上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
早いもので明日で今年も終わってしまいますね♪
さぁ、今回のクリスマスクルーズは2艘体制でいっちゃいます!!!!

お船はチョクスリー号!!!

メンバーはシンガポールのダイブショップSPECさん14名、インドネシアから、そして日本からお越しの6名、計20名アイコン名を入力してください
スタッフはHIGASHI,TOMO,そしてEMIでいってまいりました!!

さてさて、一本目はコ・ボンから!
前日にマンタの乱舞情報が入っていたので気持ちも高ぶりますあげえ
今回のクルーズで見事100本記念を果たしたWAちゃんおめでとうございます

chok3-34
さて、記念撮影のあとはマンタ待ち~!!

ところが、ところが??
あら??どこへ行ったのやら~。

マンタはどこぞへお買い物へ?
少しお預けをくらっちゃいましたが、カスミアジの群れ、アミメフエダイの群れ、ホシカイワリ軍団が行き交う様子を一本目からしっかり観察できました!

2本目からは北へ向います。
タチャイ島ツインピークス!
さほど流れもないので、
久々にとんがり帽子の根へ。

ジャイアントフュージュラー、Manylined fusilier,イエローバックフュージュラーなどなどのフュージュラーたちが中層でパクパクとお口を動かし、お食事に必死。
そんなのをみていたらお腹がすいてきてしまいましたふふ

さてさて、お次はやってきました!リチェリューロックグー!
本日の3本目、4本目はここ!!!

流れはけっこうありましたね!
透明度がぐっと落ちて、プランクトンがいっぱいですえぇ
kinsen
キンセンフエダイぐっちゃりです。
フュージュラーもどっちゃりです。
カマスサワラの編隊。
マテアジ軍団。
オニアジさんたち。
グルクマさんもあっちゃこっちゃに泳ぎまくっています。
最近リチェリューでよくみかけるワモンダコのペアも本日も仲良くいらっしゃいました。
そしてそして新たな美しい黄色いゴーストパイプを発見!
gost pipe fish
山吹色のような美しいゴーストパイプがふわふわ浮遊してました。

ジンベイくんはこれまた出そうっちゃほんとに出そうな雰囲気はあるんですよね。
だけど、この日はお開き。。。
そして・・・今宵はメリークリスマス~シュークリーム
ここからはお写真満載でお送りいたします!
chok3-2
まずは船からのプレゼント!
ターキーにナイフを入れていっただきまぁぁ~す笑い。
chok3-3
chok3-4
chok3-5
chok3-6
もちろん音楽はクリスマスソングがシャンシャン流れて雰囲気ばっちりぃ!

チョクスリーのクルー、コックの皆さんもちゃんとサンタ帽子でお仕事です。
なんだかかわいらしかったですkao02
chok3-7
chok3-8
この日のメニューはシーフード満載!
海老、蟹、イカ、食べても食べても追加投入です。たっくさんって幸せですbikkuri01
シャンパンで乾杯しながら、ワイン、ビールがどんどんでてゆくぅ~♪
今夜はクリスマスだからぁぁ~♪♪
あ・・・失礼。
つい、思い出して唄ってしまいました。
chok3-9
chok3-10
chok3-11
chok3-12
chok3-13
今回はケーキが2つ!
どっちも美味しくってついつい食べ過ぎてしまいますね。
ま、今夜くらいはいっかいちごケーキ
chok3-14
こっからが本番です

chok3-15
今回は毎年来てくださるシンガポールのSPECのMASAKIさんがRIEちゃんとご結婚~☆
本当におめでとうございます。
末永くお幸せにハート
chok3-16
今年はこの方がサンタ子ちゃんに変身です。
chok3-17
あらぁ~まぁぁ~素敵ぃ。
HIGASHIさんの司会で始まりました!
サンタでビンゴトゥース
chok3-18
早速ビンゴ当選者がくじを引いて・・・
chok3-19
chok3-20
chok3-21
chok3-22
chok3-23
chok3-24
chok3-25
chok3-26
どんなプレゼントが当たるかってなんだかドキドキしますよねぇ~。
ハッピークリスマスはーと
まだまだ長い長い夜は続きます。
chok3-27
chok3-28
chok3-29
なぜか、今回は男性陣に大人気の『COLOR‘S EMI』絵文字名を入力してください
chok3-30
chok3-31
こんなんできましたぁ~ハート
1500バーツでございますのばしhart
chok3-32
一方、アッパーデッキでは・・・
chok3-33
クリスマスパーティー&ダンスタイムは遅くまで続いたチョクスリー号でした。

さぁ~翌日からは
Dive1 スリン諸島 トゥリンラリーフ
Dive2 リチェリューロック
Dive3 リチェリューロック
Dive4 リチェリューロック
気合いはいります。
Ricelieu mure
フュージュラーの囲まれるダイバー達。
そして、ブラックフィンバラクーダーの群れ~。

ここでもインド洋の固有種たちがたくさん。
アンダマンウバウオ、アンダマンミミックサージョンフィッシュ、アンダマンバタフライ、ジャンズパイプフィッシュ、トマトアネモネフィッシュ、アオスジハタ、などなどを観察。
tomato
マクロもとっても面白いんですよねぇぇ~。
リチェリューロック絵文字名を入力してください
この日100本を迎えたOさんおめでとうございます~はーと
chok3-35
今回は、たくさんの記念ダイブの方がいらっしゃいました!!!
まずはK岡さん。
chok3-36
そしてA田さん。
chok3-37
ediveで記念ダイブで素敵な思い出いかがでしょうか??

さて、この日はやっぱり魚は多いもの、白い斑点のついた魚はでてきてはくれませんでした。

12月27日
Dive1 タチャイ島ツインピークス
Dive2 ボン島ウエストリッジ
Dive3 ボン島ウエストリッジ
Dive4 シミランNo.9 スリーツリーズ
この日は久々にタチャイ島のツインピークスのもうひとつの根まで遠征。
レオパードシャークちゃんがいるかしらん♪
あ!!!!!
いたのはこれまたでっかいグレートバラクーダー!!!

レオパードちゃんは期待するも・・・いな・・・い。

がっくりくる面々でしたが、気を取り直していざボン島へ!!!!!

ボン島ウエストリッジに早速エントリ~。

むっちゃ、流れています。
どないしましょ~。

どないもこないも流します。

中層をながめて、そしてリッジでマンタ待ち。

しばらく待つ。

まだ待つ。

辛抱が必要。。。

顔を岩から出すだけで、マスクがずれます。
ずれたマスクを元に戻しながら、ひょいと岩から顔をのぞかせたその瞬間でした。
manta

いた!!!!

小柄ながらもマンタちゃんがひょ~いと現れました絵文字名を入力してください

そりゃ、もうマンタちゃん目指して流れの中観察!

この子が去っていったあと、またしばらくすると・・・

いた!!!!!!!!!!!!

manta 2
さっきとはまた違う個体のマンタです。
しかも今回はでっかい!!!

この子はしばらく私達にサービスをしながらもこのダイブは終了~。

3本目もやっぱりボン島ウエストリッジにて。
マンタ発見~。

このダイブでは安全停止中にもマンタが出てきてくれて大満足のダイビングになったことでしょうあげえ
この日最後はシミランへ~。

入ってみてびっくり。

むっちゃきれいです。
透明度のよいシミランでのイブニングダイブ。
three trees
あぁぁ~気持ちいい~♪

トライアンギュラーバタフライ、スポテッィドバタフライ、アンダマンフォックスフェイス、エバンズアンティアス、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、バタフライ天国ですね!!
終盤中層を見上げると、イソマグロがど~か~ん!!!

なんどかまわっていってくれました3
イブニングダイブ後は上陸タイム!!!!
similan joriku
みんなビールを片手に夕日をみてグビグビ~っといっちゃいましょう!!!
この日の夜は最終日の夜ということもあって、フォトコンテスト開催、そして宴会は夜遅くまで続いたのでした。

12月28日
Dive1 ブンスンレック
カオラックの沖合いにあるこのポイントは魚がぐっちゃりです。
ハニーコブモレイがひょろひょろお散歩中。
ヒトヅラハリセンボンの大群がウロウロ浮遊。
タイワンカマス、ニセクロホシフエダイ、キンセンフエダイ、ぐっちゃりです。

それからそれからメタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼ、そしてTwin magnificent slugウミウシ、ワヌケヤッコ
ここは潜れば潜るほどおもしろいポイントなんですよ!

あたしたちが潜っている間になんとSPECチームがおいなりさんを作って待っていてくれました!!
これにはもう嬉しくて感動です!!!
おいしかったぁぁ~♪♪
ありがとうございました。
chok3-38
ごちそうさまです。

そして今回フォトコン優勝者は・・・
Gっちん!
chok3-39
『ピエール』
ものすごいドアップバラクーダーです。
ぜひ、皆さんも素敵な写真をクルーズで撮影してフォトコンにだしてくださいね!!!
cok3-1
これにて、チョクスリー号クリスマスクルーズは終了です。
こんなに素敵な人たちとの4泊5日のクルーズライフとなりましたハート

さぁお次はどんなお魚たち、どんな人たちとの出会いが待っているのでしょうか。
次回クルーズ報告もお楽しみに☆










スポンサーサイト
2008.12.30 Tue l 未分類 l top ▲
☆★ Merry Christmas & Happy New Year ★☆

今年も残すはあとわずか!!皆さんはどのように2008年度を締めくくりますか??
きっと良い締めくくりが廻ってきますよ(^^)v

そしてediveのX-masはもちろん船上でっ!!
23日~27日のOB号クリスマスクルーズ報告の始まり始まり!!!

▼X-masクルーズのメンバー達▼

STAFF : KYO AKI SAORI SHINYA
GUEST : 21名(リピーター17名+新規さん4名)


今回は最北端のPOINT『Richelieu Rock』へ一直線!!
その理由とは…前日に奴が出たという情報が入ったから…
期待を胸に、ドキドキワクワクX-masクルーズの開始です!!

Day1
#1 : Surin-TolinraReef
#2 : RichelieuRock
#3 : "
#4 : Surin-AoTao


1本目はチェックダイブを兼ねて、のんびりまったりトゥリンラ島を!!
久しぶりのスリン諸島の海は相変わらずの魚影の濃さで、リーフを埋め尽くす程のフュージラーをかき分け沖の砂地へ!!メタリックブラックなどのハゼはもちろんの事、今回初めて見たマーブルスネークイールを観察!!小さな頭を突き出しながら、口をパクパク開け閉めしてましたよ(^^)それを取り囲むダイバー5名!!マーブルさんにとっては必死だったのかも…
その他にもグレートバラクーダブラックフィンバラクーダの群れ、アカククリの軍団にアンダマンフォックスフェイスなど、スリンの素晴らしさを体感する事の出来た1本目になりました!!

そしてボート上では朝ご飯の用意が!!
レストランで働いていた経験を持つヨッさんが丁寧に作り上げた朝ご飯。海も大事だけど、やっぱりクルーズってご飯重要だよね(^^)

■初日はアメリカンな感じで■
08.12.23-27OB 朝飯


そして目指すはリチェリューロック!!
期待ぜずにはいられないこの胸の高鳴りを押さえ、一向は東に進路をとった!!
不思議と目線は水面へ。
『んっ??海の色が…青……く………ない…。。。』
ミャンマー海域に近いのか、湾内に近づくに連れて透明度が落ちてきた(--)
透明度はイマイチだったものの、潮上に行けばカマスサワライワシにめっちゃアタックかけてるし、岩沿いには小型のタカサゴが群生し、覆い被さるようにキンセンフエダイニセクロホシフエダイなどの大群!!マクロではタイガーテールシーホースクダゴンベなど、先シーズンの定位置をキープしていました!!魚影は濃いっす!!

2本潜ったリチャリューを背に再びスリン諸島へ!!
4本目はあまり潜らないサンゴの群生地『アオタオ』。
深度5mラインにひたすら珊瑚がひき詰められています(^^)のんびりまったりドリフトで初日を締めくくりました!!


Day2
#1 : RichelieuRock
#2 : KhoTachai-TwinPeaks
#3 : KhoBon-WestRiget
#4 : Similan-No9 Tree Threes


2日目のコース取りは最北端から一気にシミラン諸島への南下スケジュール!!
早朝は皆頑張って7時エントリーに(>_<)リチェリューで魚影を観察し、一向は1つ南の島『タチャイ島』へ南下を開始!!
ギンガメアジカスミアジの群れ、先シーズンから番人に任命されたオニカマスも健在。ダイバーが近づいても優々と泳ぐ姿が印象的でした。岩盤上部にはヘラジカ珊瑚が!!マクロ好きには打ってつけの場所ですよ!!
ボン島では激流!!
リッジの影に隠れながらのダイビングとなり、流れてくる回遊魚待ちや、岩肌に着いているソフトコーラルとマクロ生物のランデブーを観察してきました!!深場ではアケボノハゼフチドリハナダイ、クリーナーパイプフィッシュマルチバーパイプフィッシュ、ブロードバンデッドパイプフィッシュのヨウジ3兄弟を拝見!!とても臆病なアフリカンリーフバスレットも居ましたよ!!マンタさんはお留守でした…(--)
そしてBON→SIMILANへ!!
この海域が素晴らしい(>_<)v毎シーズン何かが必ず出るっ!!
カジキやマンタの捕食シーンやミンククジラなどなど、そのクルーズに乗船しているゲストを楽しませてくれるサプライズエリアなのです!!
そして今回はこいつらだぁ~!!

イルカ1

のんびりまったりしていた船上は一気にヒートアップ!!
イルカ2

イルカ3

イルカ4

寝ていたゲストもバタバタと動き出し、舳先に集合。すぐそこの足元を飛び跳ねるイルカ達を見て大興奮です(>_<)

イルカ5

たぶんハシナガイルカ系だと思うのですが、分かった方はコメント下さい!!


4本目のスリートゥリーはマジ激流!!
約1kmのノンストップでひたすらドリフトダイブ。足元を通り過ぎる珊瑚の群生を眺めながらの45分間ダイブでした(^^)時にはこんなダイビングも良いのでは??


そして夜が…
このクルーズのお題をまた思い出してほしい!!
『23日~27日のOB号クリスマスクルーズ』
今宵は25日のX-masDay!!!
ゲストとスタッフが一致団結し、X-masPateyの始まりじゃぁ(^^)v

メリクリ1
まずはクラッカーにてクルーのヨイどんを狙い攻め!!

メリクリ2
そしてシャンパンを!!AKIちゃんの2009年度が気になりますが…笑。。。

メリクリ3

メリクリ4
かんぱぁぁぁぁぁぁぁぁ~い!!!!!!!!!!!!!!!!

メリクリ5
イエ~イ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そしてX-masと言えばプレゼント!!
今回もビンゴ大会開始なり(^^)v
メリクリ7

メリクリ6

メリクリ8
みんな真剣にプレゼント狙ってます!!

メリクリ9
『ビンゴォ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!』
トップバターはYさん!!!おめでとう♪

メリクリ10

メリクリ11

メリクリ12

メリクリ13

メリクリ14
メリクリ15

メリクリ16

メリクリ17

メリクリ18

そして残った3人…一抜けは!!
メリクリ19

メリクリ20

プレゼントに興味深々なカノンちゃん!!LOGBOOKを手に嬉しそうです(^^)
メリクリ21

マスクストラップもカノンちゃんにとってはオモチャだったかな(^^)
メリクリ22

最輝な夜でしたわ!!
メリクリ23


Day3
#1 : Similan9-ChistmasPoint
#2 : ElephantHeadRock
#3 : Similan5&6-Anita'sReef
#4 : " MonumentValley


今回のクルーズは本当に流れてるなぁ…
まぁその方が大物も出やすいだろうし、期待は膨らむけどね(^^)
クリスマスポイントでは大きなナポレオン見れたし、カスミアジの大群もバッチリ!!流れててもガイドがアゲインストなコース取りはしないのでご心配なく(^^)v

朝ご飯を食べた後はNo8『バランスロック』に上陸!!
今クルーズのアイドル「カノンちゃん」も一緒に行ってきました♪♪♪シミラン諸島周辺の海は青かった!!
上陸1

上陸2

上陸3

上陸4

上陸5

2本目はエレファント!!
イエローバックネオンなどのタカサゴの群れ、襲いかかるカスミアジ、パンパンなお腹なケショウフグアンダマンコショウダイワヌケヤッコアデヤッコなどなど、地形ならではの生物を観察!!
3,4本目は癒しの5番6番周り!!
アニタでは砂地にソフト&ハードコーラル、ウミウチワなどの癒しグッズが盛りだくさん!!オーロラハゼ・ヒレナガネジリンボウ・スパゲティイールは定番で、ソフトコーラルの根を見ているだけでも癒されます(^^)v
モニュメントバレイでは、今回200本目を迎えられたミネちゃんの記念ダイブを!!
名物ボニータさんのヌードと一緒にパチリ!!
記念ダイブ
☆★☆ミネちゃん!!200本おめでとう☆★☆


最終日の朝…
綺麗な朝焼けが、目覚まし変わりです(^^)
朝日


Day4
#1 : Similan7-EastOfEden


X-masクルーズ最終日!!
この記念すべき1本は、シミランの代表的なPOINTで!!毎回潜りますが、リピーターの方でも絶対に飽きないPOINT(>_<)
透き通る水にインディアンフレームバスレットキンギョハナダイのオレンジが引き立ちます!!綺麗な海でたくさんの魚達が乱舞する。最輝な時間です!!

▼X-masを船上で過ごした最輝な仲間達▼
集合写真


日本とは違う、暖かい南国の海で過ごすX-mas!!
新規さんの方も気遣いしないような、アットホームな船上クルージングを楽しんで頂けたでしょうか??
今年も残すところ後わずか!!
思い思いな2008年度をお過ごし下さい(^^)v

以上、SHINYAがお届けしましたぁ♪♪♪


2008.12.28 Sun l 未分類 l top ▲
2008.12.16~20 オレンジブルー号☆”

ただいま~^-^

帰ってきました~♪” さおり&エビです!!!”
今シーズンも若さ?!と笑顔^0^でがんばります☆!
みなさんよろしくお願いします~~~!!!

さぁ、今シーズンどんなかは今からのお楽しみ~♪”
ドキドキワクワク☆

クルーズ報告はエビがさせていただきます!!!

ゲストは9名☆” リピーターの方が多く、その中でも前回も同じ船だったなど、
顔見知りの方も多かったので初日から和気あいあい☆”^0^☆”
スタッフはSHOJI・AKI・SHINYA・SAORI・EBIです! 
よろしくお願いします~♪”

少し波があるため、シミラン諸島からの出発です!!!

 Dive1:ウエスト オブ エデン
やっぱり、シミランはおもしろいです!! 中層にお魚がいっぱい☆”
sakana
クマザサハナムロ・イエローダッシュフュージュラーが滝のように流れ、
その中をカスミアジがグングン泳ぎます^-^
深場にはアケボノハゼ・ヘラジカハナヤサイサンゴの中にはベニカエルアンコウがいましたよ~♪”

 Dive2:イースト オブ エデン
癒しポイント☆” 今年はとにかくとにかくとにかくスカシテンジクダイがいっぱい~^-^
しかも、いろんな根にびっしりいました!!!
大きなうみうちわにつくヤマブキスズメダイもとってもかわいかったです♪”

 Dive3:ビーコンリーフ

 Dive4:エレファントヘッドロック
taiyou
ダイナミックな地形を堪能~!!”
青い海の中、巨岩の間をとおるのって、まるで鳥になった気分になりますね~♪”

そして、今日の夜は・・・★”
tannzyoubi

2クルーズご参加のあさこさん・今日でまた一つおじさんになっちゃったあきさん笑  
お誕生日^-^おめでとうございます~!!!!!!!!!
素敵な1年になりますよ~に♪”

3日目~今日もいいお天気です★”
 Dive1:ノースポイント
トラフザメ狙いで入りましたが、残念~・・・><;
どこへいったのやら??!。。。 癒しのダイビングへ!!!
サンゴの上のエバンスアンティアスがと~ってもきれい♪”
kame
カメさんもこんにちは~^0^”

 Dive2:スリートゥリー
sanngo
一面に広がる枝サンゴにはキンギョハナダイがいっぱい♪”
その中にインディアンフレームバスレットも泳ぎます!

baraku-da
沖の方ではバラクーダの群れの登場!!!!”
まさか今クルーズで一番の大物になるとは・・・・・・^^
近くでみると、やっぱり迫力ありありですね!!

船は北上して、ボン島へ!!

 Dive3:ウエストリッチ
マンタ狙いでのエントリー☆” マンタ待ちもしてみましたが、
出る気配ゼロ・・・><; これまた、どこへいったのやら??!
少し流れがあったので、ゆっくり流されながら・・・・ まったりダイビンGoooooo!!^-^

 Dive4:タチャイ島 ツインピークス

kasumiazi
 カスミアジの大群!!”

onikamasu
 ここの主とも呼ばれるオニカマス☆” 
大きいです!!!!!!  2mくらいありましたよ~!

4日目~ お天気の日々が続きます^-^
 船は北上して、スリン諸島へ!!!!”
 
 Dive1:トゥリンラ
 Dive2:トゥリンラ
色とりどりの枝サンゴが一面に広がる癒し系のポイント!”
私もここは大好きです~★”
サンゴに群がるデバスズメダイを見ているだけで、心が和みますね~♪”
砂地ではメタリックシュリンプゴビーやブラックシュリンプゴビーが朝から顔を
ポコポコだしてくれてます!!!
中層ではブラックフィンバラクーダ!!!
そして、ここはアカククリの群れが・・・
akakukuri
こ~~~~~んなにすごいんです^-^
中にはツバメウオも数匹混ざってました♪”

 Dive3:リチェリューロック
波がけっこうあったので、今回はリチェリューロックは一本勝負!^0^!
潮の上に行くと、魚の多いこと多いこと!!!
kinnsennhuedai

ここのポイントにくると、シミランに帰ってきたなぁってジワジワ感じさせてくれます★”
イエローバックフュージュラー・クマザサハナムロはもちろん、
サワラ・ツムブリ・マテアジの大群のすばやい動き^-^
キンセンフエダイもすごいでしょう~♪”!
見ごたえありですね~!!!!
久しぶりに出会った、トマトクマノミにも癒されました♪”
ジンちゃんは現れず・・・><;  でした。。チャンチャン。。

 Dive4:タチャイ島 ツインピークス
透明度もGooooooooooood^0^
サバヒの群れがすごかったぁぁぁ~★”

最終日の夜は・・・
gohann
ご飯もおいしい~♪”

nomi
ビール・ワインが進む、進む!!”
みんなで一つのテーブル囲って、一つの話題で盛り上がるのっていいですね~^0^
星空も満点でしたぁ!☆

ふぉとこん
今回、フォトコンで優勝したつのパパおめでとうございます^-^!”

shuugoushasinn
 5日間、ご一緒した仲間たち☆”
みなさん、ご参加ありがとうございました~~~!!”
よいお年をお過ごしください~^-^

~番外編~
taisou
スリムな体を目指すため・・・ 今日も筋トレにはげむ、レディースたち^-^
これはヒップと太ももを引き締め、引き締め・・・
今後、ご期待ですね!!^0^!!

最後になりましたが、写真提供あさこさん!!
素敵な写真ありがとうございました^0^

では、また~~~^-^ 
 

2008.12.23 Tue l 未分類 l top ▲
2008年12月11~15日 オレンジブルー号

今シーズン2回目のクルーズにいってまいりました~!
今回の面子もなかなか個性的。その正体は夜な夜な明かされていくわけですが、そこは皆さんいい大人。初対面の初日の夜(だけ)はお行儀よくすごしていた10名のみなさん+SHOJI&私TOMOを乗せてオレンジブルー号、出港です。

まぁ、前回、前々回のクルーズが空港閉鎖という事態に見舞われたことを思えば、なにもかも平和に思えるというものです。あんなことの直後なだけに日本で心配してらっしゃったのはもちろんですが、行程はいたってスムーズ。おまけにタイ行きの機内は悲しいくらいにガラガラだったようで、エコノミーでも完全フルフラットシート。(要は横並び3席まるまる使えたってことですね。)そしてしつこいくらいのドリンクサービス。そんなに飲んだらお腹がタプタプって状態だったようです。


さて今回は北から攻めてみましょう!
チェックダイブを兼ねた1本目はスリン諸島トゥリンラリーフ。
サバヒーの群れや、ブラックフィンバラクーダ、アカククリwithツバメウオ、ナポレオンにサワラも登場、となかなか見ごたえのある1本。


が、実は濁ってたんですよねぇ。スリンがこの状態ってことは、次のリチェリューも、・・・濁ってますよねぇ。


とかなんとか思いながらもリチェリュー・ロックへ到着。リチェリューといえば?大きな白い点々のサメですよね。
みんなの期待をのせてエントリーすると、そこには予想を裏切る世界が・・・。


・・・まさか、ここまで濁っているとは。


はっきりいって、いや、はっきりいわなくても見えません。
しかも。な~が~れ~て~るぅ~~~。
結局3本潜って、流れは1本ごとに落ち着いてきたものの、濁りは1本ごとに増してゆく。
魚は、、、相当います。定番ブラックフィンバラクーダにキンセンフエダイの塊。特に夕方なんか、目の前をわっさわっさと目まぐるしく動く群れ、群れ、群れ。ジャイアントフュージュラーにイエローバンドフュージュラー、グルクマ、マブタシマアジ、etc.etc...
すっごいです、大興奮!普段のわたくしなら、勢いにまかせて群れに突っ込む、50分中層1本勝負を仕掛けていたところでありましょう。
それくらい魚の動きがめっちゃ面白かったんです!
でも、その一部しか見えなかったんです!
突っ込んだら最後、根に戻って来れなさそうだったんです!

081212-1
こんなかんじ。

あぁ、この濁った海が恨めしい。
なんせフラッシュライトつけて潜りましたからね。
たぶん大きな白い点々のサメもいたと思います。見えなかっただけで。


そんなリチェリューをとっとと後にし、船は南下。
2日目はタチャイ島ツインピークスからはじまります。流れるときは流れ、正直透明度がよいとはいえないこのポイント。
昨日の二の舞はもうイヤ。みんな同じ気持ちだったでしょう。

すると、、、

青いじゃ~~~ん!
ちゃんと海の色をしている!海が青いってなんてスバラシイ!
081213-1


その後のボン島ウエストリッジでも、ちゃあんと青い海が広がっています。
いやぁ、3本目潜った北側なんて、そのままドリフトしてたら5分でダイビング終了するくらいMAX流れてて、例えログに書ける見たものがサンゴくらいだったとしても、青い海で潜れることがこんなに幸せだったとは。。。

そうそう、ボン島では捕食が面白いですよ。
スカシテンジクダイなどの小魚に群がる、アミメフエダイ、マルクチヒメジ、クロコショウダイにツムブリの連合軍。アクティブなアオヤガラも見ものなのです。


4本目にはシミランへと移動。
実は私にとって、今シーズン初シミランなのです。
#9スリー・ツリーで、川のようにながれるフュージュラーのなかを気持ちよくドリフトしてきました。

081213-2
オーロラくん、ただいまぁ!


そして---、衝撃のカミングアウトはこの日の晩にやってきた。

今日は早い時間から、全員12名が1つのテーブルで飲み会開始。
ひとしきり和気藹々とみんないい雰囲気。明日に備えて早く寝れそうだな、と思ったのが午後9時30分。話題が落ち着きかけた頃、きっかけはアキバ系について話し始めたことだっただろうか。そこから仮装が趣味だとか、某アイドルの追っかけをしてたとか、個人情報につき詳細は控えさせていただきますが、意外な事実がつぎつぎと。結局寝たのは午前0時。う~ん、実に2時間も1人の男の反省、じゃなかった半生でこれだけ盛り上がろうとは。しかし、これでみんなの団結力が強まったのは間違いなし!?


3日目はシミランの青い海で癒されましょう~♪
#9クリスマス・ポイント、エレファント・ヘッド・ロック、#7ウエスト・オブ・エデン、#5アニタズ・リーフへ。
あれ?どこも流れてて、いまいち癒されてませんね。

081214-1
スターリードラゴネットくん。動きがユーモラス。

081214-2
ハナダイギンポくん。みんなのアイドル。

そして最後の夜といえばフォトコンです。
ediveでは、毎クルーズフォトコンテストを開催しています。デジカメをお持ちの方は、水中はもちろん、船上でもビーチ上陸時でも、お気に入りの写真を1点出してください。美しい写真、笑える写真、お気に入りの写真が1位になれば、ステキなプレゼントが!更にクルーズごとの1位の中から年間グランプリを選出。見事優勝された方にはなんとっ!クルーズ無料ご招待券進呈~!!

さてここでも、妙な盛り上がりをする人たちが約2名。
「これ!ウンコじゃん!これフォトコンにだそうよ~!」
「タイトルどうする~!?」
「うんちウミウシがいいんじゃない?」
「うんちはひらがなね、ウミウシはカタカナで!最後にハートつけて、ハート♪」
Aニキ&ボスS氏、不惑の四十をすぎても少年のココロを失わない素敵な男性たち。と、いうことにしておきましょう。

081212-2
大のオトコを惑わす、この写真。


最終日は#7イースト・オブ・エデンへ。
やっと、やぁっと癒されました。長かった、ここまでの道のり。
さすがシミラン随一の癒しポイント。相変わらずソフトコーラル、ハードコーラルがきれいです。
ここを引き立たせるために、今までの苦労はあったのでしょうか?


そんなこんなで、やっぱり青い海がいちばんと実感した今クルーズ。
次回は透明度のいい海で大物リベンジしましょうね~!
誤解を生みそうなので一言!


今回のクルーズ、めっちゃ楽しかったです!!



081213-3
今回のすてきな仲間たち!

最後に、400本を迎えたヒロコ姉さん、おめでとうございます!
これからも姉妹(???)で仲良く潜ってくださいね~。


写真提供はアサコさんでした。いつもありがとうございます。



TOMO


2008.12.15 Mon l 未分類 l top ▲
「祝★王様お誕生日、改め、祝★空港開放!!クルーズ」
2008年12月4~7日 オレンジブルー


お久しぶりです、トモです。
7ヶ月ぶりにカオラックに帰ってきました。まぁ、この帰ってくるのが中々大変だったわけでありますが・・・。

そう、前回のクルーズ報告にあるとおり、バンコクの空港が1週間に渡って閉鎖されてしまったのです~~~!!!前回のクルーズの方々もホント大変な思いをされてます(ご苦労様でした!)が、今回ももちろん、そのあおりを諸にくってしまっております。催行できないのでは?ゲストの移動はどうなるのか?ニュースや航空会社からの発表に一喜一憂する毎日。ご参加予定の皆さんも同様だったと思います。正直、出発前にもんのすごい疲れました。一時はココロが折れかけたのですが・・・。

催行できたのは、それでもがんばって集まってきていただいた今回の素晴らしいメンバーのお陰です!!
この状況の中、シンガポール経由便に変更して、わざわざ日本から来てくれたIくん。
一日休みを増やしてまでバンコクの代替であるウタパオ空港から飛んできてくれたバンコク在住Fさん。
みんなでワゴン車をチャーターして、仕事が終わってから夜通し車移動をしてくれたバンコク在住7名の方々。
また、スタッフはヒガシ、エミ、わたくしトモ(ちなみにギリギリ出発日の午後到着、実家から連続移動すること39時間でした。)でおおくりします。


通常なら、夜出発して朝起きたときはポイントの目の前、となる訳ですが、今回はイレギュラーな事態のため、出港日となるはずの夜に乗船したのは2名のみ。夜中に800キロ車移動のバンコクチームが5時か5時半ごろ着くのを待って、朝一出港の予定です。
翌朝、スタッフ3人は眠い目をこすりつつ4時半に起きてスタンバイ、したものの・・・。待てど暮らせど、まもなく到着の電話が入らない。待ちかねて、乗車しているゲストの携帯にかけると、どうやらドライバーが道に迷っているらしい。遠回りしたり、港を通り過ぎたりと色々あって、結局、港に着いたのは朝7時半すぎ。11時間の移動です。本当にお疲れさまでした。

こんな波乱万丈ではじまったクルーズ。
まずはボン島からスタートです。

081204ボン


思いがけず水がきれいです。
ただいま、アンダマン海!!

去年と同様、アケボノハゼがたくさん。
心置きなく撮ってくださいね~。

081204スカテン
一時期より数が減ってしまったというもののスカシテンジクダイが群れていて、そこに私のお気に入り、バラクーダの子供がかわいいっ!小さいのにちゃんとバラクーダなんですもん。さらにそこにアミメフエダイやら何やら色んな魚が入り乱れての捕食が繰り広げられています。

081204ボンリーフ
ボン北側は一面のサンゴ。スズメダイが乱舞。


今日はダイビングのスタートが遅かったため、タチャイ島にて珍しく夕食後のナイトダイビングです。ということは、みんな酒を我慢しているわけです。そこでこんな指令が。

「つまみを捕った人から浮上。」

「ロブスター捕まえるまで上がっちゃダメ!」「メッシュ持ってく?」「イカも美味いよね~」などど好き勝手なことを言っております。どうなることやら。
(※注 実際は何も捕ってないですよ~!シミラン、スリンは国立公園。何も触らない、持ち帰らないが原則です。)

海から上がった後は、みんな寝不足にも関わらず、宴会へ突入。


さてさて2日目は、スリン諸島・トゥリンラリーフから。
いや~。きれいでした。
しかし、ここでこのクルーズメンバーの本領発揮。
見事にバラバラ。水底集合を指示したヒガシさんが、ちょっとした器材トラブル為、遅れて潜降してきたときには、すでに誰もいなかったそうな。飲んでるときはまとまってるんですけどねぇ。
そのころ、みんなはそれぞれ砂地に這いつくばって、メタリックシュリンプゴビーやブラックシュリンプゴビーと1対1の真剣勝負。上にはピックハンドルが群れてたり。
リーフに上がると、相変わらず見事な枝サンゴ。枝先がブルーに生き生き輝いてます。その中を通り過ぎていくチョウチョウウオの集団に癒されました。

さぁ、残り3本はいよいよリチェリュー・ロック!
今日はどんな表情をみせてくれるのか楽しみです。

先シーズンと同様、タイガーテールシーホースが健在。
ニシキフウライウオも多いみたいで、新たに黄色と白の個体を発見!探せば、まだまだ出てきそう。

すごかったのはキンセンフエダイの群れ!
081204rrキンセン


今日はやたらタコが多かったのです。
色と質感の七変化は見てて飽きないです。これはソフトコーラルのふり?
081204タコ擬態

更に激写!タコのH。タコって精子のつまったカプセル(?)を腕でメスの身体に運ぶんですって。
081204タコ交接

苦労して来てくれたみんなへのプレゼントにでかいサメが現れるのでは!?との期待ははずれてしまいましたが、今シーズンもリチェリューはやってくれそうです。


さて、今回は元々3泊4日(もっとも1泊は車中泊の方がほとんどでしたが)の設定のため、早くも最後の宴会。苦労して集まってくれた皆様に、ediveからは新作Tシャツをプレゼントさせていただきました。
081204Tシャツ
バックの魚の食物連鎖がとってもかわいいんですよ~。

苦労した分、みんなのまとまりも盛り上がりもひとしお。
081204集合写真

楽しく夜がふけつつある頃、タプラム港へ到着。一部(いやほとんど?)の方々は、再び車でバンコクへ向かって行かれました。がんばってください~!


明けて最終日。潜れるのはIくんお一人。ガイド3名体制で沈潜ポイントのブンスーンレックへ行くことに。
081204OB
見えますか?ブンスーンへ向かうオレンジブルー号。
(一足先に下船したFさんとともにゴルフを楽しむK氏撮影。)

このポイント、私たちが使っている港からいちばん近いところにあるのですが、滅多に行かないです。
面白いで~!というヒガシ&エミの言葉に半信半疑だったワタクシ。以前一度だけ潜ったときには、透明度悪くて何も見えなかったんですもん。
しかーし、行ってみたら超たのしかった~!

これでもかってほどの群れ群れ群れ!
081204ブンスーン
タイワンカマス、キンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイなどなど。魚で前が見えません。
それらのを大型のアオリイカが集団で追い詰めて捕食する瞬間なんかも見ちゃいました。


こんなクルーズから始まった、私の今シーズン。
初っ端から大変でしたが、その分、今シーズンもがんばるぞ!って気持ちを新たにしました。

そして改めまして、今回お集まりいただいた皆さま、どうもありがとうございました。
また、残念ながら参加を断念された方々も、今度はなんの心配もなくお越しいただいて、お会いできることを楽しみにしております。

それでは、今シーズンもどうぞよろしくお願いします!


写真提供:Iくん、Kさん、Aさん、ご協力ありがとうございました。





2008.12.08 Mon l 未分類 l top ▲
2008年11月22日~26日 BY KYO
縮小版1
今シーズン、4クルーズ目にして初めて筆を取ります。
平川恭でございます。
皆様大変ご無沙汰しております。
前の週までの晴天ピーカンが一転し、この週は強風に曇天の荒れ模様,15名を乗せてスタート。
ただし、2日目からは更に3名のゲストも途中参加予定。という事は18名+ヒガシ、エミ、キョウという面々でありました。

その日本からお越しになったゲストの全員が無事帰宅できたのが本日12月3日。ということで、遅ればせながらやっとクルーズ報告を書く気になったのであります。

海のことはすっかり記憶の彼方です。

たしか波がとっても高くってNO4周辺から潜り始めたんだけど、透明度抜群!
縮小版2
スカテンも多く、ゆったり潜れたような気がするんだけど、はて?どうでしたっけ、皆さん??
2008/11/22.6
そうそう、こんなんもいたっけな。
2008/11/22.5

シャークフィンも行ったし、エレファントも行ったかな。

シミランはどこも結構流れててNo7のウェストオブエデンは激流のアップ&ダウンカレント。二度と夕方にここで潜るのはやめようと心に誓ったものでした。

ただ、透明度はどこもよく20~30Mは抜けてました。太陽の光がある時はとても気持ちのいいダイビングができましたね。
2008/11/22-2
あれは3日目だったかな。午前中に突然キャプテンから「ボン島に2匹ジンベイいるらしいぜ!行かないのかい?」と囁かれ2mくらいの高波の中、慌てて北上するも時既に遅し...。

残念ながらジンベイどころかマンタすら、、、
結構流れのある先端での待ち時間45分は実に長かった。
まぁ、こんな捕食もみれましたけどね。
2008/11/22.7

タチャイも激流、バラクーダの群れやツムブリの群れ、ただゲストには本当にお疲れ様のダイビング。その中でも一番グロッキー気味だったゲストのS川さんからその晩キツイお灸をすえられました。御免ね、S川さん。。

最終日はイーストオブエデンで1本でした。抜けもよくゆるやかな流れに皆がのんびり気持ちのいいラストダイブに♪
縮小版3
これにはS川さんもご満悦。(笑) と大物は出ないものの大勢で和気藹々の楽しいクルーズでしたね~なんて軽い締めくくりで良かったのにぃ。。。

ここからがみんなの苦闘の始まりになるんですね。
2008/11/22.9
皆さんもご存知の通りバンコクの空港閉鎖が丁度始まったのがこの日から。
予定通り飛べた人は皆無。
いや、一人いた!あのS川さんのみ・・・。

他は自腹で航空券を買いなおしたH山夫妻やらBKKで閉じ込められた粟国チームの6名、突然決まったシンガポール行きに飛び乗るタッキー&ダッシュK子、途中参加の新宿のWITHさんチームも自腹でシンガポール⇒成田便の買い直しなどなど、、、

結局カオラックに急遽居残り組の3名がのほほ~んと過ごしていたわけでありますが。。

すったもんだの末、その居残り組のKちゃん&アニキはつい先ほど日本に辿り着いたという連絡があり、残るところはメナド人のエリちゃんのみ。

彼女だけはバスでBKKに行ったもののそこから身動きが出来ず、明日のバスで再度来カオラックだとか、、、ご無事をお祈りしております。皆さん、ホントお疲れでした!

これに懲りずまた一緒に遊びましょ!
2008/11/22.8

2008.12.03 Wed l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。