     BY EMI
もう4月ですね。
なんといっても、4月3日~マリンダイビングフェスティバル!!SHOJIさん、KYOさんは頑張っているのでしょうか??
さぁ、今回のクルーズはゲストは9名、スタッフはHIGASHI,AKI,EMIでいってまいりました~。

今回のクルーズ、なんとタチャイを攻める!!をテーマにしてみました。
クルーズはボン島からはじまりました!
Dive1 ボン島ウェストリッジ
Dive2 タチャイ島ツインピークス
Dive3 タチャイ島ツインピークス
Dive4 タチャイ島ツインピークス
一本目はチェックダイブから。
透明度が落ちていたアンダマン海でしたが、ほらご覧下さい!!
328
う~んブルーブルーブルー♪
気持ちいいですね。
早速アケボノハゼにご挨拶に伺い、そのあとはマルチバーパイプ、ジャンズパイプ、アフリカンリーフバスレットとマクロ観察。
おっと、そうそう、ここで一瞬マンタが登場~!
全員は見れなかったのですが、よし、これは、もうタチャイ島に期待して移動です!!

タチャイ島三本勝負!!!!!!!

はい。

でました。

そう。

これ。

328-2
オニイトマキエイ

近づいてきました。

おぉぉぉ~!!!
328-3
328-4
おっとっと!!!

328-5
マンタが炸裂です。

そして、
328-6
オニカマス。

健在です。

口をパクパクと何か一人語りはいっているようです。

328-7
そして、

イエローバックフュージュラーの群れ。

なんて美しいのでしょう。

黄色の傘がたくさん開いているようにもみえます。

そして、そして、レオパードシャーク登場です!!
その他にもローニンアジ、カスミアジの群れ、水面にはサバヒーの群れが!!!
やっぱりタチャイ、面白いです!

もちろんもっと大物も狙いましたが・・・おらず。


328-8
この日は、上陸DAY~。

タチャイ島ビーチへ。

誰もいないビーチで。

静かな時間。

328-9
さわやかに木に登ってしまいます(笑)

328-10
夕方からはBBQ大会!!
2クルーズ連続乗船の隊長が市場や日本から持って来てくださった材料をレックキャプテン自ら焼き係り!!
328-11

ぷりぷりのエミ、あ、違う。エビ。

328-12
柔らかいジューシーなお肉たち。

328-13
このお方もおいしそうにほおばります。

328-14
レック、焼き係り。

328-15
さぁ、こっからはあまりに皆おいしそうに食べるので・・・。一挙大公開!
328-16
328-17
328-18
328-19
328-20
お腹はもちろん、心も満たされたBBQナイト!
隊長ありがとうでした。
328-21
翌朝3月30日は快晴!!
スリンからです。
Dive1 スリン諸島トゥリンラリーフ
Dive2 リチェリューロック
Dive3 リチェリューロック
Dive4 タチャイ島アオウェスト
328-22
砂地ではメタリックシュリンプゴビーがなぜか共生エビを食べている衝撃的瞬間が!!
アンダマンジョー、ヒレナガネジリンボ、アンダマンフォックスフェイス、そして美しいアデヤッコ、サザナミヤッコ、トゲチョウチョウが。
ふと中層に目をやると328-22
アカククリの群れ。
328-23
おぉぉ~圧巻です。
そして、そのアカククリの向こうには・・・
カンムリブダイの群れが!!!
あまりの多さにびっくり。
328-24
スリンでのダイビングのあとは今日も上陸です。
行く先は
モーケン族の村。

久々にいってきましたが、こどもたちがキャッキャッとはしゃぐその姿、屈託の無い笑顔、もっといたかったなぁ。

このあとはリチェリューロックへ・・・
328-25
のはずが、途中、クジラが出現。

大きな大きなクジラの一家です。

シュパーーーーーッッと音が聞こえます。

そしてしばらく皆で観察。

328-26

そのあとは、リチェリューロックへいざ!!!

クダゴンベ、フリソデエビ、アンダマンウバウオ、トマトアネモネ、チモールラスなどなどマクロも面白いリチェリューロック!!

中層にはタカサゴが魚の雨を降らします。
マテアジ、オニアジ、スマガツオの群れが素晴らしいです。
ザザザッザァァァ~~~っと、音が聞こえてきそうです。

ジンさんでそうな出なさそうな・・・。


我らが一行はこのあと、タチャイ島ウエスト湾でナイト。
久々のナイトで東さん、終わったあとのビールをそれはそれはおいしそうに飲んでいました。

翌日はまたまたタチャイ島から。
Dive1 タチャイ島ツインピークス
Dive2 ボン島ノース
Dive3 シミラン諸島 スリーツリーズ
Dve4 シミラン諸島 エレファントヘッドロック

激流です。
はい。ものすごい流れています。
ローニンもイエローバックもこの流れの中、やはり、魚。普通に泳いでいます。
ラッキーなチームはマンタもみれました。

二本目はボン島。
さぁ、そのあとはシミランへようやくやってまいりました。

久々のシミラン。
早速スリーツリーズにエントリー♪
328-30
タイマイががっさごっそ珊瑚を食べています。
珊瑚たちをみていると、気持ちが穏やかになります。


そして・・・

三回目の上陸!!!

328-27
バンザイしているのは誰でしょう。

328-28
上からみるとこんなかんじ。

一番のビューポイントです。

328-29
登頂組です。

このあとは、エレファントヘッドロックでイブニングダイブ。
ローニンアジ、カスミアジ、そしてここを住居とするオニカマスが夕日が差し込むエレファントを悠然と泳ぎます。
ここでは
大きなゴーストパイプがゆらゆら。
セムシカサゴが顎をひいてお辞儀しています。
なんて愛らしいのでしょう∵・∴・★

ラストナイトは星空満天。
南十字星をみておやすみなさ~い。

翌日最終日は
ラストダイブはここ!!
シミラン諸島 イーストオブエデン

エントリーしてまもなく・・・ここでもゴーストパイプの4人家族を発見。
328-31

大小さまざまなゴーストちゃんがひらひら。

そのあとも、ジョーフィッシュ、オーロラパートナーゴビーを観察。
最後は竜宮城でゆっくり。
ウミウチワの仲間、ハナフサイソギンチャクの仲間、もうこれだけで十分です。
これにて終了。

328-34
今回お正月明けに来てくださったOパパ、Sちゃん、2クルーズのYUMIYUMI,隊長、昨年に引き続きのカオカオ、Pi-ちゃん、10月のヒンデンヒンムアンクルーズに続き、このクルーズと次回クルーズ連続乗船のJINさん、KAZUさん、そして初クルーズのKISHIさん、本当に4泊5日ありがとうございました!!

またの再会、楽しみにしております!!!
328-35
∵・∴・★おまけ∵・∴・★
新婚のヨーイとホンダも皆様のお越しを暑く熱く、お待ちしておりますよ(o^-')b


















2009.04.02 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。