上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2007年11月22~26日 シミラン、スリンクルーズ報告 by aki

タイのカオラックに、入る前にプチ北海道旅行に行ってきました。なんと北海道は、13年ぶり?そして8年ぶりに雪を見ました!かなり感激しました、しかし、めっちゃくちゃ寒かったです、
北海道では、魚(ホッケ、サーモン、)、ラーメン、寿司、カニ、ジンギスカン、そしてラーメンと食べ歩きました!
旭山動物園、登別温泉と観光もして、リフレッシュ!充電完了!しかし寒くて風邪引いちゃいました!ペコリ、akiのブログ要チェック!!!
いざカオラックへ      

今シーズン 初クルーズ(aki) クルーズ船が、かなり改造されたみたいで、期待大!以前のオレンジブルー号より1,5倍パワーアップ!(当社比)みなさんもぜひっediveに来て実感してください!

ゲスト10名 ガイド HIGASHI、akiの12名で行ってきました! 

クルーズ8




まずは、シミラン諸島から

アニタズリーフ  
そうそうこんな感じ、サンゴ、白い砂地、魚と確認するように、6年経ってもわくわくしますね!おっとガイドガイド!
ダイビングの前半は癒し系、ダイビング後半、南の岩場に流すとここが、すごかった!イエローバック、クマザサハナムロのすごい群れにカスミアジのアタック!ゲストも大絶賛!

クルーズ10


そういえば、トマトクマノミいたな!

イースト オブ エデン
流れあり!ドリフト~!どこまでも、アケボノハゼの赤ちゃんがいっぱいいたらしい、(HIGASHI談)

エレファント ヘッド ロック
いわずと知れた地形ポイント!です。
しかしやっかいな流れのため、なぜかマクロ?アンダマンダムゼル、スターリードラゴネット、ベニカエルアンコウの赤ちゃんなど見れました!困ったときのワヌケヤッコ!

クルーズ4


今シーズンのakiの一押しにしたいとおもいますので、よろしくお願いします!

スリートゥリー
夕暮れダイブ!サンゴとスズメダイが、夕暮れの光で、すごく神秘的でした!サバヒーの300匹ほどの群れ、いつもならすぐに逃げるのに、サバヒーもうっとりしていたのか、逃げなかったので、じっくり見れました!カメもいましたよ!

2日目
ボン島  ウエストリッチ


タチャイ島 ツインピークス
3日前のDAYTRIPでは、中層に魚が、どっさりだったはずが・・・海って恐ろしいですね!岩盤では、そんなの関係ねえ、ツバメウオの余裕のクリーニング、それが、ちょっとムカつきました!
きたないベニカエルアンコウがいたらしい(HIGASHI談)

リチリューロック
エントリーするとイエローバンドフュージラーの大群のお出迎え!魚のカベであります!
本当に魚多いな~!と感心!ぼ~とゲストと眺めていると、カンカンカ~ン!うるさいな、またどこかの外人が大袈裟に音をならしているのかなとおもいつつも近寄ると、なんとっ!

クルーズ3
クルーズ2



ジンベイやん!5メートルほどの大きさで、まるまるしていました!

クルーズ1


サービス精神旺盛で、30分ほどぐるぐるまわっていてくれたので、ゲストもじっくり見れて、写真も撮ることができました!今シーズンは、何か起こるかも・・・やばいそんなことを以前書いた人がいました、そのあとパッタリ、そうならないようにがんばります!

再度リチリューロック!
ジンベイと言いたいところですが、3本目で、サービスタイム終了したらしいです。

3日目
スリン諸島 トゥリンラ島の根
ジョーフィッシュの村は、健在でした!うじゃうじゃいました、
カンムリブダイ、イソマグロ、ヨスジフエダイの群れも見れました!

トゥリンラ島のリーフ
アカククリの群れ、テングハギの群れ、ニセフウライチョウの群れ、サンゴと魚の群れ群れでした!

3,4本目は、リチリューロック
リチリューの門番、ブラックフィンバラクーダが50匹くらいになっていました!ギンガメアジの時代が終わり、マブタシマアジの時代がやってきました!銀色なので、色的には、同じですね!
コブシメの産卵も見られました、
3年前と同じ、スカシテンジクが、いっぱいいます、

クルーズ11


異常発生するかも・・・楽しみ!

最終日
ボン島 ピナクル
ここは、根のトップが、なんと18メートル!深っ!!!流れがあると潜れない、上級者ポイント!
条件がそろいましたので、潜ってみました!
中層にリチリューロックに負けないくらい魚が・・・イエローバックフュージラーとクマザサハナムロですね!水底には、まったく逃げないトラフサメもいました!

クルーズ7


実は、昨日大きなサメがいたらしいです(HIGASHI談)と大物もGETできるかもポイントです、みなさんもぜひっ一度は、リクエストしてみてください!応じれるかどうかは、わかりませんけどね!

100本記念 青木さん、

クルーズ6


400本記念 浅古さん

クルーズ5


おめでとうございます!これからも安全第一でダイビング楽しんでくださいね!

さあ、さい先のよいクルーズで開始です!今シーズンもやっちゃいますよ!よろしくお願いします!


写真提供    浅古さん、青木さん、波田さん


天気      最高
波       なし
水温      28℃
流れ      あり
HIGASHIさん  同クルーズ






スポンサーサイト
2007.11.27 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
2007年11月17~21日 シミラン・スリンクルーズ報告 オレンジブルー号

まぶしいシミラン


こんにちは!先々シーズン、ダイブマスタートレーニングでお世話になっておりましたトモです。その節は皆様に暖かく見守っていただき、ありがとうございました。お陰様で現在はインストラクターとなり、大好きなアンダマン海へ戻ってくることが出来ました。はじめましての方も、そうでない方も、どうぞ宜しくお願いいたします!

さて今回はゲスト6名様+スタッフはKYO、KAZUE、TOMOで行ってきました。(ちなみに9名中4名、実に44%が平川さんなのです。)
改装を加えたオレンジブルー号にはトイレ&シャワールームがなんと6ヶ所+デッキのシャワー4ヶ所!ということでトイレ待ち、シャワー待ちが起こるはずも無く相当ゆったり快適クルーズです。

さぁ!半年振りのアンダマン海。エントリー前の心地よい緊張感の中、和気藹々としながらもテキパキと仕事をこなす船のクルー達。そしてキャプテンルームからレック船長の「OK!」というGOサインの声。そうそう、この感じ!と嬉しくなりながら、ただいま!という気持ちでエントリー。


次々に湧き出てくるクマザサハナムロ。堂々の貫禄でイソマグロがゆく。岩肌を彩るソフトコーラルに「こんなに綺麗だっけ!?」と改めて思い、サンゴの上に舞うキンギョハナダイは真っ青な海をバックにオレンジが鮮やか!その中で自己主張をくりかえすインディアンフレームバスレット。うんうん、いいなぁ♪


ん~、やっぱりこの海大好き!!と改めて噛みしめながらボン島ウエストリッジ、タチャイ島ツインピークス、リチェリューロック、スリン諸島トゥリンラリーフ、イースト・オブ・エデン、シャーク・フィン・リーフ、アニタズ・リーフ、エレファント・ヘッド・ロックを次々に堪能してきました。


最後に。Hさん、アドバンスおめでとうございます!これからどんどん色んな海を楽しんでいってください。そして下船2日後に誕生日を迎えられた"ダンナ"Kさんは、ケーキを前に奥さまとの幸せそうな笑顔がとても印象的。幸せのおすそわけ、ありがとうございました!

20NOV07no4beach
合間にビーチ上陸。ところで左端の彼、誰かに似てませんか?



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




シャークフィンリーフ
悠久の時に思いを馳せながら 巨石の間をゆけば、


hiramasa
ヒラマサたちに追越され、




クマザサハナムロ
気がつくと群れの真ん中。



あるいは



ヤマブキスズメダイ
お花畑みたいな、



スズメダイ乱舞
こんな光景に癒されてみたりして、





この海の魅力は尽きないのです。
2007.11.21 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
10月28日~31日 ショートクルーズbyキョウ

31OCT07a

数日前から実はクルーズに行ってました。そう、まだHPには載せていない裏クルーズです。しかも結果的にず~っとマンツーマンでっせ・・・。日曜日の早朝、夜な夜な考えた天皇賞の馬券をそそくさと購入し、早速出発。ただ残念なことに、天候が・・・。往路のスピードボートでは高波の中、ガンガンはねて首を痛めるかと思いました。。 めっちゃ寒々しい空に実際に超寒いダイビングのあと。けど、海中は27度くらいなんで、陸より海のほうがあったかかったかなぁ

さて、クルーズですが、実はもう一人参加予定のゲストMrフッキーが船上で痛風を発症。急遽下船し、M地さんとの二人っきりダイビングと相成りました
その今回のゲストM地女史はデジ一片手にバリバリの体育会系マクロハンターであ~る。海の中は畳一畳ぶんのスペースがあればOK!いつも50分間、魚達と格闘しています。そう。格闘という言葉が実によくマッチした方である。

31OCT07b


それは置いておいて、クルーズ中の一コマ。僕「流れもあるし、たまにはのんびりドリフトな~んてどうっすか?」M地女史「全然ええよぉ。せっかく透明度ええし、1本くらいドリフトやっとこかぁ!」

なんて話をしていざエントリー。気持ちよーく流れに身を任せながらふと後ろを確認すると。。。。M地女史の影も形もありゃしない。おいおいちょっと待ってよー、と来たコースを戻ってみると遠くの根の影からブクブク泡が出てるじゃん。どーしたのかなと覗いてみると、クジャクスズメダイとの1対1の真剣バトル中。  すみませんでした女史、ドリフトに誘った僕が間違ってました

31OCT07c



でもね、ちょっと今回は変わった場所にてトマトの幼魚やハナヒゲウツボの成魚などを数ヶ所で見つけちゃったので大収穫アリ。

いつもは全くマクロはやらない己も何かすっかり感染させられてしまったようで今回は愛機LUMIX FX07でちょこっと頑張ってみたが・・・ やっぱ相当向いてないんだろうなぁ 

ま、そんな風にして撮った写真を一応、載せときますけど。
そうか、カメラが悪いんだな。うん。皆、マクロはきついって言ってたもん。このカメラ。きっとそうだったんだな。

31OCT07d






2007.11.08 Thu l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
19OCT07a
今年もやって参りました、この季節
今シーズン(2007~2008年クルーズ)もオレンジブルー号は、バンコクから9名、シンガポールから2名、池袋から1名の計12名のゲストを乗せて10月20未明にタプラム港より出発しましたぁ!

見てください。今シーズンの第一号のお客さんが着いた時のこの嬉しそうな軽い身のこなしの東君を!!ありゃ、スキップしたつもりだろうな、間違いなく
どっぷり雨期モードに浸かっていた僕らを戦闘モードに変えてくれるこの季節

天候は花曇り、記念すべきファーストダイブはボン島からスタート
結構ドキドキしながらのエントリーは「Blue」 去年のあの赤潮の悪夢を振り払うかのような青一色じゃーないっすか~ ああ、やっぱりエルニーニョは終息だったのね
思えばこの2週間、店の引越しやら工事やら船の準備やら買出しやらその他もろもろの超面倒な作業もこの青一色のボン島ウェストリッジのおかげで何か報われたような気がして うちの東君のマスクは涙のせいで曇りに曇っていたのだった。。。(実際は曇り止めを忘れたのかもしれない。いやきっとそうだと思うけど)

19OCT07b


だが、青一色はこのボン島を離れると影を潜め、次のタチャイ、そしてリチェリューは、透明度は10~15mほど。。。。スリン諸島も同じくらいの透明度。が、どこもスカシテンジクダイがぐっちゃりで、これから始まるシーズンに期待を持たせてくれること120%。おまけに無線では早くもボン島からジンベイ登場の知らせが舞い込んでくるわ、、、、まだ10月でっせ。。

ところでこの夏オレンジブルー号は、ゲストの声に耳を傾けプチリニューアルを敢行!
19OCT07c

19OCT07d


トイレ増築、アッパーデッキ新設(ゲストからはただの屋根に手すり付けただけじゃん!の声も多々あるが)
19OCT07e

リビングの完全フローリング化作戦、
カーテン&ソファーのお色直し、
19OCT07f

そしてそしてダイニングに吹き込む雨をシャットアウトするために実に新しい工夫を施したのである!(狭くなった、暑くなった、圧迫感を感じる、冷蔵庫邪魔!などなどの多数の反勢力たちの貴重なご意見はあったが)

立ち止まるわけにはいかないのである! でも大丈夫ですよ~。これからも改造はまだまだ続けるからドシドシご指導ご鞭撻お待ちしております

さて、海に戻りますけど、2日目のリチェリューを終え、その足で一路シミランへと向かい最終日はシミラン三昧です。エレファントヘッドロックはあのボン島もびっくりの青一色。惜しむべくは太陽の光が弱々しかったのが玉にキズだったけれどそりゃゲストも大満足の気持ちのいいこれぞ「シミラン」といった感じでしょうか?面目躍如です。その日のシミランはどこも真っ青で、このままきっと今シーズンは復活シミランを皆さんにお届けできるのではと思っておる次第です

それと今回誕生日を迎えたともちゃん、I沢さん、100本記念のトモちゃん、本当におめでとうございます また近々お逢いできるのを楽しみにしとります

平川 恭
2007.11.08 Thu l 未分類 l COM(14) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。